Nの目線

箏弾き菊地奈緒子の360°に向けられた眼差し

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

China

2006-09-30 19:08:02 | Weblog
昨日は、アンサンブルモデルンの中国ツアーのリハーサルの見学。文化革命の粛正の中、作曲された曲を取り上げてプログラミングをされているとの事、“書き続けたい”というエネルギーが感じられる曲でした.和気あいあいとした雰囲気の中でも、曲がだんだん作り上げていく姿。。。やはりとても面白かったです.
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

英才教育??

2006-09-29 19:29:24 | Weblog
今回は娘を連れて来ています.出発前に託児所の様な所を探したのですが、ドイツ(フランクフルト)は託児所、特に一時的な預かりなどは皆無のようです.プライベートな部分なので、相談をするのも躊躇して、出発前の一番の不安はこの事でした.しかしながら、困り果てて、モデルンの小川留美さんに相談した所、快くアドバイス下さり、練習場所に娘を連れて行き、傍らで遊ばせておいて、必要に応じてベビーシッターの方を頼むこととなりました.最初はドイツ人のお姉さんで、意思の疎通が難しかったようですが、徐々に慣れて来たのか状況に応じてお互いが判断し合ったようです.今日はドイツ在住の日本人の方が来て下さいます.
私はラジオ講座を頑張って聞いたものの、ドイツ語はほとんど理解出来ていないので(どうしても英語に逃げてしまう。。。)、娘の方が、先に覚えてくれて、助けて欲しいな..なんて思ってしまうのでした.
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

精密さ。。

2006-09-28 01:07:35 | Weblog
昨日は、午前中はリハーサルの見学。その後、オランダ在住の箏演奏家の後藤真起子さん(同門の方です)と在外研修でオランダに来ている画家の小山さんにレーマー広場で待ち合わせ。お昼をした後、MMK(現代美術館)を見学、建物自体が迷路の用で面白い作りになっていて、中にかざられている作品もシュールで不思議でした.後藤さんとは西欧の現代音楽に箏がどのように関わっていけるのか、アドバイスなど頂きました.その後、10月から間借りするイタリア人のご夫人のお宅へ行ってご挨拶。階下にモデルンメンバーの方が住んでいるので、いろいろ教えてもらったり、安心して過ごせそうです.何より、格安だし、家に住んでいるという暖かさがあるので、良い感じです.夜は午前中に見学したリハーサルのコンサートを見てきました.モデルンの正規のメンバーは今オーストリアのアカデミーでほぼいなかったのですが、とても緻密に正確で、正確さがさらに曲の良さを引き出していて十分に楽しむ事が出来ました。リハーサル、本番と何回か通して聞くと考える事、感じる事がたくさんあり、とてもためになります.
なんだか、箇条書きの様になってしまいましたが、もっと書きたい事があるものの。。それは追々。。
Comments (3)
この記事をはてなブックマークに追加

アンサンブルモデルンにて

2006-09-25 03:24:06 | Weblog
来ました.フランクフルト!
今の所、アンサンブルモデルンの中で練習部屋を頂き、個人練習をしつつ、質問が出てくると質問しに行ってという具合です.今回はどん欲に積極的に的確にいろいろな疑問点を聞いたり、今後の課題を見つけていきたいと思っています.
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

行って参ります!

2006-09-20 17:23:48 | Weblog
17日は紀尾井ホールで沢井忠夫合奏団として沢井比河流先生と共に「上昇の彼方」を演奏、18、19日は山形でお稽古、今日は専門学校で指導と連続で外回り(??)をしながら今日に至りました.
明日からドイツへ行くのですが、こう慌ただしく動いている時に限って、“こんな準備をしたら良いのではないかな。。”とアイディアが出て来て、時間が欲しい!!の一言に尽きる日々でした.
今日のうちに成田にいくので演奏以外の勝負(??)は今晩と機内かな。。
ドイツでの出来事も書いていく予定ですので、お楽しみに..
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

秋ですね

2006-09-16 20:15:57 | Weblog
午前中は明日のリハーサル、沢井忠夫合奏団で上昇の彼方へを練習。アンサンブルって、大変だな..と感じつつ終了..比河流先生の曲は体力も必要だし、(以外と)勢いをセーブ出来る冷静な判断も必要とされる様に思います.
午後からは、近所で秋祭りをしていて、子供神輿と山車に参加出来るとの事なので行ってみました。“こんなに子供がいたの?!”というくらい、集まってきました.ハッピを着せてもらって、準備完了。山車を綱で引っ張りながら、“わっしょい”と最初は元気よく出たものの、途中からやはり “だっこ!” 町内をほぼ抱っこして回りました(トホホ)
終了後にお楽しみ券をもらって、ポップコーン、冷やしかけそば、焼き団子、氷、ラムネ、タオルを商店街が提供してくれたらしく(豪華で美味しかったです)頂き、その後、神社のお祭りに行くと、神楽をやっていて、見学してきました.
こんな事やっていたんだ。。。と5年近く住んでいたのに、全く知らなかったので、今更ながら身近に面白い事がある事を発見しました.
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

分析

2006-09-15 10:24:57 | Weblog
スポーツ選手はかなり科学的に身体や精神についての分析をして実践していますが、演奏家はまだまだその資料も少なく、その人の生まれつきの才能に任せるといった感が強く思います.邦楽となると、ほぼ無いと言っても良いのでは..
その部分の良さもあるとは思いながらも、自分の演奏や後進の指導の事を考えると、きちんと自分で把握して言葉として表現出来る様にしておかないと。。と考えます.
そんな時に見つけたのが、御木本澄子さんの「正しいピアノ奏法」と言う本で、骨格や筋肉の細部に至るトレーニングやさらに、脳と直結した練習法などが書いてあります。楽器奏者に通じる所も多々あるので、じっくり読み進めてみようと思います.
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

出会い、膨らむ音

2006-09-13 22:59:17 | Weblog
昨日は午前中、新糸に張り替えた楽器が来ました。とても調子良く締まっていて、高音の響きも良いので気持ちがよく弾けそうです。
午後からは、作曲家の中川いづみさんのお宅へ、とても、スタイリッシュなお宅で、着いたとたんに“いいなー。。”と独り言。中川昌三さん(フルーティスト)がいらして、私の下手な運転と交代、車庫入れをして下さる。途中、かりんちゃん(25絃奏者)も登場。明るくて、礼儀正しい。。 うーん。。絵に描いた様な素敵な音楽一家でした。
。。とここまでは余談。 やはり、伺って、直接お話をたくさん聞けて、得るものがたくさんありました.ただ、アンサンブルの曲で、私がもう少し、理解度を上げてから行けば良かったと、反省部分もあります。ただ、帰って来てからの曲の進みは一歩も二歩も前に出た様に思います.曲も楽しさが増えてきました.
作曲した方と、お話を伺ったり、曲を指導してもらったり、触れ合う時間がある事で、私の音楽が膨らむ様に思います.また、極力そうしたいと考えています.
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

何と戦うのか..

2006-09-12 07:41:32 | Weblog
9.11から5年という事で、様々な報道がされていて、やはり見入ってしまいました.
5年前のその日は、久々に仙台の友人と会って食事をして、とても良い気分で帰って来た所、“アメリカで大変な事になっている!!”と連絡があり、それから明け方まで「世の中どうなってしまうのだろう。」とガタガタ震えながら報道を見ていた事を思い出します..
衝撃的な事件には変わりないものの、その前も、その後も、戦争や詭弁による武力行使など、本来の人間の幸せから遠ざかる、本質を欠いた動きが延々続いています.
根はとても深く、“テロと戦う”という言葉で皆を納得させるつもりになっているのには、とても浅はかで陳腐に思えてしまいます.
自らを滅ぼし、何もかもなくなるまで人間は愚かな行為をやめられないのでしょうか。。。
鬱々とした気持ちが、様々な“現在”を見ながら、晴れる事なくあります。



Comment
この記事をはてなブックマークに追加

何とかしないと..

2006-09-10 22:43:57 | Weblog
今日の午前中は、小林真由子さんと五段砧のリハーサル。来月の本番ながら、日本に3週間不在の上、本番前日に戻るという申し訳ない状況で、出来るだけ今のうちに詰めておきたいので、張り切って(??)取り組んでいます.
しかしながら、古典の暗譜は不得手で、相当自分自身が弾き込んだ上に相手も理解しなければいけないので、とてもスリリングです.生半可に頭で考えだすと、とても恐ろしい結末になります.頑張らねば..

午後は、ドイツでのワークショップでの、演奏の際に何を弾くか選曲して、楽譜を取り出しては、弾いていました.コンサートではないので、集まってくれる作曲家にとって、意義のあるもの。。と思っていたら、選ぶだけでも悩んでしまい、時間がかかりました.
その上、今までの楽譜やら、チラシやら、が出て来て、この紙の多さにドーッツと疲れが...
日頃から、秩序立てて整理しておかないといけないですね.
ふうーっ。。。
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

谷中に行ってきました.

2006-09-09 14:27:21 | Weblog
来年はとうとう引っ越しをしなければならないので、次なる住処をさがしている所です.
娘も早くも、来年は幼稚園なので、その見学等も兼ねて、谷中周辺へ行ってきました.
今住んでいる目黒とは、雰囲気がかなり違うのですが、何だか気に入りました.
さて、事がうまく進むと良いのですが...

本当は、図書館へ行きたい所、帰りは娘の要望により、上野動物園へ!
久々にパンダを見ました。彼女も午前中の幼稚園見学で疲れたのか、動物園自体は喜んでいるものの、全く歩かずに抱っこだったので、さすがに次の日にはひどい筋肉痛になりました.

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

目も命

2006-09-06 22:28:28 | Weblog
先日、目に圧迫感を感じると書いたと思うのですが、いつまでたっても改善される気配がなく、心配になってしまったので、病院に行ってきました.
いろいろ検査をしてもらい、結果は、極度のドライアイと、コンタクトや眼鏡の度が強すぎるのではないかという事でした.
それ以上の異常はなかったので一安心。
かなり丁寧に、診察をしてもらい、お医者さんは忙しくて、長い時間待って、短い診察と短い説明。。のイメージが強かったので、待疲れもなく、気持ちもすっきりして帰って来たのでした.
まだ、目を悪くする訳にはいかないので、本当は大切にしなければいけないものの、やはり自分の身体はすぐに“なんとかなる”と思ってしまうのです。。。今後気をつけます.
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

ジョージはかわいい!

2006-09-05 22:42:05 | Weblog
今の娘と私のお気に入りの絵本が、“おさるのジョージ”です。
何でも、興味津々、いろいろな事をやってはいつもトラブルを起こすのですが、愛嬌と、周りのあたたかさで万事解決!という、シリーズの物語です.
シンプルな絵ですが、ジョージの表情がとても豊かで、落ち込んだり、泣いてしまっている顔は、本当にそばに行ってなぐさめてあげたくなるような。。
世界中で長い間、たくさんの人に愛されている理由がよく分かります.

シンプルに、計算なく行動する純粋さ、かなり遠くに置いて来てしまった様に思うのです.
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

論より身体

2006-09-04 22:02:08 | Weblog
この頃、古典曲の練習に割く時間がかなり増えています.
演奏会に出す曲と言うのが一番なのですが、とにかく現代曲のレパートリーよりも何倍も時間をかけて、とにかく身体にしみ込ませよう、と練習する毎日です.
先生とのレッスンのテープや音源などを利用して、繰り返し繰り返し聞いて、弾いて。。それ以上の近道はないですね。.
この、言葉では表現しきれない感覚、というのは単純な練習法、しかしながら根本に一番重要な要素を持っている様に思います.

Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

秋到来

2006-09-02 22:48:16 | Weblog
9月に入ったとたん、東京もとても涼しくなりました.夜、外に出ると鈴虫が鳴いて、肌寒いほどです.
日中は、これに抵抗するかの如く、蝉の最後の鳴き声。。ちょっと物悲しくもあり..
この季節の変わり目に、私も娘も鼻がグズグズして風邪気味です。
これから来る芸術の秋(??)に向けて、こんな事ではいけないのですが..

Comment
この記事をはてなブックマークに追加