読書感想日記

最近読んだ本の感想

「千年鬼」 西條 奈加 著 徳間書店

2017-05-14 22:34:55 | 小説
 人を「信じる」ことは、「自己犠牲」を意味する…
 それだけに、信じることは尊いこと…

 元々、人の心は、弱いもの。
 卑しさ、醜さ、脆さ…理不尽な物語に、闇の部分が蔓延る…
 そのなかで、「思いやり」「優しさ」が、微かな光を差し込む…
 
 じんわりと、そして必ず、胸の奥を暖かくしてくれる作品です。
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「天才」 石原慎太郎 著 ... | トップ | 「キリンビール高知支店の奇... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL