碧田直の いいじゃないか。

演劇ユニット、ミルクディッパー主宰の碧田直が、日々を過ごして、あれこれ思ったことを、自由気ままに綴ります。

無題そのにひゃくごじゅうなな

2016-12-31 14:15:28 | 日々
大晦日。空は雲ひとつない快晴だ。今日はフジのRIZINを観つつ、紅白も観つつ、井岡や小國も観つつ、しかし、内山のリベンジ戦に燃えるだろう。

昨日の井上と河野の試合は素晴らしかった。結果としては、井上の圧勝、完勝ではあったが、河野も気持ちを前面に押し出して戦った。これで引退するのだとは思うが、決して才能に恵まれたわけではない河野が、必死に努力して、世界チャンピオンに二度もなったことは、まさに快挙であったと思う。お疲れ様でした。

一方、勝った井上は、この二試合フィジカル面で不安を抱えていたが、今回はそれを払拭したといえる。強く、そして上手い井上が、それに加えてクレバーに戦っていた。おそらく強引に押しきろうと思えば出来たところを、冷静にいろいろ試しながら、戦っていたはずだ。

四ラウンドや五ラウンドは、足を止め、河野の接近戦の土俵に付き合う形で打ち合いに応じていたが、まともなパンチは、ほぼ食らっていなかった。三ラウンドまでに河野のパンチの強さ、軌道、癖を読み取る。井上のパンチの強さに慣れ、前に出る圧力を強めた河野が、井上の左フックのカウンターを食らってダウンしたシーンは、偶然などではない。明らかに、井上がお膳立てして現出したものだ。河野はどうにか立ち上がったが、実質、あの一撃で勝負は決まっていた。

バンタムへの転級も噂される井上だが、出来ればあと一年以内に、スーパーフライでローマン・ゴンザレスと戦ってもらいたい。ロマゴンがバンタムに上げてから、という声もあるが、それでは価値が薄れる。井上と違い、ロマゴンはスーパーフライまでの体格で、バンタムでは本領発揮とはいかないだろうからだ。

何にせよ、これほど強いボクサーが、日本だけに留まっているのは勿体ない。早く世界に。いちボクシングファンとして、切なる願いである。

というわけで、現在帰省中。のんびりするつもり。
皆様、よいお年を。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無題そのにひゃくごじゅうろく | トップ | 無題そのにひゃくごじゅうはち »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。