碧田直の いいじゃないか。

演劇ユニット、ミルクディッパー主宰の碧田直が、日々を過ごして、あれこれ思ったことを、自由気ままに綴ります。

無題そのさんびゃくきゅうじゅうろく

2017-05-19 21:55:41 | 日々
明日と明後日、フジテレビで七時からボクシング世界戦が五つある。
明日の注目は、何と言っても、ロンドン五輪金メダリストの村田諒太の世界挑戦だ。
日本で世界タイトルマッチは、実に数多く開催されてきたが、ミドル級ともなると本当に少ない。それもそのはずで、竹原慎二が世界チャンピオンになって以来、誰もまだ後に続けていない階級なのだ。
歴史を紐解いても、シュガー・レイ・ロビンソンや、マーベラス・マービン・ハグラーなど、名だたる名選手を排出してきたミドル級。日本人がチャンピオンになるなど、竹原がタイトルを獲得するまでは、夢物語と思われてきた階級だった。いや、あの夜は本当に夢だったのかもしれない。それくらい、竹原の成し遂げたことは偉業だったし、以降の手の届かなさも、また、夢だとの印象を強くさせた。

これは決定戦で、同じ団体のスーパー王者には、KOキングのゲンナジー・ゴロフキンがいる。だから、村田が明日勝っても、決してミドル級の頂点ではない。ないが、化け物たちへの挑戦権を獲得するだけでも、大変な階級なのだ。村田の拳が重くて固い扉をこじ開けるのを、楽しみに今は待ちたい。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無題そのさんびゃくきゅうじ... | トップ | 無題そのさんびゃくきゅうじ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。