伊豆(南豆のやま)

伊豆の山々を歩き紹介すると共に、静岡のまだ見知らぬ山に思いを寄せ「静岡百山」制覇を目指し奮闘中 また「賀茂の百山」制作中

登尾山に行ってきました

2017年04月22日 | 南豆の山と岬

賀茂の百山  登り尾山

登った山:登尾山(1056.8m)  平成9年4月21日() 天候:曇/時々晴 メンバー:O山 S山 Y山 M山  所要時間:5時間32分 距離6.7km

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

寒天橋ゲート08:28---登尾山登山口09:04---新山峠09:26---1014mピーク---1025mピーク

---登尾山(1056.8m)10:26---巨木ブナ探索---河津町を一望できる地点11:36---南東方向変針点 ---

721m高点---ワサビ沢13:27---ワサビ沢保守路へ---丸太橋---ゴール地点14:00

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

2017.4.21  本日のログ

寒天橋ゲートからアスファルト舗装された八丁池へ至る林道を歩き、O山 S山 Y山 と私の4人で登尾山を目指します。

九十九折りの林道をショートカットし案内標柱が設置された登尾山入口へやって来ました。

木道や橋がかかっています。

沢沿いには放置されたワサビ沢跡が今でも残っています。

新山峠へ至る山道は明瞭で

すんなりと新山峠へ到着しました。

新山峠から先、至るところにマーキングテープがありますが意外とトレースは不明瞭なので要注意です。

本日は地形図を見ながら尾根筋を忠実に辿って行きます。

尾根筋には、マメサクラやアセビの白い花、あぶらちゃんの黄色い花が花盛りです。

この黄色い花、あぶらちゃんの花かと思いましたら、野山の植物や樹木に詳しいO山 S山がクロモジの花でしょうと教えてくれまして

ピーク2つを越え登尾山山頂へと到着し、ランチタイムです。

O山から頂いたドライトマト甘くて美味しかったな・・・高温の車の中で乾燥させただけなんだそうですが砂糖菓子のようでした。

ランチタイムを終え登尾山の山頂付近にあるという巨木ブナを捜索しましたが残念ながら見つけることはできませんでした。

諦めて下りかけて行きますと、切り開かれた見通しの良い一角があり河津の街並みを一望できる場所がありまして

伊豆半島の高原地図で山座同定してみました。

登尾山の巨木ブナを見つけることはできませんでしたが、ヒメシャラの大コブ S山発見

山頂からはほぼ南南東方向へと下って行きます。

地形図では破線の道が記されていますが全く道らしきトレースはありません。

時おり獣道が出現しますがあらぬ方向へと導かれていきますのでくれぐれに要注意です。

杉の巨木や樅の巨木が点在している尾根筋を下って行きます。

背丈の高いマメサクラが至るところに咲いていまして目を楽しませてくれます。

⑨の平らな尾根筋へと下って来ました。

現在位置を確認できる場所でもあり、このような場所は10m未満の小ピークがあることが多いです。

また、⑨の先は等高線が混み合い急傾斜地となるので位置確認がしやすいです。

更に721m高点付近はほぼ平ですが高みに立ち進行方向を確認します。⑩から先の進行方向左側はほぼ絶壁ぽいのでまたまた位置確認ができます。

林床も右は針葉樹林で左は広葉樹林ですのでチェックできますが自然物は参考までに受け止めた方が良いです。

人工物(高圧鉄塔・三角点・砂防ダム・風力発電塔等)は位置確認にするには最適です。

⑨の平らな尾根からやや東側へ変針して行きます。後方の山容は登尾山

巨木ブナの横には藪椿が鮮やかな真っ赤な花を咲かせていました。

こちらはガガイモ科キジョランの葉裏で、この幼虫はアサギマダラだそうです。

伊豆半島はアサギマダラが幼虫で越冬する地域なんだそうです。

きれいに積まれた石垣の下から伏流水が流れ出ていました。

その下方にはワサビ沢があり蒼々としたワサビが生き生きと生茂っていました。

で、伏流水をペットボトルに入れて持ち帰りまして、コーヒを入れて見ましたが美味しかったような・・・感じかな???。

新緑がとても気持ちがよい。

⑫付近から見た鉢ノ山です。

鉢ノ山を真正面に見ながら⑫の尾根を下って無事ゴール地点へ到着です。

皆様お疲れ様でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 八丁池へ行ってきました | トップ | 登尾山へまた行ってきました... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。