伊豆(南豆のやま)

伊豆の山々を歩き紹介すると共に、静岡のまだ見知らぬ山に思いを寄せ「静岡百山」制覇を目指し奮闘中 また「賀茂の百山」制作中

瑞牆山・小川山

2016年10月15日 | 山梨の山

日本百名山: 瑞牆山 山梨百山: 瑞牆山、小川山

平成28年10月10日(月)  単独  天気:晴なるもガスがかかり気味  所要時間:8時間25分  距離:GPSにて計測=

【登った山】  瑞牆山(2230m)  小川山(2418.4m)二等三角点 基準点名:小川山

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

駐車場04:55---林道横断---富士見平小屋05:27---枯れ天鳥川05:50---瑞牆山06:52---小川山分岐点08:31

---小川山09:36---見晴らし台10:22---大日岩11:52---大日小屋12:20---富士見平小屋12:52---駐車場13:20

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 

駐車場をヘッデン付けて出発し32分ほどかけて富士見平小屋到着、金峰山と瑞牆山の分岐点なり

左側に折れ瑞牆山を目指します。

天鳥川を徒渉すると目の前に巨岩(桃太郎岩)が現れ岩稜帯へと入って行きます。

大ヤスリ岩通過し

この鎖場を登りあがると瑞牆山の山頂に到着です。

天気快晴と確信していたのでしたが、生憎のこの空模様・・・ま~いいかってなもんで

周囲の山並みは見えませんが、いつもこの場所に立つと鳥になった気分にしたり爽快

先ほど通過してきた大やすり岩が下方にそそり立っています。

瑞牆山の三角点は設置されていたらしいのだが今は亡失とのこと。

本日は東側に続く尾根筋を辿るべくやってまいりました。

それでは東尾根をご覧あれ 実況  いかがでしたでしょうか。

霧が晴れる予感がしていたのですが晴れそうにありませんよ。

てな訳で,3点マーキングと小川山、大日岩の道標から小川山を目指していきます。

分岐点から1時間ほどで小川山の山頂に到着

周りはご覧のように木々に囲まれ周囲の山々を見渡すことは叶いません。

山梨百名山一つ追加

で、近頃山食料はいたって簡単に食べられる物を選んでいましてこのシリーズパンはよく持参していますが、レーズン入りのカスタードクリームパンは

はじめて見ました。

須玉町のスーパやまと須玉店で購入したものでとても美味しかったな~。

山頂で食糧補給+小休止し大日岩へ向けて下山を開始します。

ストックを地面に刺しグリップ部分にカメラを載せタイマーでカシャって撮っているのであります。

稜線上のガスなかなか取れないな~。

て思っていたらさ~っと晴れたりして

うんでもって周囲を見渡すの構図

山歩きは精神安定剤みたいなものでスッキリ爽やかにさせてくれる私の薬でもあります。

後1、2週間で紅葉最盛期かな

東尾根分岐点付近で単独者がやって来た。

言葉は交わさなかったが、東尾根を辿る人ってトレースやマーキングから察すると多いのかもね。

歩きながら他愛もないことを考えている・・・・。

ほ~ひ、ここから富士見平まで1時間なのかいね。私は大日岩方向50分か

よく金峰山へ登る人たちが大日岩付近で休憩している地点かと思ったが、その地点まで約20分程かかった。

大日岩いつもスルーするのだが凄い岩場でビビった。

ここにいたっては、このテラスから下を覗くことなんてとても私にはとてもできません。

そうなるともう、股間がジンジンしてテンション急降下

何とか大日岩通過し終えて大日小屋へ下りてきました。

 洒落たメニューがあるものだなんて思いながら駆け足で

出発点である駐車場へ戻り、増富温泉で温泉三昧し帰宅したのでした。

あれこれへと続く。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山梨百名山 | トップ | 下田公園散策 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。