南里英語教室 小城三日月教室

南里英語教室 小城教室・三日月教室のブログ
℡:0952-20-2600
佐賀県小城市にある学習塾

YDK

2017-08-31 22:42:42 | 小城・三日月教室の出来事【南里英語教室】

「YDK」という言葉を聞いたことがありますか?

大手塾の某CMで知っている人もいると思いますが、

YDK(やればできる子)の略だそうです。

一部の生徒の間では、

YDK(やってもできない子)と話す生徒も。笑

 

やればできる子はそのままでいいと思います。

自分にとっての最高の勉強の仕方を知っているからです。

ただ、気になるのは、やってもできない子です。

 

おおよそ、「勉強の仕方」に無理がある子が多いです。

やればできる子になりたいのであれば、

まずは、先のことを考える努力をすることです。

 

例えば、試験の日程表が配られたとします。

皆さんはまず、何を考えますか?

 

「時間の確認」で終わるのであれば、もう一歩。

何時間目に何の科目があるのか、

どのタイミングで勉強すればいいのか、

ここまで考えを広げてみてください。

上記の例では1日で5科目のハードスケジュールですが、

基本的には、学校と同じように2・3日分けて試験は行われます。

 

早速、あと1か月後に中間テストがひかえていますが、

まずはいつあるのか、どのくらいの期間があるのかを

しっかり確認しましょう。

そこから逆算をして、勉強のスケジュールを組む練習をしてください。

失敗してもいいので、自分なりに計画を立てる努力はしましょう。

何回か繰り返しているとなれていきます。

 

むやみやたらに量だけこなす勉強はしても楽しくないし、

長続きしません。さらに、結果がでなければ、

「勉強嫌い」が身についてしまいます。

 

「考える」だけならだれでもできます。

「考え方」が分からなければ、私たちが全力でお手伝いします。

 

YDK(やればできる子)になるためにコツコツと

努力を重ねていきましょうね。

 

YDK(やらないしできない子)にならないように。

 

小城・三日月教室

森山

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雲と雨のお話

2017-08-30 18:15:20 | 小城・三日月教室の出来事【南里英語教室】

この夏にたくさん見かけました。積乱雲です。中学2年の理科で学習します。入道雲(にゅうどうぐも)とも呼ばれます。

理科の入試でも、よく答えになる雲です。

はなれたところから見ると、上に上に伸びていく姿が見られますが、この雲の下では激しい雨が降っています。

みなさんは、「冷たい雨」「あたたかい雨」という言葉を聞いたことがありますか。

実は、今の中学校理科の教科書に載っている言葉です。

「冷たい雨」は、上昇気流で上空まで運ばれた水蒸気が一度氷になったあと、降ってくる間に氷がとけて雨となったもの。

「あたたかい雨」は、熱帯地方のような水蒸気が多く存在する場所で降る、一度も氷の状態にならずに水滴の状態で粒が大きくなり降ってくる雨のこと。

積乱雲は上に上にと伸びていきますが、その中では強い上昇気流が発生していて、氷のつぶが落ちてくることができず周りにある別の粒とぶつかって大きな粒に成長します。これがとけて降れば大粒の雨になり、とけきれずに落ちてくればひょう(雹)が降ってきます。

最近の理科の教科書には、以前の教科書には無かった興味深い事柄が多く記載されています。

理科が好きな人も、そうでない人も、勉強ではなく読み物として見ると理科の面白さがわかるかもしれませんね。

南里英語教室の理科の授業の中でも、学習の要点を押さえながら、理科の面白さを伝えていきたいと思います。

中学生の皆さん、2学期の中間テストに向けて一緒に頑張っていきましょう。

 

小城・三日月教室

小田

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「なぜ?」から広がる学びと喜び

2017-08-29 22:46:08 | 小城・三日月教室の出来事【南里英語教室】

これは、今週から掲示している、

南里英語教室の予定表です。

もうすでに、12月までの予定がびっしりと書いてあります。

私たち講師の手帳もこんな感じです。

(本当は来年の3月くらいまで決まってます。汗)

 

生徒の皆さんはどこに貼ってあるか気づきましたか?

2か所あります。是非、探してみてください!

 

もし見つけたら、何が書いてあるのか

調べてみてください。どんなことに気付きますか?

分からないことがあれば、どんなことでも聞いてください。

 

学びは「なぜ?」から始まります。

 

自分の興味があることはすぐに覚えてしまします。

そこからさらに学びを広げようとします。

その知識の多さが更なる成長に繋がっていきます。

その成長を実感できて初めて「楽しさ」が湧いてきます。

 

いかにこの「楽しさ」を引きだせるのかを

私たち講師は常に考えています。

 

「勉強に興味をもて」というのは簡単ですが、

そうではなく、「興味を持ってもらうように」

どんな授業していくかを考え抜くことが

私達の使命です。

今日も自らの「なんで?」を解決しようと集中して授業に取り組む生徒たち。

その積極的な姿勢をいつまでも続けられる教室にしていきます!

今後の成長が楽しみです!

 

 

小城三日月教室

森山

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

C ⇒ A ⇒ P ⇒ D

2017-08-28 22:55:02 | 小城・三日月教室の出来事【南里英語教室】

 

 

さぁ、タイトルのサイクルが成果を出してきました。

 

7月前半に自分の力を知る Check (チェック)をしました。

夏期講座中に、弱点を中心に補強し、反復演習 Action(アクション)しました。

そして

2学期補強した学力をもとに10月に行われる中間テストに向けて Plan(プラン)を作成し

 

いよいよ本日から2学期の授業である Do(ドゥ)を行います。

 

写真は、中1生の英語の答案用紙。

まだまだ多くが部活動の試合のため明日受験しますが、きっちり夏期講座明けの模試で

結果を出してきました。

 

 

昨日受験した生徒達に、結果を伝えると最高の笑顔で「GOOD!」と答えてくれています。

今日からの授業で、真剣にならない理由はありません。

一人で動き出すようになるまでには、様々な仕掛けが必要です。


やり方を学び、やり直し方を学び、次第にやる価値に気付いてきます。

一つ一つの成功体験が、生徒の自立的な行動を促していきます。

4月から担当して、5か月。ようやくその基礎ができ始めたと感じています。


最少の指導で、最大の成果を出す。

そして生徒達の学ぶ価値に気付かせる話し、体験を作る。


この生徒達が2学期にどのようにはばたきはじめるか楽しみです。

 


今週から2学期もスタートしました。

中学1年生、2年生たちの2回目の定期テストが1か月後に迫ってきました。


タイトルのように、すべては自分のチカラを正しく知り、

あるべき姿を決定するところからスタートします。

そのギャップを解決するパートナーに南里英語教室はなることができます。


2学期から新たに環境を変え、良いスタートを切りたい方はぜひとも一度

無料体験を受講してみてください。


本日の中3生の新規入会生も、正しく情報を把握し、知ることが

自分のやるべきことを決定すると痛切に感じてました。

出会った生徒達の未来にしっかりと貢献できる存在でありたいと思っています。


さぁ2学期も頑張っていこう。


南里英語教室

南里

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏期講座も残すところ模試のみ。

2017-08-25 17:29:16 | 小城・三日月教室の出来事【南里英語教室】

8月28日(月) 2学期 通常授業開始

9月新規入会生 受付中

定期テスト対策、英検受験、受験対策をご希望の方は

お気軽にご相談下さい。

 


7月21日からスタートした夏期講座。

授業としては、本日が最終日となります。


今週日曜日(8月27日)に予定している模試に向けてしっかりと対策を行ってきた夏期講座。

期限を決め、目標を決め、やるべきことをやってきた18日間でした。


模試を実際に受けるまでは成長点は分かりませんが、

生徒達一人ひとりにとっては手応えを感じる講座だったと思います。


夏期講座は受験に向けての総復習期間。

2学期の学習単元をスムーズに理解できるために基礎を確認する期間。

夏期講座を受ける前に見えていた課題(山)は解消されていると思いますが、

新たな課題(山)が突如として表れてきます。


 

同じ課題に見えても、実は内容が違う課題ということに気付いてきます。

7月に行ったプレテストの時は、基礎知識が定着しておらず対応できなかったと思います。

日曜日に模試を受けてみると問題を解く優先順位、時間管理などの課題が見えてくると思います。


模試は、結果を出すために挑戦し、受験していきますが、

同時に自分の課題をしっかりと示してくれる重要なものです。

結果だけに目を向けるのではなく、プロセスにも目をむけていきましょう。


目標に真剣に取り組むからこそ気付きが深まります。

2学期に大きく伸びる土台をつくってきた8月。

このしっかりとした土台があるからこそ、しっかりとした家が建ちます。

2学期からの生徒達の成長がとても楽しみです。


8月28日(月)からは、全授業が通常授業に戻ります。

よろしくお願いします。


南里英語教室

南里

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たまには天気図を見てみよう

2017-08-24 18:16:12 | 小城・三日月教室の出来事【南里英語教室】

今日の天気図です。日本海の北岸に前線をともなった低気圧があります。
この前線が南下してくるので、明後日あたりは雨が降りやすいという予報が出ています。

夏期講座の中3理科の最後でした。授業では「地学」の復習をしました。

天気図の見方や雨の降り方は中学校2年生で学習します。天気を学習しているときは天気図を目にする機会も多いですが、それ以降は天気図を見る機会が減ってしまった人が多いのではないかと思います。

天気は1年を通じて変化をしていきます。一時的に異常な天気になることもあります。せっかく天気図の見方を学習したのですから、たまには興味を持って見る機会を持てば、理科の知識も自ずと増えていきます。

夏期講座の理科の授業では、中1・中2の復習をすることができました。
基本的な知識の習得からテストの問題の考え方まで、時間をかけることができました。
しかし、限られた時間の中で、すべての範囲をおさらいできたわけではなく、入試に向けての復習は続けていかなければいけません。その上2学期が始まると、復習だけでなく中3理科の未習内容も学習していかなければいけません。

2学期以降の授業では、未習内容と復習をバランスよく行っていきます。要点を押さえて効率的に受験勉強をしていきましょう。

南里英語教室 小城・三日月校

小田

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NESメール新聞 第28号 2017年9月号

2017-08-24 11:18:50 | 小城・三日月教室の出来事【南里英語教室】

高校野球が終わると一気に夏が終わる気がします。

 

いよいよ長い夏休みも残すところ1週間となりました。9月1日から2学期がスタートします。

さて9月がスタートする前に7月21日からスタートした夏期講座を振返ってみます。

(長文になっていますので、お子様の学年のところだけでもご覧下さい。)

 

まずは小学生の夏期講座からです。

小学生の8月は宿題完成講座と模試に向けての実践演習。

普段の勉強方法をしっかりとチェックし、計画的に勉強を進める講座でした。漠然と「分からない」ではなく「何が分からないか」自分で自問して取り組む。夏休みの宿題の目的とそしてあるべき方法を常に生徒達には問い、その方法を一緒に考えながら5日間を過ごしてきました。印象的だったのは、2日目から自分で分からない問題に付箋をつけ、効率的かつ、効果的に質問する生徒が出てきたことでした。その方法を全体の前で紹介すると翌日から同じ方法を取り入れる生徒も増え、生徒達の素直さと向上心を感じた瞬間でした。

 今年からは理科実験、読書感想文も講座の中に取り入れましたが、これは大成功でした。実験内容を生徒達のアンケートで決定し、ワクワク感を増しながら当日を迎えました。生活の身近にある様々なものが理科の原理を活用して開発されていることを知ることで日々の興味関心や「なぜ?」をもっとたくさん感じるきっかけになったらと願っています。ただテストのために学ぶのではなく、身近なものはすべて学んだ知識を活用することからスタートしていることに1人でも多くの生徒達が感じてくれていたらと願っています。

 8月後半からは、8月27日に予定している模試に向けての対策講座。普段のレベルとは違う問題に立ち向かう中で、生徒達は基礎力の重要性に気付いてきています。この実践講座での一番の成果は、「生徒達が真剣に問題に向かう表情と笑顔」です。難しい問題を今はできなくても、解説を聞き、理解した瞬間の生徒達の「わかった!」の表情は知る楽しさを表現しているものです。生徒達の頭をフル回転させる質問をどんどんと投げかけていきます。


次は中学生の授業です。

 中学1,2年生は7月下旬から8月上旬までは「復習期間」としての夏期講座。分かっているつもりでもやはり定期的に戻り、学び直すことの重要性を生徒たちは気付いたように思います。今回は、「当たり前のことを当たり前にやり遂げる」を大切に指導してきました。

 授業開始10分間で行われる英語の単語テスト、数学の復習テスト。この夏を通じて明らかに生徒達の取り組み、習慣が変わってきました。『準備が成果の8割を決める』を少しずつ理解してきたかのように思います。途中から入会してきた生徒にとっては、今までの「なぜ?」が解消され、「納得」に変わる夏期講座。継続して教室に来てくれている生徒には、「よしできている!」と自分の実力を確認できる夏期講座。同じ夏期講座でも一人ひとりの生徒にとって掴む自信は大きく異なります。8月27日の模試に向けて大きな自信と楽しみ感をもって最終調整に挑んでいます。


 中学3年生は、何よりも総復習の夏期講座です。小城・三日月地区は部活動の活躍がすごく、すぐに勉強に切り替えることが難しいと思いますが、その気持ちを一気に払拭させたのが「12時間勉強会×3日間」でした。当初生徒達は、総時間数を聞いてげんなりしていましたが、量を重ねながら「できる」を実感すると3日間で大きな気持ちの変化、行動の変化を示しはじめました。この経験は今すぐ生きるわけではありませんが冬場の精神的にも、能力的にも追い込まれる時にきっと生徒達の気持ちを支えてくれるものになると信じています。

 指導する私達の体力面も大変ですが、生徒達の顔つき、発言、行動がどんどんと変化していく様子を見ると自然と今年の受験に向けての「覚悟」ができています。常に私達講師が生徒達に与え続けているのではなく、私達講師が生徒達から「覚悟」を与えられているようにも感じます。これからあと7か月後に入試を迎える生徒達ですが、全員が望む結果を手にする土台をこの夏期講座で手にしたと思っています。


そして最後に高校生。

 さすが南里英語教室の12時間勉強会を昨年経験している生徒達だけあって、1日の学習量にビックリせず厳しい授業日程でも難なくこなしてくれました。高校生の夏期講座は、一日完結授業です。その日の目標を明確にして、その弱点単元を確実に「できる」にする授業構成を組んでいます。

 この成果は、その日の授業後半になるにつれて生徒達の「手の動き」が示してくれます。「分かっている」と「できる」は意味が違います。自らの手で、再現できることこそ、「できる」の自信を高めてくれます。9月以降は、高校生全員に時間管理を徹底させ、忙しくなる2学期を意味あるものにする指導を行っていきます。たくさんの時間泥棒が生徒達にはやってきます。その時間泥棒と上手に向き合い、自分の目指す結果を2学期は追い求めていきます。


6月から準備してきた夏期講座のしっかりとした結果は9月の中旬の模試の結果で明らかになります。

 

さぁ、いよいよ2学期のスタートです。

9月からは、

・定期テスト対策

・入試対策(中学、高校受験)

・英検講座4カ月コース(10月スタート)

・保護者様との2者面談

・各種イベント(ハロウィン、クリスマス、国際理解)

・JET試験


と随時様々な目標や異文化体験に向けて動いていきます。

ただ何となく言われたからやっているのではなく、生徒一人に目的を理解させ、一人ひとりに応じた目標を設定し、実現可能な計画を作成していきます。中学生・高校生たちは自ら行動を変え結果を創る2学期。小学生たちは、全員一つは目標を明確にし、チャレンジしながらも心を育む2学期に取り組んでいきます。


今年度が終了するころには、生徒達が自信とやる気に満ち溢れた南里英語教室 小城・三日月教室になっているように一つひとつの指導に「想い」を持って取り組んでいきます。


9月度もどうぞよろしくお願いします。


南里英語教室

小城・三日月教室

教室長 南里洋一郎


番外編(夏期講座様子)・・・お時間がある時にご覧ください。

① 宿題完成講座の様子

 A http://blog.goo.ne.jp/nanri_english_o0309/e/d7fedef3584e7b98f1b6c764d9ab7048

   B http://blog.goo.ne.jp/nanri_english_o0309/e/66c0877f5d6e4b1625787e48cd11d62d

 C   http://blog.goo.ne.jp/nanri_english_o0309/e/86dbd3bb887dc55e51a61042409295da

 

② 1日勉強会の様子

 A http://blog.goo.ne.jp/nanri_english_o0309/e/d1455a65a39d7abf438db9577d65cdf4

 B http://blog.goo.ne.jp/nanri_english_o0309/e/91d0d9cd056ad8f1aa4ad934ed3b7e02

 C   http://blog.goo.ne.jp/nanri_english_o0309/e/3c64dad506c57c82d9e0d4ea6048a71e

 D http://blog.goo.ne.jp/nanri_english_o0309/e/bb781401a084bcb342647a8ee600d78f

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あきらめないで

2017-08-23 22:29:07 | 小城・三日月教室の出来事【南里英語教室】

いよいよ、夏休みも終わりが近づいてきましたね。

(模試の日も近づきていています。)

 

本日、中2の数学は模試前の最後の授業でした。

模試に向けて最後の調整中です。

自分が今までできなかったことができるようになり、

喜んでいた生徒や、前回の点数の2倍まで急成長していた生徒も!

 

模試の当日は自分の力を最大限に発揮してください!

 

この夏の成果を楽しみにしておきましょう。

もっともっと心から成長を実感できる教室に

していきたいと考えています。

 

さあ、あと少し!

 

小城三日月教室

森山

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自ら手を差し伸べる

2017-08-21 19:43:44 | 小城・三日月教室の出来事【南里英語教室】

夏期講座のタイトな日程の中でも毎日小学生英語レプトンを元気にやっています。


夏期講座中のレプトンの授業は毎回満席で、

指導する講師の力量も試されます。


その日のうちに何を身に付けたいのか?

その生徒の何を承認して、どこを課題として示すのか?


ここはしっかりとおさえて指導をしています。


さて、タイトルですが、

毎回授業の30分前に教室に来ては、無言で教室設営を手伝ってくれるT君。

今日も何も言わずに率先して教室の設営を手伝ってくれました。

本当に感謝です。


『先生今日は何人来るの?』

『どうセットしようか?』

『何時から宿題チェックしますか?』


とスタッフの一員みたいな発言をして準備をしてくれます。

そんな生徒達の前向きな気持ちをしっかりと結果につなげて成長する場を作りたいと思っています。


今日は、生徒達とレプトンらしい写真を1枚。

おかげさまで、9月からの火曜日と金曜日の17時からの授業は満席になりました。

木曜日と土曜日はまだ余裕がありますので、2学期から英語をスタートしようと

生徒様はお気軽にご相談下さい。

 

小城・三日月教室のレプトンの残席数はホームページでご確認下さい。

http://www.nanri-english.com/original29.html



夏休みのレプトンの授業はあと2回。

8月28日(月)からは通常授業に戻ります。

よろしくお願いします。


南里英語教室

小城・三日月教室

南里

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

模試対策実施中

2017-08-20 22:15:43 | 小城・三日月教室の出来事【南里英語教室】

いよいよ今日から8月27日(日)に

実施される模擬試験の対策が始まりました。

小学生も今日からスタートです。

黙々と問題を解いています。

 

ただ、解くだけでなく、

隣の友達と点数を競いあい、

理解も深まっていくのが目に見えるので、

先生としても大変うれしく思います。

 

そんな彼らの達成感に満ち溢れた

笑顔を見るたびに授業にも

より一層気合が入ります。

 

「テスト」という壁に

嫌々ながらも向き合おうとしてくれる

生徒達に改めて感謝です。

 

残りの期間も一緒に学んでいきましょうね!

 

 

小城三日月教室

森山

コメント
この記事をはてなブックマークに追加