南里英語教室 小城三日月教室

南里英語教室 小城教室・三日月教室のブログ
℡:0952-20-2600
佐賀県小城市にある学習塾

1つの作業でどこまで考えられるか?

2017-07-11 20:27:05 | 小城・三日月教室の出来事【南里英語教室】

ある日あなたは、学校で先生に、

「各クラスで学校からのお知らせを中学3年生全員に

プリントで配りたいから、これ(プリントを1枚渡される)を120部印刷して持ってきて」

と頼まれたとします。あなたはどうしますか?

(断るのは無しです。)

 

おそらく、ほとんどの人は120部印刷した後、

そのまま先生に持っていくと思います。

これで、1つの作業は終了です。

 

では、ここで問題です。

この作業の中で、先生にもっと喜んでもらえるためには

どんな工夫をしたらいいと思いますか?

 

そこでいろいろと考えてみてください。

例えば、120部渡す前にクラス毎に枚数を分けておく。

クラス毎に配るとなれば、120部を分けて配らないといけない。

この考えが思い浮かぶかどうかが非常に大切です。

 

部活の雑用1つでも考えることはたくさんあります。

その雑用をただの雑用で終わらせてしまっては

成長は少ないでしょう。

 

球拾いもそうです。ただ拾うだけでなく、

相手の動きを観察するいい機会です。

どんな打ち方をすればどんな方向に球は飛ぶのか。

分析を怠らないようにすれば、次に何をすべきかが分かります。

 

勉強や試験も同じです。

練習をした成果を分析して次につなげていかないと

ほとんど意味がありません。

 

1つの作業から先を見越して

ただの作業で終わらせないような

勉強の仕方をこれからも指導していきます。

 

小城・三日月教室

森山

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 立場が変われば、見方が変わる。 | トップ | 算数を楽しもう »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

小城・三日月教室の出来事【南里英語教室】」カテゴリの最新記事