両親・義父母の頑張らない介護 ~日々のつぶやき~

継父 要介護1 HG入所
母  要介護3 在宅で介護中
義父 要介護5 施設入所
義母 要支援1 施設入所

隠し預金発覚!!

2017-08-10 23:23:02 | 主人の両親
今日ショートから帰宅した実母。
ドライバーさんに、

「大好きな娘っ子のとこにご帰宅だぞ!!
やっと帰れたね~。
帰る~、帰る~って言ってたんだって(^^)」


実母らしいです。
疲れたのか、ベッドに横になり寝てしまった。


母ちゃん、私も寝たいよ・・・(-.-)




もう・・・、何から書いていいやら・・・。
ブチ切れるなんてもんじゃなかったんですよ、
一昨日の担当者会議のあった、あの日。


ず~っと、ず~っと、引っかかっていたことがあったのです。
担当者会議の前に、
どうしても確認しておきたかったもの、


それはね、

義母のお金の流れ。


どうしてもね、おかしいんですわ~。
入居して半年。
自宅を出る時に持参金はあったことは知っていた。


パッパパッパと使う義母。
底をつけば、小遣い制にし、完全に金銭管理は私たちで行うつもりでいた。


が・・・・。
今日の今日まで底をつくことはなく、
変わらず買い物を続けている義母。


おかしい・・・・、何かからくりがあるのか??


一番、怪しいところから突いてみた。
そう、
「同行サービス!!」
ここで一番のお金を使っているのは間違いない。


しかし、この同行サービス、使用して3ヶ月が経つが、
利用金の請求が来ない。
事業を立ち上げたばかり、どう請求をかけていいのが、
市の方に相談しているとこのこと。


しかし、こちらにしたら、いくら請求額が来るのかさえもわからない状態では、
恐ろしくてしょうがない。
なので、ざっくりでいいので、その都度のお金の流れを教えてもらうことにした。
すると、義母がいろんなものを買っていることが発覚した。


「施設にお菓子の差し入れや、
先日は果物が良いと言われて、1300円ぐらいのメロンを1玉買いました。
『ちょっと高いですよ、止めましょう』と言っても、『大丈夫』と言われるので・・・。

あと、夏服がないからとTシャツを2枚買いました。
あと喫茶代とか、自分用のお菓子とかですね。

それと、これは私ではないですが(同行してくださる方は3名います)、
市内バスに乗り買い物に行こうと思ったら、バスが行った後で、
ご本人がタクシーで行くと言ったのでタクシーを使いました。


この支払は全部その都度、ご自身お財布から出しています。」



はっ?!ぜんぶ??


すると、思い出したように、


「そうそう、1回だけ報告があったのが、
ATMでお金を引き出した話は聞きました。




私「ははははは・・・(-.-;)(苦笑)」

主人「・・・・(-.-)」

私「やられたね!!」

主人「・・・・(-.-)」



そうなんです、
義母の預金通帳、1つは預かっています。
が、もう1つあったのです、通帳が!!


この話を聞き、その足で義母の施設である担当者会議に向いました。
車中、主人とあれこれ話しをしましたが、
主人としては予想外だったので、何が何だかって感じ。


でも私は、怪しいと思ったとこをから食いついたので、
「ああ~、スッキリした!!だと思ったよ!!」
てな感じで、夫婦で温度差が。




で、担当者会議。
この件を本人の前で明かします。
そりゃ~、そりゃ~、み~~~んな目が点です。
そうですよ、包括担当者なんかポッカ~ンです。
ケアマネは苦笑い。


すると我に返った包括担当者が
「障がい者の預金を下ろすことは問題です。
事業所のモラルもそうですが、これは問題です。
全盲の人の預金を、いくらご本人が「良い」と言ってもダメです。
下ろした金額をご本人が確認する事ができません。」



あっ!!
確かに!!



で、義母本人に包括担当者が確認します。


「預貯金など、お金のことはどなたが管理されていますか?」

「お金ですか?お金は長男に任せています」

「先日、同行サービスの方に、
お金を下ろしてもらったという話が出ています。
ご自分でお金を持っていますね」


「いえいえ、私は持っていません。
全部長男に渡しましたから」




ここまで来たらね、みんな、苦笑いですよ。
嘘がバレバレですからね。
結局、主人が義母に話をし、渋々認めた。


一応、不正なくお金を下ろしたという事実を証明するために、
いくら下ろしたのか、そして手持ちと合っているかを確認しないといけない。


がーーー!!


出すわけないですよ、預金通帳。
「いいじゃない、自分のだから」
の一点張り。
しかし、もう、家族以外誰も下ろせないこと、
関わった事業所の不正がないかを確認しないことには始まらない。


いくら下ろしたかを聞くと、
「10万」

じゅ、じゅうまん!!!!


残高いくらあるか聞くと、
「1000万」

「いっ、いっ、いっせんまん???????」

「じゃない、100万」

おい!!
えらい違いだぞ!!



義母にとったら、10万だろうが、100万だろうが、1000万だろうが、
お金には変わりがないわけで。
だからこそ、そこがおかしいから、金銭感覚がおかしいのでしょう。


で、渋々出しました、通帳。で、記帳しました。
たしかに10万下ろしてる。
が、財布を見ると、17000円しかない。
下ろしたのが約3週間前。


あとの・・・・8万はどこへ??


この3週間、同行サービスで使ったのが、
施設にと、お菓子、メロン、タクシー代、自分のお菓子のみ。
あと、次男が連れて行った眼科が1件ある。
帰りに昼食を次男としている。
病院の支払いの医療費はタダなのでお金が減ることはない。
支払いがあるとしたら次男にお金をあげた可能性大である。



もう、アホらしくてやってらんない!!


だってそうでしょ、
家族に内緒の通帳を持ち、家族の知らない間に、
他人に暗証番号を教え、お金を引き出している。
他人にですよ、た・に・ん・・・・にです。

で、シラッと、調査では、
「家族がお金の管理をしています」
ってよ!!自分で持ってるじゃんかよ!!



とりあえず、通帳は取り上げることはせず、
家族が下ろすことで徹底。
これは本人と、本人に関わる事業所全部に徹底しました。


あと家族としては、あまりにも問題がある同行サービスは止める方向で。
代わりにデイサービスなどの、ちゃんと規則がしっかりし、
1日のサイクル環境が出来ている場所で。


この要望にはケアマネも、包括も賛成。
本人は大拒絶で、大反対!!
ですが、こんな野放し、更にワガママ、何をするかわからない人。
これではこの先、何かトラブルがあってもおかしくないと考えたのか、
包括担当者にあの手この手と言いくるまれ、
義母が「NO!!」と言えない場面を作り上げた。


おお~!!さすがプロ!!

そして義母も負けていませんょ。

「まあ、そうですね。
私と同じ年の方たちが、いま、どんな生活をされていて、
どんなことに興味があるのか。
そんなことを知れたらいですね」




どんだけ、
上目線やねん!!



そして、ケアマネがその日に『お試しデイサービス』の予約を取り、
来週義母1人で行ってくる。
ここのデイサービスは継父もお世話になったとこ。
こちらの事業主は過去福祉事業で理事もしていた方。
もう高齢だが、しっかりしていて、スタッフもプロ!!


ここなら、間違いない!!
問題は・・・こちらの事業主の許可が出るかどうか。
なんせ、ワガママなお方だからね・・・・。
要支援1とはいえ、さすがに包括担当者も
「これ、支援1じゃないかも」
ってした顔を見逃さなかった。



義母が誰に言うわけでもなく小言で言っていたそうです。

「もう自分は何も出来ない、何も独りでできない、
何も出来ない自分。
ああ、情けない、ああ、情けないわ!!」



私たちにしたら、
はっ?!
ですよ。


はあ??
全部ご自分で?ご自分でされていた?
どこが??はあ、どこを??
あなた、何もしてないじゃない!!
ただ、好きなものを、好きなだけ買っていただけの人。
自分の旦那が倒れても、何1つ出来やしない。
口を開けば葬式の話だったよね、
まだ生きてますけどね!!




義母自身、今まで全部自分でやっていたと思っているようです。
目が見えないからでしょうか、
そうじゃないよね。
出来ない部分は人にやってもらって当然の人なのです。
やってもらって当たり前なので、『全部自分がやった』になるのでしょう。



こんな人、どうでもいいです、ほんと。
しかし、完全には捨てれないのが難点。
でも、もう最低限しかしません。
私は義母の所には1ヶ月に1回のみにするつもり。
ご自身でやられていると言うなら、ご自身だけでやればいい。
私を巻き込んでほしくない。
孤立したらいい、自分でまいたタネ。
信用、完全になくしたらどうなるか、思いしればいい。
デーサービス行って、自分と同じ年の人を見てこい!!
愕然とするわ!!
勉強してこい!!




長くなりまして、すみません。
寝ます、なんか、書いてスッキリした!!
『介護』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やる気なし、担当者会議 | トップ | どどっと疲れが・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む