菜の花日和

猫・ランチ・ときどき手仕事 

花盛りの京都旅(1日目)

2017-04-17 23:59:30 | 花めぐり&いけ花

このブログは自分の記憶メモな感じで書いているので、大体短いですが

たま~に長い時もあります、今回は長いですよ~(笑)

あまりにも撮った写真が多過ぎて、あまりにも駆け巡るようにまわったので

まとまりません(いつもの事?)ので、時間の経過通りにいきま~す!

 

4月14日、AM5:15分家を出る

高速バスで途中TXに乗り換え、東京駅には7時ちょっとに着いてしまった

新幹線出発まで1時間以上あるので、ドトールで  タイム

今回は築地メンバーで初めての4人旅、楽しくなりそうです

富士山もきれい~!富士山が見られるとなんか嬉しい(笑)

      

2時間半くらいで京都に着いちゃうんですね~

まず、お宿に荷物をお願いして身軽に動きましょうとタクシーで向かう

      =3

     

ランチ予約してある「がんこ高瀬川二条苑」まで、再び近くの京阪清水五条駅

からタクシーに乗ったら、まぁ!なんと先ほどの運転手さんだったわ^^

桜のきれいな祇園白川沿いの狭~い道も通ってくれた(夕食後夜桜見物した)

     

今年の桜は例年より遅いそうで、私達も諦めていたのでとってもラッキーでした

今回の旅で私がも一つの楽しみにしてたのが「がんこ高瀬川二条苑」のお庭

TVで知ってから、とっても期待してました

     

こちらは江戸時代に京都の豪商角倉了以の別邸として作られ、作庭は七代目

小川治兵衛

鴨川から取水して庭を横切り、木屋町通りをくぐって高瀬川が始まるんですね

 

さてランチ、何たら会席 ^^;2800円+税・サ別

     

前菜

     

お造り:ゆば 鯛 カツオ サーモン

     

テーブルで汲みあげゆばとお豆腐をつくる

     

汲みあげゆば

     

にがりを入れてかき混ぜ、あんをかけていただく豆腐

     

天ぷら、おろし添え

     

ご飯と茄子の赤だし味噌汁

     

デザート:杏仁豆腐 チーズケーキ

     

美味しくいただきました ♪

食後はお待ちかねの「高瀬川源流庭園」散策

     

右奥は能舞台だったところ、だそうです

履物や傘まで用意してあります、庭をひとめぐりします

     

     

     

      岩から滝、鯉もいます

     

もみじの季節もきれいでしょうね~とっても涼やかです、期待通りに素敵!

 

がんこの道をはさんで向かいに「島津製作所創業記念館」がありました

ちらっと覗いたら、桜がきれい

     

今回の第一目的の齋藤さんの展示会のギャラリーまでカロリー消費のため歩く

高瀬川のスタート「一之船入跡」

     

     

桜ふぶきで川が花筏状態です^^

     

鴨川べりも桜がきれいなので、下りて歩いてみる

休日などにカップルが等間隔に並ぶところですね(笑)平日のためかあまり

いらっしゃいませんね

     

また上って高瀬川沿いのギャラリーへ

     

素敵町家の古民家ギャラリー「高瀬川・四季AIR」

1階には可愛いフェルト小物などの作家さんの展示が、齋藤さんは2階です

桜が目線で見られます

     

     

川のせせらぎと齋藤さんご主人のハーモニカ演奏が素敵です

超繊細な刺繍や編み物など今回も充実してます

美味しいコーヒーご馳走さまでした!

次は「哲学の道」へ、銀閣寺まで移動 =3

銀閣寺はパスして散策開始、ここも桜がきれいでしたのでフォトチャンネルにしました!

       

     

終点は「詩仙堂」、そこから「南禅寺」へ移動

     

歌舞伎などの石川五右衛門で有名な「三門」

     

とっても急で超怖い階段で登れます(要、入場料)

     

     

絶景かなぁ~^^

     

     

2時間サスペンスによくでてくる「水路閣」↓ 天辺を琵琶湖疎水が流れている

んですよね

     

     

上、気になりますよね

端まで行って覗いてみました^^ふ~ん、こうなっているのね

          

この時点で夕方5時過ぎです

た~くさん歩いたので、 で 一旦宿に戻ることに しました    

 つづく    

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 京都1泊2日(ダイジェスト版) | トップ | 花盛りの京都旅(1日目夜) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む