直列☆ちょこれいつ

日記以外はこちら!→(http://www.geocities.jp/nanmo_nanmosa/)

JとY

2017年04月20日 | ちょこのひとかけ


古いアルファベットだと、『J』はY音をあらわします。
たとえばユダはJudah。現代音なら『ジュダ』となるような音です。
もしくはユリウス(Julius)が現代音だと『ジュリウス』など。

というのは知識で知っていても、JとYを混同していくなんてこと
本当にあるのかといぶかしんでいたわけですが。
今日、ふと、真実に触れてしまいました。

日本語標準弁で言う、『そうじゃない』という言葉。
関西の方弁では、『そうやない』と言えます。

そう『じゃ』ない と
そう『や』ない。
これは『じゃ』と『や』が完全に置き換え可能です。

J音とY音は、冷静に考えてしまえば違う音ですが、
発声的に見れば近いものなのかもしれません。
もしくは語頭の『J』が無声音に近く考えられているせいなのかもしれませんが。

そんなことを思いつき、ちょっと楽しくなりました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 脱トレーナー | トップ | レビュー:ガリガリ君(九州... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。