M K

遊里跡の探訪録など。
ブログの日時は、行動日・撮影日に合わせております。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

海南 下津

2013年06月08日 12時00分00秒 | ◆近畿
由来不明の青線。
青線の定義・位置づけは、各地各様で定まらず、非常にあいまいなものだが、
和歌山県では青線という扱いだった。

旧遊里の所在地がわからないため、あてもなく駅の周辺をうろうろ。






廃ホテル。立派な建物だ。昔は需要があったのだろう。

 
旅館と民宿。
ホテルが廃業したとはいえ、いまも宿泊施設は多い印象。

 
玄関の欄間の装飾が目を引く。長押には料理屋の鑑札が。


歴史を感じさせる旅館。

駅周辺はあまりピンと来なかった。
遊里はもっと別の場所にあったのかもしれない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海南 西

2013年06月08日 10時30分00秒 | ◆近畿
「黒江新地」「船尾新地」「東浜新地」と、じつに別称の多い遊里。
「名草新地」という名前も、このあたりに存在した遊里として挙げられるが、
同じ遊里なのか別の遊里なのかは、資料が乏しく、確証が得られていない。


黒壁が落ち着きを感じさせる長屋建築。



 
住宅のようなたたずまいの旅館。来歴が気になる。


飲み屋が連なる通り。

 
鉄平石が腰と巾木部分で異なる使われ方をしている。
出格子との調和も見事。


外観を眺めるだけで相当な規模であることがうかがえる。
間取りはどうなっているのだろう。

 
玄関上の装飾がおもしろい。彫り抜きは桔梗の図案だろうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海南 東

2013年06月08日 09時30分00秒 | ◆近畿
昭和9年、戸数40、業態者数65



 
ファサードを改築した物件。ビルのような重量感がある。


年代物の袖看板が印象的。かすかに残る文字は日本酒の銘柄。



 
二つの入口が隣り合っている。



 
玄関の欄間に「末廣」とある。かつての屋号だろうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野上電気鉄道

2013年06月08日 09時00分00秒 | 鉄道・駅
海南市~紀美野町を走っていた私鉄。平成6年廃線。


正面の大木の右脇を線路が通っていたようだ。


起終点である日方駅はこのあたりに存在したと思われる。


現在は跡形もない。

 
駐車場の傍らに建てられていた辻外科跡地の標柱。
略図に「野上電鉄」「日方駅」「野鉄本社」の名があったので掲載させていただいた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海南神社

2011年09月10日 14時30分00秒 | 寺社・教会
いろいろ祀られていたが、漁業の神の色が濃く、遊里との関係は認められなかった。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加