なんくるのひとりごと

日々の想いを言葉にしてみたい

続き

2007-01-29 13:54:36 | 日記
朝風呂を堪能し、温泉宿を後に。昨夜は早寝のため、すこぶる快適な気分。十時三十八分の長岡行きに乗り込む。越後湯沢 石内 国際スキー場前 塩沢と雪雪雪で窓から目が離せない。魚沼サンの米で握ったおにぎりをほおばりながら、列車に乗り継ぐ。ところが途中から全く雪がない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新潟へ

2007-01-29 13:32:04 | 日記
土曜日までの大仕事を終えて、私は昨日は鈍行に乗った。娘を誘ってまた小さな旅に行くために。 雪の新潟は、わたしの旅ごころをさそう。雪雪雪雪と何十回も唱えながら、時刻表とにらっめっこ。帰りは新潟からの便を二か月前に予約。すでに旅はその時から始まっていた。さて、国境を超えると雪国だった。で知られるあのトンネルを抜けた。今年の冬は暖かい。果たして積もった雪が見られるかと気になるところだった。 越後湯沢に着き山の方に雪を見た、本来はこんなもんじゃない。だろう。でも、今年は暮らしやすいと地元の人は話す。暖かいのは、ご馳走なのだ。 ロープウェイにのり、山の上に行くことにした。スキーヤーがスイスイと脇を抜けて滑り行く。誠に確固いい!しかも五才くらいの坊やがプロ並みの滑りを見せて、4キロを滑り降りて行く。後ろ姿に思わす見とれる娘と私でした。遠くの山々も真っ白。やっと雪国を実感したものです。ズボッと雪にはまり笑い 雪を投げあっては笑い たわいもなく、一日がすぎて、温泉宿に
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京だより

2007-01-25 17:47:54 | 日記
朝七時に家を出る。モノレールで空港へ、八時半には空の上。朝日が眩しい。東京も快晴なり。 池袋でセミナーあり。駅から会場までのたった数分の外歩き、寒さに震えた。ところが会場は暖かすぎて、喉が渇くこと。久しぶりに逢う仲間たちと肩を抱きあい元気を喜び合いました。今日から土曜日までの間しっかり学ぶかと、気合いが入る。もうすっかり夕闇に包まれた。ホテルにて一休み。これから交流会に。8階の窓の向こうに更に高いビルが塞がる。ビルだらけの池袋だ。大都会の夜が始まる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

手は口ほどにものをいう

2007-01-24 14:41:47 | 日記
 階段で泣き声がした。
さめざめと泣いている。だ~れ?
一足飛びに階段を駆け上がる。

おかあさ~ん、おかあさ~ん本当に悲しそうに泣いている。タツキ。
メグミさんも、どうしていいものかと、今にも泣きだしそうだ。
抱いているが、泣き止まない。のだから・・・。

お母さんが、そう言えば、先程事務所によって帰っていったっけ。
上からみていたのだな~。
弟を赤ちゃん組で遊ばせて、帰ったので・・・。

ついついきになっていたのだろうか。
いつ帰るのかと気にして観察していたのかもしれない。
知らないで、お母さんは帰ったということかも・・。

推測だけど、外れではなさそうだ。

メグミさんわたしが引き受けるからと、タツキを抱き抱えて階段に座す。
おかあさん~、おかあさ~ん。鼻水~涙で、顔をグチャグチャにして
わたしの胸に顔をうずめる。

抱っこして揺すっているわたし。背中をトントンしながら話しかける。
なかなか泣き止まない。三歳児クラスはお遊戯会の練習中。
あまり、集団を好まない子だけに、それも少しイヤなようで。

「寒いけど散歩に行こうか?」の声かけに泣き声がピタッとやんだ。
「泣かないでよー、歩きながらー」というと。
「泣かないから、いこうよー」とニャ。やったとばかりに。

さて、寒い中二人でちょっとだけ気分転換の散歩へと。
手をつなぎ、どこにいこうかと外へ。
グイグイ気が向いているところへと引っ張る。先程までの泣きっ面は影もなし。

手をギュと握る。ギュと握り帰す。
晴々とした表情が、掌から伝わる。よかったよかった。
あのさめざめと泣いていた気持を思うと、やっぱりほっとする。

しかし、どうも、自分の住んでいるアパートの方向らしい。底にわたしをリードしている感じ。

ダメダメとわたしがリードすると、手を離してしまいかねない。
気分を手の握り方で表現している。

「家はだめよー、こっちだってばー」と方向転換。サービスしているのだから聞いて頂戴。の、ギュギュギュ。

「わかったよー」とことばにだしてギュと握る。
ことばに出すより、手のぬくもりを感じるのは不思議だ。
もっと手を握りながら、子どもと会話しなくっちゃ。

ぬくもりだよねー。そう思った散歩でした。
寒風のなかちょっとした心の旅は終了。ケロッと二階に駆け上がるタツキでした。
心も晴々、表情も晴々。よかったよかった。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

届くかな

2007-01-23 18:58:56 | 日記
家に帰って、いつものソファーに そして暗い外を眺めほっと。初めて携帯電話からのメールを試すことに。ちゃんとできるように。なんくる家では今夜はお花のお稽古。明かりが見える。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

すべてが学び。

2007-01-23 18:16:51 | 日記
保育園連盟の研究大会にむけて
資料づくりを行った。

わたしがその役割を与えられて
役員の園長たちに出てもらって、さらに
発表をする園にも割り当てて。

那覇ブロックだけの発表に分けての資料づくり。
那覇は42園もあるもので、何年かごとにしか発表ができない。
やっぱり、人前で発表するとおもえば,緊張もする。

発表者も揃って、打ち合わせ。
27日の発表の前に少し緊張気味。資料をつづったら、それらしくなり
いよいよと、緊張するのだろう。

平和保育園は、餅つきをやったと、つきたての餅の差し入れがあり熱いお茶と
甘いあんころもちをいただく。
途中で、機械が壊れて、手作業になるが、大勢だったこともあり助かった。

32頁の資料を200部綴じるのだからかなりの作業なのだけど、
保育士が10人もいて助かった。

夕暮れ、「さようなら~」とみんなが帰っていく。
朝から少し落ち込んでいた、カツラも帰っていった。
色々なことがあったとしても、自分で対処しようとする姿勢。それは自分の財産にきっとなる。

若いのだから、色々なことがあっても当たり前で。
保護者の気持、子どもの気持、そのどちらもちゃんと分かるようになるための
成長。子どもも大人も、人と向き合うことでしか学べないことがある。

今日も一日、色々なことをありがとう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ご理解を

2007-01-23 12:26:01 | 日記
子どもって不思議なもので
興味があるから寄っていくし
関心があるから寄っていく。

同じものが好きになる。
同じことがしたくなる。
ひとつしかない物を自分の物にしたがる。

3っつあったとしても、友がもっている物が欲しい。
あなたが関心がある物と、ぼくの関心が同じ。ということなので
ケンカが生じるのは否めない。

先日、男の子同士取っ組み合いがはじまって
つい右の拳が相手のほほをついてしまって、青いあざになったという。
力が余ってしまったのだ。

泣かしててまって、しまったと思って、しかられて・・・。
でも、仲よしこよしなんだけど。なかしてしまって。

また、次の日も同じ物が欲しくて撮られた相手が先に手が出て、
また、ケンカになって
お互いに引っかき傷を作ってしまった。

担任は、家族に事情を説明して頭をさげた。
子どもの安全を守れなかったと担任は保護者からのお叱りを。
わたしも、今朝そのことを聞かされた。本当にごめんなさい。

「もうそのこと遊ばんよー」のことばが切なかったと,担任は心痛めている。
特に、祖父母にすれば愛しい愛しい我が孫を・・・。ぶたれた青あざも痛々しい。
またさらに引っかき傷なんて。もっての外。だと怒るのは理解できる。

担任も、困惑しどうすればいいんでしょうかー。と朝から
対策を話し合い、彼女も落ち着いた。

子どもの時には柔軟にどのことも、付き合える。それが子どものいいところ
大人が選べないのが友達。

これからも、色々な友達と関わって、自分なりに学ぶ。
相手が手を挙げたら逃げるのも勉強。
゛もちろん手を挙げてはいけないということを、しっかりと伝えるのは私たちの役目。

しっかりと繰り返し、友達の安全をお互いに守ることを伝えたい。
しっかりと遊ぶことも大切なのだから、
みんなが楽しく安全で遊べるように、対策をとりたい。そんな朝でした。

チュウリップの球根を植えるのだと、ひまわり組
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりの訪問者

2007-01-22 14:38:31 | 日記
先日おたよりをもらった。
お礼の手紙だ。

保育園の子育て支援センターなんくる家に対してのお礼だった。
なんくる家に通っていた何か年か。
母親同士の連携がうまくいって、仲間ができた。

そして、3年前に卒園というか、息子が幼稚園に、そして本人も就職を。
それからは、時々電話があったり、近況は聞こえてきた。

ところが、息子が、難病を患い、入院を余儀なくされたという。
検査検査で息子も母親本人もそして家族ももちろん゛大変な日々を暮らした。

その息子は病から回復の兆しがあり、退院して、小学校に通っているという。

久しぶりの二直接話を聞いた。
あんなに大変な想いをした人とは、とても思えない落ち着いた笑顔。
入院して知った初めての、人の恩。

どん底に落ちたとき、なんくる家仲間に救われたという。
それを一つ一つ聞かせていただいた。
仲間のことはさておき、本人の大変さがしみじみと伝わった。

病院での看病暮らし。病院にいるお母さんたちの笑顔。、その裏にある切ない気持。

どうして?自分の子だけが、、、元気な子どもを見るのが辛かったという時期。
病院の外に出ると元気な親かがいる。公園に行っても元気な、幸せそうな親子がいる。
ごく当たり前のことが、辛かったという。

いまは小康状態を保っている息子。先のことを心配せずに、健康ないまを喜びたいと。健気にも明るく話す。
抱きしめて、その労をねぎらう。
食事でもと思っていたのに、仕事が次々と立て込み

そのまま帰してしまった。もっともっと、話を聞きたかった。今度また
ゆっくりと話を聞かせていただきたい。
凄く頑張ってきたので、「ガンバレ」とはもういわない。
「よく頑張ったねー」といった。

何かあればお手伝いします。という。いまならどんな人にも寄り添うえると。
大変なことを体験した人の口から出ると、重みがある。トモヨさんありがとう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

赤い雨靴。

2007-01-19 11:54:51 | 日記
小雨降る朝。ぐっと冷えた。

園庭を横切る赤い傘。
赤い雨靴。

子どもたちは雨の日が好きだ。
赤い雨靴、赤いかさ、そして赤いカッパ。
非日常のいでたちが、子どもの心をワクワクさせる。

水たまりにじゃぶじゃぶと入る。
園庭をわざと一周コースで玄関まで。

雨の日は玄関先がいつもより賑わう。
長靴が色色とりどりにならぶ。
傘立てに色色とりどりの傘がたてられる。

赤い靴がお気に入りのユウ君。
黄色い長靴を履きたくてたまらないユズハ。
ひとしきり遊んだ後に玄関へと足が向く。

真っ赤な靴にたどたどしく足を入れて外へと。
「待って出たいのねー、でも雨だから・・・」
「いやだー」と側からユズハも黄色の長靴を。

出たい気持は十分分かる。でもねー、あめだからさー。
さて、目の前の一才過ぎの子たちに理解できることばをさがす。

二人はわたしの顔色を伺う。雨だから出られないのは分かっている。ようだ。
「分かった、では、そこまでねー」と、すのこの端を指さす。
「うん」と二人。
いとも簡単にわたしの意志を理解してくれて、ほっ。

二人とも庭見ながら何やらお話。宇宙語なので大人のわたしには残念ながら
解読不可能。でも二人は楽しそう。

「お食事食べようかー」とひろみさんが呼びにきた。
「いやだー」とユズハ。「もっとー」とユウ。
「寒くないの?なかに入ろうよー」とわたし。
「いやだー」とユズハ。
「もう少しだけねー」とわたし。「いいよー」とユウ。

「えんちょうさむいの?」とはっきりとわたしに尋ねるユズハ。
「凄いじゃないのあなたたち」と驚くわたしに笑顔で返す二人。
給食材料の運搬の大きな冷凍車が駐車場へ。
「でっかい」とユズハ。
「きゅきゅきゅ」とユウ。「え?きゅきゅきゅ?」とわたし。
「きゅーきゅーきゃー」?宇宙語だ。

「きゅーきゅーしゃー」とユズハ。そうか、車体が高くて白いので
きっと救急車のことだ。
「救急車?なのかーわかったーそうか」と感心しているわたしに「そうよーきゅきゅしゃー」とユウ。

また、ヒロミさんが呼びにきた。
「ごはんにしよう」と。
 「園長先生も、ごはんにしようっと・・・」わたし。
「ゆずはもー」と長靴を脱ぎだした。釣られてユウも赤い雨靴をわたしに脱がせとせがんだ。

ピカピカの赤い雨靴をくつ箱に片づけて、ニコニコと中へと。
満足した二人は、もう今頃暖かい食事の最中かも。

非日常を楽しむ心、雨の日もまた楽し。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

気持

2007-01-18 14:31:50 | 日記
友人と食事にいった。友人がご馳走するというので好きな店を選んだ。

鉄板焼きの上品な店、京都出のオーナー。
さすがの上品な店づくり。入り口からして品がある。
それが気に入って友人とでかけた。

ひとしきりおしゃべりした後、私の耳にカウターの会話が届いた。
ピークを過ぎたらしく、店主も会話に加わっていた。
馴染みさんらしい。

「沖縄はバスがなかなか時間とおりにこない」と右の男性。
「そうそう、運転手に注意したら『これが当たり前のこと』だといわれた」と左の男性。
「運転手の態度は相当なもの」「『安い給料で働いているのだから文句を言うな-』といわれたことがあるんや」背中が怒っている。
「そうそうそれって客にいうことばではないなー、非常識やー沖縄の人は」
「始発からしてバスの時間は守られてない」
「来ないと思っていたら、何台も続けてくる」
「そや、バス会社が、つぶれるのは当たり前や」
「バスなんかない方が、いっそすっきりするなー」「そう腹が立たない分だけなー、すっきりするとおもうわ」

まずはバスのことから怒りが吐き出される。(バス通勤している人たちには見えないが)ホワイトカラーのエリートでは?
バスは以前時間とおりにこないと有名だった。そんなことを考えながらわたしも聞き入る。
友人がトイレに立ったこともあり、手持ちぶさた。聞こえてくる会話に興味津々。

「沖縄の人は使えない」「五分や十分、遅刻は当たり前」
「毎日同じ時間に出て遅刻するなら、はよーでーやー、と、いいとぉなるがな」
「悪びれずに毎日続けるのやー」
「ほんでなー何もいわんと、急にやすみはとるしなー」「そやそや」

関西人らしい。
「ほんまに沖縄の人とは、よーしごとせんわ」「しとないわなー」
「それでなー電話もせんでいきなりたずねてくるんやでー」
「ほんま、そんなとこ、ひじょうしきやろー」

聞いていてだんだん腹が立ってきたわたし。
これ見よがしに、メモ帳を出して書き留めるふりをした。
友人「何しているの?メモなんかして」
わたし「いやいや会話が面白いものでー」
声を荒らげていうわたし。店主に聞こえるように。

「あなたたちのことばをすべてメモしましたから」わたしは、心の中でいう。
本土の人だけになると上記のような会話は
よく聞かれるであろう、内容だとは思う。

沖縄の人にも色々なタイプがあり、いいところも悪いところもある。
たしかに、あなた方の話はあたっている。どこも間違いはない。ホントいやになるほど、時間はルーズな場面に出会う。

でもよー、なんか冷たくない?
沖縄にきて、沖縄で仕事しているんやろ。もっと暖かいまなざしでみてみー。
見ようとすれば、いいとこもあるはずよー。

なっとらん、ことばかり並べても、沖縄で仕事うまくいくかー。
しかも、カウンターの二人でどんな話でもオッケーや。わたしもここまで怒らん。

店の主人までも一緒になって、けなすな、おねがいだから・・・。

と、腹が立つと同時に情けなくなってしまったのである。
もう、あの店、品のいい店構えではあったが、行きたくない。

丁寧に店先で三つ指ついて「ありがとうございます」といってくれても、嬉しくなかった。
客と一緒になって、自分の場がある地の人をけなすな。と、思ったから。

気持って大切なんだとしみじみ思ったのである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加