なんくるのひとりごと

日々の想いを言葉にしてみたい

朝ごはん

2017-06-27 06:53:58 | 日記


卵4個、二人分、頂きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暁の空

2017-06-27 05:39:14 | 日記

黒いくもの向こうから暁だ。
雲が忙しく流れる朝、
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

早いかな夕飯

2017-06-26 18:00:03 | 日記
7時には保育園に。帰りは5時前に。空はどんどん垂れてくる。歩きに❗
いやその前に腹ごしらえだと。ありきたりの夕飯を。

パン焼きがないので鍋でこんがり焼いて
頂きます❗
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日曜日の朝、昼、ご飯

2017-06-25 11:54:10 | 日記
 日曜日だからといって朝寝坊ができない年齢になったようだ。
今朝も5時半に一旦目覚め、東の空を眺め。
白み始めた東の、一点の、暁を確認して、手をあわせて。再び枕に頭をのせたのです。
それから、不覚にも9時まで熟睡。
飛び起き、洗濯機を回し、まだまだ朝日が射し込むベランダに服を游がしました。
さて、それから冷蔵庫に何一つ食料品がないことに気が付き。
近隣のスーパーに。
で、お料理。朝ごはん抜きの昼めしを、と、相成りました。


ニンニク6~7ピース、スライスします。白シメジはほぐしておく。ピーマン2個、細切り。むきエビ冷凍、200グラムの約半分をボールに入れだし汁を少し振りかけ揉んで放置?
ソーメン一束、茹でる為の鍋に火をつける。
同時に隣のコンロではプライパンにオリーブオイルを熱し、ニンニクから順に炒める。
ソーメン用鍋が沸いたら、パラパラとほぐしながら投入。
プライパンにはエビを汁と同時に入れて味を整える。
私はこれで。
さて、ソーメンは2分程度茹でます。硬めです。
鍋から菜箸ですくい取り、プライパンにどんどんいれます。躊躇なくです。
菜箸は忙しく、フライパンの食材を混ぜる動作を止めません。
これがコツかな‼
混ざり合いましたら、シメジで味見、最後にソルトで整えて、盛り付け。

忘れていたが、目玉焼きを急いでこしらえて下さい。そして、食べる前にのせます。

頂きます❗
完食、

満腹感で、少し不安に、食べ過ぎ?
長々と読んでくださり、ありがとう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

苦い、けど、美味しい

2017-06-22 20:04:25 | 日記

ゴーヤーは厚切りなので結構苦い❗大人の味だ❗
豚肉の薄切りがあれば、なお、良かったはず❗
玉ネギがあれば相性がよい。甘味が出るから。玉ねぎも6等分ぐらいの大きさに。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今夜も頂きます

2017-06-22 19:49:42 | 日記

8000歩、汗だくで歩いてきた。川縁は風もすずよかで。陰をしたいて歩く。
もう、腹がペコペコ。
ウォーキングの前に、ゴーヤー一本を厚切りにして。ニンニクと炒めてください。それに、だし汁を入れて煮込み。鍋に蓋をしてでかけた。
うまい具合に蒸されゴーヤーがやわらか。それに、厚あげとトマト半分。色味がきれい。
残りのトマトは卵とじ。
頂きます。私の簡単レシピを真似て下さる人もいて、恐縮です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりの青い空を

2017-06-21 13:06:52 | 日記


久しぶりの青い空を喜ぶように庭はにぎやか。
砂の湿り具合も程よい。
風かあるので、ガジマルの肌も乾き登れると。
待っていました。と、ワレもワレもと木の根っこを囲む。
どうだと言わんばかりに、写真❗と、声がかかる❗
あの子もこの子も、嬉しそう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

火災避難訓練

2017-06-21 12:47:41 | 日記
月に一度火災避難訓練がある。火災報知器が園内に響き渡る。
台所から、家事が発生したと、調理師が園内を大声を出しながら駆け巡る。
ベルの音で避難の準備をしていた担任と園児たちが。 台所から火災発生の園内放送で第一次避難場所に誘導。
新人さんも三回目には泣かないで避難できた。真剣に逃げるこら

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夜明けを待つ

2017-06-21 05:24:57 | 日記
今朝もまた、空は低い。
ふわふわのわた雲が空をつつむ。
利休ねずみ色とは、この色か、
夜明け前。家々の外灯が、
まるで、ホタル火のようだ。

まだ町は起きていない。日のではまだか❗
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オジサンは若い娘好き?

2017-06-18 14:32:21 | 日記
昨夜はAKB48のテレビを途中まで見た。孫のユリが見ている横で見た。
何だか総選挙などと大げさなと、斜めに見ていた私ですが、時々映し出される観客の異様さに興味が移りました。
なんと、オジサンたちが一喜一憂。
目を疑いましたが、これが現実。見つめました。
ファン層は若い女の子が若い男の子が多いと勝手にイメージしていたので驚きました。
そして、昨夜はこの事を忘れて寝ました。
そして、今朝。新聞を広げてまた、驚きがぶり返したのです。
ちゅらさんビーチで一喜一憂する写真❗この中に我が息子がいなくて良かった。と。
もし、知り合いの男性の姿があったら。
いやいやいやいや、ダレがダレのファンでも、いいじゃないかと。古い頭を叩く、日曜日の昼下がりでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加