殿!

2016-10-13 09:26:33 | IT・科学
昨日観てきました
殿!利息でござる
花痴
.
うんとねぇ
殿がね。

はじめ、コメディなのかと思っていたけど
プロモーションの番組見たらそうでもなさそうで

実際見た感じ
正直なところもにょっとした感じだった。

あえて解りやすく悪い言い方で書けば
前半メリハリが薄くて笑うとこか困るとこかどうも感情移入しにくいし
ただでさえ長いんだから物語にあまり進展がないところを端折りたいのはわかるけど
やり方ちょっと雑やない?って感じたかな。

しかも
シナリオ進行20%くらいのところから主役たちの取り巻きの百姓人足みたいなのが出てきて
さらにそいつらの中の行動力のある人たちが数名、積極的に物語に絡んでくる(セリフが多い)んだけど
どうも見たことのある人がいるんだ。
気になるけど誰かわからない。
誰やねん、この個性的な顔は絶対知ってる人なのに思い出せない。
映画の出来とはまったく関係ないけど気になってしゃーない。

あと
主役は阿部サダヲの演じる穀田屋のはずなんだけど
役名忘れたけど、キーマンは瑛太やんっていう。

シナリオ進行80%くらいまできて
その見たことのある人が、確信をもって知ってる人だったことがわかるんだけど
今度は名前がなかなか思い出せない。
めっちゃ気になる。

わたしがテレビドラマを見なくなったせいかその人が出てるのをさっぱり見ないので
勝手に売れてないものだと思っていた、てか忘れてた。
でも名前が…

昔、その人の舞台を手伝いに行ったり、観に行ったり、
打ち上げで一緒に写真撮ってもらうのにすぐ変顔するから
わたしの歳を当ててください、○歳以上外したら普通の顔でとらせてっていっていい顔ゲットしたんだよね。
催淫カプセル
その人の名前は小松利昌さん
ずいぶん個性的な役者さんだ。
立派になられて、エンドロールも阿部さん、瑛太さんなどの主要人物の次のグループに名前が挙がっていました。

めっちゃ好きやって
一人芝居とかも観に行ったなぁ。

なんであんな個性的な人のこと忘れてしまったんだろう。
舞台のビデオまで大枚はたいて買ったのに。


そして最低なことに
隣の50代後半くらいのご婦人方3人組、
のっけからひどい。
1、わたしの右となり
始まってもスマホをいじってて明るい!あと1分待って電源切らないなら注意しようと思ったら、
さらに三人向こうのお客さんが注意してくれた。
2、わたしの二つ右となり
シナリオ進行75%くらいのときにおもむろに何かしら着信したような音、しかも2回。
3、わたしの三つ右となり
シナリオ進行85%くらいの時に時間の確認かなんかでガラケー(?)を顔の高さであける。明るいわ!
媚薬
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« またまた千里眼  | トップ | パパの友達 »

あわせて読む