日々是好日

自分らしくありのままに
かけがえのない一日でありますように

親グモは見つけられない~

2016-10-14 19:46:22 | 雑記帳
          

          

          
          2016.10.13

     ナガコガネグモ(長黄金蜘蛛)の卵嚢

     クモ目コガネグモ科
     草引きをしていて、低い位置で見つける。
     
     ナガコガネグモの卵嚢は、茶色で「つぼ状」。
     これは卵塊を守るもので、つぼを作ってから卵を産むのではなくて、
     卵を産んでから(産みながら)つぼの形にする。
     この中には、900個近くの卵が産みつけられているそうだ。
     9~10月位には、産卵を終えた雌は死んでしまうらしい。
     2月位につぼを破れば、子グモが見られるかも?
     子グモはお尻(正確には糸疣)から糸を出して、4~5月の風の比較的
     強い日に、風にのって分散していく(バルーニング)。

     調べると、ナガコガネグモはコガネグモに比べて体が細長いことから、
     「長い」という名がついたこと。
     背面は黄色っぽく、それに褐色の横縞がまばらに多数入ること。
     所々の線の間が白くなることもあり、歩脚は灰褐色でトゲが
     まばらにあること。から
     探してみましたが……ジョロウグモ(女郎蜘蛛)ばかり!

          
          2016.10.14

     在庫写真にそれらしきものが…

          
          2014.9.2

     記憶が定かではないのだが…
     以前、コガネグモで紹介したのではないのかと?
     改めて調べてみてもよく分からない~残念ながら、腹面が分からない。
     体が細長いといえば、細長いかな??

     見るもの見るものがジョロウグモで、違う蜘蛛はいないのかと思うのと、
     何故もこんなに多いのかと思いながらの、山歩きでした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウラナミシジミ(裏波小灰) | トップ | ハナアブの仲間 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。