なにわノリダーのぬるい自転車日記

ロードバイクKUOTA KHARMAとJAMIS AURORAでの自転車日記。大阪、シカゴ、つくばを走る。

久々の試合

2016-08-07 20:43:12 | テニス



7月、8月は試合がなく、なんか出たいなあーと言っていたら、同じテニススクールのKさんが、「真壁オープン」というのを探してきてくれ、出ることになった。
県の上位チームも出ているので、やばかな、、とおもったが、まあこれも練習という事で気楽に会場の県西運動公園へ。

8時30分開始だが、すでにバカあつであった。
参加者をつらつら見るがどうみても我々のコンビがぶっちぎりで最年長である。
とはいえ、みなさん固いプレーをしていて、なかなかやりこんでいる人ばかり。

初戦、ボレーとストロークが固く、ミスが少ないうえ、決め球はばっしと決めるという、まあ申し分のないあいてで、0-6で敗退。
相手サーブで、15-40を2回、自分のサーブで40-15を1回落とし、さらにもう一ゲームジュースで落としたので、致し方ないが、いつものように、2ポイントリードしているところで、守りに入ったり、イージーミスをしたりと、いまだ成長がない。
やれやれ、、、、そういう時に、プレー前にちゃんとこういうプレーというイメージを作った方がいいかも。

敗者トーナメントでも一回戦で1-6で負け。1ゲームはまた競っているところでKさんの根性のポーチがきまった。まあこれだけでも万歳である。 

Kさんに言われたことは、失敗したイメージを覚えすぎているので、うまくいった時のことをイメージするようにしたら、との事。なるほどね。あと、サーブが力み過ぎ。


今回は2つの相手とも、無理せず固いプレーで、僕もいつもなら、叩き込めるところを打ててなかった。この悪いイメージは忘れて、練習のいい時の、打ち込むイメージしっかり思い出して、これからもっておこうと思う。 

2セットで1ゲームしかとれないという散々な成績だったが、いい時のショットをしっかり思い出して、逃げるのではなくいつもの調子で打っていく プレーを結果にこだわらずやるというのを、今年後半の課題にしたい。

年取って下手になっていくのはわかってるんだけど、納得できるプレーができないのでテニスやめられないんだよねーというKさんの気持ちわかるなあ~

個人戦はシングルスだけでていたのだが、ダブルスも色んなプレースタイルの人とできるので、これからはいろいろ探してでてみようかな。

暑い中でしたが、いい一日でした。

(PS;金曜、土曜と猛暑の中割と長いこと、練習したので、今日はちょっとばててたなー、という言い訳) 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加