今日も一日終わったっす。

時間だけは皆に平等にあるそうですよ。´▽`

NISA口座

2015-12-02 14:40:43 | Memorandum:備忘録
2014年から開始されたNISA:少額投資非課税制度。

以前調べたときに、最近は積極的売買をしていないので「開設しないでいいや」と思っていたのだが、ある記事で配当金も非課税になると改めて知り、再度NISAのことを調べてみた。

今々の興味は配当金の非課税に関して。

配当金の非課税云々に関しては、NISA口座以外で保有している金融商品は対象外で、恩恵を受けたければ、NISA口座を開設後、この口座で購入し、さらにこの口座で配当金を受け取ると非課税の恩恵が受けられるようだ。

なので、非課税の恩恵を受けるためには、
 ①NISA口座開設
 ②この口座で対象となる金融商品を購入
 ③配当金をこの口座で受け取る
ということのよう。

なので、現在保有している金融商品で恩恵を受けたい。と思ったら、
 ①NISA口座開設
 ②現在保有の商品を売却・・この時売却手数料が発生
 ③NISA口座より、②で売却した商品を新たに購入・・投資額制限の100万の縛りに注意
 ④配当金をこの口座で受け取る
ということかしら。

で、このNISA口座、5年間という縛りもあるよう。
いつから5年なのか、この縛りは良くわからん。(;・∀・)

さらに、口座の有効期間が4年で、その時には更新しなければいけないよう。(;・∀・)そうなのか・・。この情報は今尚有効なのか、調べていないが。

少ない配当金なのに更に税金を引かれるのは嫌じゃ。と思っているので、その商品を持ち続けるのであれば、NISA口座を開設して、現在保有の商品を売却、NISA口座から購入したほうがお得ですよ。ってことね。

5年の切れ目とか4年の切れ目がよくわからんなぁ。。(^▽^;)
制度開始から、4年、5年経っていないので、繰りっとしてから考えよう。(;・∀・)と思うたよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

CSS 設定の優先順位

2015-11-10 21:32:37 | Memorandum:備忘録
セレクタが同じスタイルシートの設定が複数回出現した場合、上(前)に記述した設定よりも下(後)に記述した設定の方が優先順位が高くなる。(後勝ち)

レスポンシブの設定は、ノーマル設定の記述よりも下(後)に記述する。
上(前)に記述してしまうと、設定が上書かれてしまうため。

◆おまけ
複数のCSSファイルを読み込む場合、それぞれのCSSファイルでの設定内容を明確にしないと収拾がつかなくなるので、複数のファイルを読み込むときには注意すること。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

XAMPP for Windows ページがない@XAMPP

2015-11-09 18:55:17 | Memorandum:備忘録
XAMPPをインストール、Apacheも起動後"http://localhost/"を指定しても想定していたXAMPP for Windows画面が表示されない。(´・ω・`)

↓表示されるのはこのページ。。


インストールしたXAMPPのバージョンは5.6.14。

んっ?と思い調べたら、http://localhost/security/lang.php?jp でセキュリティ画面にアクセスできる。とあったので試してみるも、404で画面表示されない。

んっ?そもそも、インストール先のフォルダに"\htdocs\security"フォルダがない。

ってことは、バージョン5.6.11では上記セキュリティ画面が表示できたが、5.6.14ではできない(htmlファイルがPC上にない)ということらしい。。これ以上は調べてないが。。

なので、mysqlDBというかmariaDBの設定用の画面を表示するのはXAMPPのControlPanelからPHPAdminページを起動するようにする。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

CSS3 ベンダープレフィックス

2015-11-09 18:19:02 | Memorandum:備忘録
CSSで見ても??ってならないために覚えておこう。

どーもCSS3で採用される予定の機能を動作させるために、各ベンダー毎のプレフィックスを付ける必要があるらしい。
CSS3で採用予定の機能に関しては別途、HPなり書籍で確認するとして。。

例えば、box-sizing。赤字の部分がベンダープレフィックスとなる。
↓このように記述すると、ChromeとSafari、Firefoxを対象にCSSの設定が効いてくる。
-webkit-box-sizing: border-box;
-moz-box-sizing: border-box;
box-sizing: border-box;

↑ただし、各ベンダーで採用後、逆にベンダープレフィックスが付いていると機能しなくなることがあるそうなので、ベンダープレフィックスなしも記述しておく方がよい。


◆主要ブラウザのベンダープレフィックスは以下の通り
-moz-   →Firefox
-webkit-  →Google Chrome、Safari
-o-      →Opera
-ms-    →Internet Explorer
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スピード感

2015-11-06 23:10:47 | Memorandum:備忘録
いつやるの?今でしょ。(゜Д゜)ノ

って、もう何年前ですかね、流行ったの。。(´-`).。oO
でもまさにその通り。と最近しみじみ思います。(´-`).。oO旨い事言いますな。

自分の場合、「後でやろ。」と後回しにしたことを、後からやった試しがないので、結果「出来たらいいな」程度の思いで終わったことが山のようにあるな。と。。。(´-`).。oO

"思い立ったが吉日"とばかりに、"いつやるの?今でしょ。"精神でやらないと何もせずして死ぬな。と、年を食ってからしみじみ思うのでございます。(´-`).。oO

「あとで覚えよ。」って後回しにすると結局覚えられないのですよ。(ノД`)・゜・。記憶力が悪いから何回も繰り返さないと覚えられないのに。。


何だかのメディアで、ある経営者が"スピード感"が大事。てなことを言っていたのを聞いた覚えがあります。
経営者が「後で・・ね。」とか言って着手が遅れれば、あらゆるチャンスを逃してしまう恐れもあるわけで。。

経営に限らず、これって個人の日常でも同様で、躊躇しているうちにチャンスを逃してしまうこと、あるし。(;・∀・)

解りやすいところで言えば、1個しか売っていないものを買おうかどうしようか、迷っていたら他の人が買って行ってしまった。。とか。(;・∀・)しまった。先に買われてもうた。。とっとと買うんだった。後悔。。ってなことですな。

何かにつけ後悔しないために、何かをやろうと思ったときは、"いつやるの?今でしょ。"精神で取り組んでいきたいものです。(;´∀`)後回し主義で"ん十年"生きてきたのに・・自分を変えるのは至難の業だよ。。

んで、同じやるにしてもタラタラのんびり取り組むのではなく、ちゃっちゃと進捗するように取り組みたいですな。(^▽^;)老い先、あまり長くないだろうし。。


何かをやろう!と思ったら、とりあえず動き出せ!!という自分への戒め的なお話しでした。( ̄▽ ̄)
透けるような薄さが。。(-_-;)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レスポンシブWEBデザイン。。

2015-11-06 10:00:58 | Memorandum:備忘録
作らない期間が長く、積極的に追うこともしていなかったの・・乗り損なっている。。(;・∀・)ヤバいこと、続出。。

PCからスマホまで画面サイズが多様しているので、それぞれのサイズにあった表示をする方法。

◆方法
 CSSに表示レイアウトを設定する。

◆書き方
 @media(min-width:600px) and (max-width:767px){
 .box1  {
      float:left;
      width:100%
      }
 }

◆意味
 画面サイズの幅が600px以上かつ767px以下の場合にCSSに設定した画面デザイン内容で表示される

 if文で書くと・・こんな意味合い

  if(画面サイズの幅>=600) and (画面サイズの幅<=767){
    CSSの内容で表示される
  }
  else{
    HTMLに記述した順番で表示される
  }
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寡占:かせん

2015-11-05 22:53:58 | Memorandum:備忘録
寡占って、どんな意味だ??(゜∀゜)読み方は"かせん"。

 『同一産業内で、少数の大企業が、その市場を支配している状態。』

"寡占"なんて使わないし、もっと言うと読み方も怪しい。(・´з`・)やべぇ。新聞読んでないのがもろバレだ。

"ある大企業の一人勝ち状態"ってことなのかしら・・。(;・∀・)恥ずかしい。(/ω\)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Redmine:プロジェクト管理ツール

2015-11-04 12:08:27 | Memorandum:備忘録
すみません。自分用の備忘です。。。(^▽^;)
最近の主流って何だろか?
導入したところは、今なお、使用しているのかしら・・?


チケット単位(事象単位)で進捗管理ができる管理ツール。
2007年あたりからあるらしい。

チケット単位での管理になるため、チケットの作成は最小単位で行う。
1つのチケットに複数個の工程管理対象になる事象を含めると
 ①結局、複数個の事象をそれぞれに進捗を管理しなければならなくなる
 ②その結果、いつまでたってもそのチケットの進捗ステータスが完了にならない
ってなことになるため。
これじゃ、結局、煩雑な工程管理になってしまう。。

チケット単位での管理になるので、特にIT系の開発工程管理に限らず使用することができる。
例えば、顧客からのクレーム対応の進捗管理とか。
個人でもToDoの管理とか、引っ越し時の手続き系の実施管理とか。

自分が行ったどこの現場でもExcelで工程管理(WBS)を実施している。(・´з`・)そういえば野球好きがWBCと資料に記述していたことがあったなぁ。
ツールを使用しているところには行っていないなぁ。。

もっと大掛かりになると、リリース後の不具合対応はイントラで
・発生日、事象内容、いつの開発フェーズで不具合が発生したか
・原因、なぜ不具合が発生したのかの分析
・改善策、具体的な対応策
を管理していた。
もちろん、内容に関しては上司の承認を得られない内容だとOUT(書き直し)。

redmine.jp
★★RedMineの関連記事
コメント
この記事をはてなブックマークに追加