何もない部屋

言葉や心が溢れそうな夜に、
詩や日々考えていること、たまに言いたい放題書きます。

あなたの幸せ

2016-11-12 08:18:27 | 
自分以外の誰かの幸せを
祈ることなんて
考えたこともなかった
例えば私以外の誰かでも
あなたが幸せなら
それでいいとさえ思える
そんな人だった

あなたの前では
いつでも
大きく手を広げていたかった
悲しみがやってきたら
包んであげたかった
大丈夫と言って
守ってあげたかった

でもそれは私じゃなかった
それは私にはできなかった

愛を履き違えていた
それが愛だと
あなたを苦しめていたのは
私だった

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 愛の重さ | トップ | 目と目が合うと »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。