何もない部屋

言葉や心が溢れそうな夜に、
詩や日々考えていること、たまに言いたい放題書きます。

帰りたい

2017-04-21 21:29:02 | 
青空も星空も満開の桜も
少し悲しく見える
知らない場所は
疲れたよ

帰りたい

あなたがいないのなら
どこにいたって同じ
何の意味も持たない
無機質な空間でしかない

知らない場所は
もう疲れたよ
帰りたい

「涙と笑いの境界線があったらいいのにね」って友達が笑った
私も笑ったけど、あれからまだ心から笑えていない



にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへにほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 思い出になんてできない | トップ | 明日も君を想うよ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
帰りたい (あやか)
2017-04-25 19:47:43
私が、まだ幼い子供だった頃、少し年上の友達につれられて、どこか遠くの知らない町に行ったことがあります。
だんだん、薄暗くなり淋しくなり不安になって来て、『もう、おうちに帰ろうよ。おうちに帰りたいよう』といって
泣き出したことがあります。
いまでも、その時の夢をよく見て、なにか悲しい気持ちになることがあります。おそらく、こころの底のトラウマになってるかもしれません。
真夏さんの、この詩とは、また状況や趣旨がちがうかもしれませんが、『帰りたい』という題名を見て、そんなことも思いだしました。
Unknown (真夏)
2017-04-29 19:06:51
私の詩からあやかさんの心の中の出来事を思い出して下さってありがとうございます。
不安だった記憶は潜在意識の中に残っているんですね。
忘れられる日が来ますように。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。