神楽坂で居酒屋若女将!つれづれ日誌

神楽坂・本多横町で50年続く、いざかや「甲州屋」。つたないながらも、お客さんに愛されるお店づくりに奮闘中です。

シニアワイナリーガイド

2016-09-19 16:23:09 | Weblog
連続して台風が日本に近づくので、天候不安定な連休ですね。そろそろ秋晴れを見たい
勝沼周辺はワイン用ぶどうの収穫が真っ盛りの様です。皆様頑張って〜

ワタシは甲州屋なのに山梨出身出身ではないので、そのハンデ?を埋めるべくテレビ番組で「山梨」の文字があるとなるべく見るようにしています。やっぱりお客さんから「あの番組、観た?」って聞かれる事も多いのです。

テレビ朝日の「イチから住」という番組で俳優の冨家規政さんが山梨県北杜市清里に移住体験をしていますので、毎週録画してチェックしてます。
なんと昨日の番組で、明野の中央葡萄酒ミサワワイナリーに冨家さんが見学に行ってました。



ぶどう畑の見学とテイスティングを営業の金子さんがご案内してました
フェイスブックで金子さんにコメント送ったら、本人も「いつから肩書がシニアワイナリーガイドになったのか?」と驚いてました。笑。
シニアってどういう線引きなのかしら? ワタシはヤングって付けようかな

ぶどうとワインの説明が解りやすかったので、参考になりました!今度パクらせていただきます



でもね、

この「イチから住」という番組は若い俳優やお笑い芸人が、地方に3ヶ月ほど住む様子をみるらしくて。なんか、実はあまり好きではないです。。。だから、普段はあまり観ていないです。

田舎の人はみんな親切、食が豊かで自然がいっぱいだよー!って乗せてるけど、
3ヶ月で東京に戻る事が前提なら「楽しい」だけが前面に出て当然じゃないですか。

そんなんで移住してるって言えるの? それってただの長期滞在でしょ? と思ってしまいます。

あんなに、いい人達だーって喜んでたのに、あっさりサヨナラですか?
たまにはこのまま住み続ける決心しました!ってオチはないのかな?(そりゃ無理か)


今回の北杜市編は

冨家規政さんは将来(子育て終了後)のセカンドハウスを考えていて、俳優の仕事をしながら、北杜市にも家を持つ生活を模索してる、という設定。
なので出てくる住民も大半が定年後の移住生活をしている人や、週末だけの移住生活の人達が多いので、観ていて心穏やかでいられます。ヨカッタ

冨家さん、ぜひとも酒蔵訪問もして欲しいわ
谷桜さんの前の道歩いてるの観たんですよね。テレビ見てて「あーっ!通り過ぎちゃった…」と叫んでしまったよ。。。

山梨はワインだけじゃないのよ




ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« JR飯田橋駅西口、改装中 | トップ | お線香のかわりに »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (TPP)
2016-09-22 18:48:04
毎回、更新を楽しみにしています♪
金子さんのここでいう「シニア」とは上級、上席のという意味だと思います。証券業界では「シニアアナリスト」は上級分析員的な意味になりベテランの的な・・・。
コメントありがとうございます (nanigoto3366)
2016-09-22 19:56:49
なるほど!シニアにはそちらの意味もあるんですね。ナットクです!
金子さんはお声も良いからテレビ映えしましたね〜。
これからも拙いブログですが、ご愛顧よろしくおねがします💗

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL