Pの世界  沖縄・浜松・東京・バリ

もの書き、ガムランたたき、人形遣いUME-Pの日記

今年も参加できませんが

2017年05月11日 | 家・わたくしごと

 毎年、世田谷区の羽根木公園で行われている音の森ガムランスタジオの発表会。このチラシを見るたびに、一年は本当に早いと実感します。自然豊かな羽根木公園の一角に位置する羽根木プレーパークで、ガムラン演奏が野外で行われるガムランの発表会。なかなか日本では味わえないガムラン空間です。
 しかし、このところ発表会の時期に沖縄での会議が重なって参加できないのです。沖縄の会議は大事な仕事ですから仕方がないと思うものの、どこか踏ん切りがついていない、そんな感じもしています。今年は私が所有していたバロン・バンカル(猪のバロン)を音の森に寄贈したことから、そのバロンのお披露目もあるそうです。嬉しいな。
 晴天になることを祈り、私は明日から那覇でがんばります。向こうは半袖でしょうね。今年初めての「かりゆし」が着られます。というか、お役人の皆様の多くはもう「かりゆし」でお仕事ですね。まだ結石を体にかかえたままの旅なので、それがちょっぴり不安ですが、しっかり薬は持っていきますので。
 音の森の発表会がたくさんの人々に見ていただけますように。羽根木プレーパークが木漏れ日が差し込む素敵なガムランの森になりますように。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« d'Sinnamonsを浜松で聴く | トップ | 今日で食べきりましたが… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

家・わたくしごと」カテゴリの最新記事