南華密教ブログ (なんげみっきょうぶろぐ)

南華密教を根幹に据え、風水をはじめとする中国五術、中国思想全般について、掛川掌瑛が語ります。

2017年の測局

2017年01月01日 | Weblog

西暦2017年の測局 

 世界の未来を予測するには「元・会・運・世」という四つの要素で、子平の「局式」を立て、「命理」の場合と同じように「強弱・格局・喜忌」を出し、「象意」を判断することができます。

 すると、現在の「局式」は、次のようになります。



 2014年から乙酉世に入り、世干支の甲申が乙酉に変っただけで、五行の構成が同じで、喜忌も全く同じですから、あまり変化がないように見えます。
 ところが、甲は乙を強めますが、乙はただ数が多いだけで、雑草が繁るような状態であり、新秩序の構築に対して、抵抗側は腰砕けとなり、ただ混乱するだけ、という状態になります。

 2017年は、丁酉の流年に当たります。

 丁は、庚を鍛えて強め、乙を焼いて弱めますから喜神ということになりますが、本来の目的は、乙を剪定して美しく育てることにあり、焼き払って畑にするのが目的ではありません。

 酉は、庚の根であり、喜神の庚を強めますから、当然喜神ですが、乙が焼かれてしまうので、やはりあまり効果があがりません。

 新秩序の構築は、推進側も抵抗側もちぐはぐな動きばかりで、あまり進展が見られない年と言え、世界経済も、大きな変動はないように見えます。

 流年にどの干が来ても、乙酉世の30年間は、あまり大きな変化は期待できません。

 


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 子平測局の見方  | トップ | 『般若心経は間違い?』の間... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。