南華密教ブログ (なんげみっきょうぶろぐ)

南華密教を根幹に据え、風水をはじめとする中国五術、中国思想全般について、掛川掌瑛が語ります。

太乙神数*皇極経世*奇門遁甲 起点は甲戌世の甲子年甲子月

2017年02月24日 | 五術

              太乙神数とは

 「太乙神数」という方術は、「奇門遁甲」「六壬神課」とならんで「三式」と言われるように、かなり古い時代からある術数として、名称だけは知られてきました。

 現在、運命学で言う正月、つまり一年の始まりは立春が用いられていますが、古代のある時期には、冬至が一年の始まりであったと考えられています。

「太乙神数」や「奇門遁甲」において、一年の区切りや陰陽の区切りを冬至で取っていることから、「冬至正月説」というのは非常に信憑性があり、「三式」という術数が、古くからあったことを物語るものでもあります。

 日本に「遁甲」が伝わったのは、推古天皇の時代と、『日本書紀』に書かれていますが、「太乙神数」については、ほとんど記述がありません。 

 中国では、清朝乾隆帝の時代に出た『太乙数統宗大全』など、いくらかの書籍はありますが、作盤はあるものの、それをどのように使うのか、については、あまり書かれておらず、現代でも、実際に使える人は、ほとんどいません。

                積年

 『太乙數統宗大全』(於乾隆乙卯年李自明編制)の「求太乙積年術」という項目に、「今以上元甲子距景泰二年辛未歳一千一十五萬五千三百六十七歳」とあり、景泰というのは、明の元号で、景泰二年は西暦で1451年に当たります。すると、1451年が10,155,367歳ということですから、この「上元甲子年」は、西暦紀元前10,153,917年に当たります。

 また、「大元大徳七年癸卯歳積一千零一十五万五千二百一十九年」ともあり、大徳七年は西暦1303年ですから、10,155,219年遡りますと、やはり、紀元前10,153,917年、ということになります。

 何故こんなとてつもない年数を使うのか、よく分かっていませんが、「其法自上古甲子年甲子月甲子日甲子時天正冬至」とあり、この年に一致点があったと考えられます。

 実際に計算してみると、紀元前10,153,918年12月19日(グレゴリオ暦、但し一太陽年を365・24219日に補正)が、甲子年・甲子月・甲子日・甲子時に当たり、当時の計算で、ここが一致点と考えられた可能性があります。ただし太陽年は、毎年微妙な差があり、実際に一千万年前の世界に適用できるかどうかは分かりません。中国の暦計算は、千八百年を一周期とする特殊な方法があり、その方法で一致する点を見つけ出したのかも知れません。 

 既述のように、「皇極経世」による中国の時間単位で、一番大きいものは「元」であり、一元は、129、600年間に当たります。すると、甲子元から癸亥元までの六十元は、7,776,000年で一回り、ということになります。

 すると、太乙神数の「積年」は、皇極経世の時間単位を飛び越えてしまいますが、年干支が何度でも還暦を迎えるのと同じように、元干支も二周りさせれば、「皇極経世」の元・会・運・世・年・月で、「積年」を表現することが可能になります。                  

 紀元前一〇,一五三,九一八年十二月十九日午前0時                              

 元  丙 午

 会  庚 寅

 運  甲 子 

 世  甲 戌

 年  甲 子

 月  甲 子

 日  甲 子

 時  甲 子

 すると、7,776,000年後には、全く同じ、元・会・運・世・年・月が出現します。   

紀元前2,377,918年12月29日午前0時

 元  丙 午

 会  庚 寅

 運  甲 子 

 世  甲 戌

 年  甲 子

 月  甲 子

 日  甲 子

 時  甲 子

 このころは、ようやく直立猿人(ピテカントロプス・エレクトス)が登場するころの時代に当たります。

 次の甲子元の始まりごろには、現在の人類、つまり、新人とかクロマニョン人と言われる人類の活躍する時代であり、洞窟絵画など、文化の痕跡が残されるようになります。

 紀元前45,118年12月9日

 元  甲 子

 会  丙 寅

 運  甲 子 

 世  甲 戌

 年  甲 子

 月  甲 子

 日  甲 子

 時  甲 子

実際の「太乙神数」の局数は、七十二局であり、第一局と甲子年が出会うのは、三百六十年に一回、また「五福」という要素が一巡するのに二百二十五年かかります。すると、甲戌世の最初の甲子年には、必ず第一局と、最初の五福が巡ってくることになります。

 一世は三十年間であり、甲戌世の始まりから、次の甲戌世の始まりまでは、三十×六十ですから、一八〇〇年間、ということになります。  

 一番最近の、甲戌世を探してみますと、西暦1684年の甲子年が、その始まりに当ります。

 西暦1684年寅月 

 元  甲 子

 会  庚 午

 運  甲 戌 

 世  甲 戌

 年  甲 子

 月  丙 寅

 次の甲子年第一局は、三六〇年後の、西暦二〇四四年ということになります。

一運は、十二世で、三六〇年間であり、七十二の五倍数であると同時に六十の六倍数でもあります。

 なおこれは、「年盤」の局数であり、「太乙神数」には、「年盤」の他に、「月盤」「日盤」「時盤」があり、「年盤」は陽遁のみ、「月盤」は陰遁のみ、「日盤」と「時盤」には、陽遁と」陰遁の場合があります。

  年盤=一年一局で七十二局―すべて陽遁

  月盤=一月一局で七十二局―すべて陰遁

  日盤=一日一局で七十二局―陽年は陽遁、陰年は陰遁

  時盤=一時一局で七十二局―冬至から夏至までは陽遁・夏至から冬至までは陰遁

 甲戌世の甲子年が、起点になるのは、太乙神数ばかりではなく、同じく「三式」のひとつである奇門遁甲においても、年盤の起点は、甲戌世の甲子年であり、起点は共通と言えます。

 参考までに、「皇極経世」の起点を掲げます。

 紀元前45,418年12月21日0時(冬至正月) 

 元  甲 子

 会  丙 寅

 運  甲 子 

 世  甲 子

 年  甲 子

 月  甲 子

 日  甲 子

 時  甲 子

 これも、冬至に近い甲子日になっており、「皇極経世」では、ここを、いわゆる黄帝即位の甲子年・甲子月・甲子日・甲子時と考えた可能性もあります。

 この起点は、文明の始まりの時を意味するものであり、通常、文明の始まりは、紀元前一万年ごろのメソポタミアと言われておりますが、人類が、初めて抽象的な思考や事柄を表現するようになった時代、つまり、旧石器時代末期ごろ、洞窟絵画などの文化遺産を遺すようになったこの頃を、人類文明の始まりと考えることもできます。 

           (明澄五術全集第十二巻『太乙大全』掛川掌瑛篇著)より

『太乙大全』
 
21,000(税込)

「太乙神数・命卜相講座」でテキストとして使用します。

五術・六大課の中でも、「太乙神数」は最も習得が難しく、使える人も非常に少ないことが知られております。本書では、難しかった太乙神数の作盤法を平易に説明する他、測局、命理、風水への応用法を解説します。 


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2月11日は建国記念日では... | トップ | 吉本隆明氏を追悼する "十二... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

五術」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。