山に癒されて…♪

人との付き合いは超苦手な不器用人間
ドクターストップがかかる その時まで
登れるお山に登って楽しみたい♪

天空の入り口のお山は 春香る入道ヶ岳

2017年04月20日 | 山登り 近畿 鈴鹿 御在所
2017年4月16日日曜日 ☁/☀ 鈴鹿山系 入道ヶ岳 


   堰堤駐車場からの続きです


8:30 井戸谷コースポイント1



 マムシソウの若芽  ヒメカンスゲ(姫寒菅)



小石の道が続く道脇に
マムシソウ若芽が 
まるで脱皮をするように伸びてきています

ヒメカンスケも 細い葉を惜しげもなく伸ばし 
小さな髭のような花が集まって
華やかさはなくとも 目を惹きます


山々のふもとには もう…
晩春と初夏の訪れを知らせ始めているようです



 標識



小石の道の標識を左折れに進むと 
目の前に堰堤の滝が見えてきます




8:35 堰堤の滝?




その右わきから 本格的な山道が延びています
取りつくと 急な登りとなりホッチラコ!









汗が ドバっと出てきて
休んでいた時に養った脂肪が 重い!と実感…

こりゃ~参った

この程度で しんどく感じたら… 
先が思いやられます



それにしても…何故に 病気をしても 
体重はえるのでしょう…σ(^ω^;)…




 時に緩やかに木漏れ日を浴びて…

8:39 トラロープポイント




時に急な斜面に アセアセしながら…
山ならではの感触を楽しみます




  静かな樹林帯をしばらく進むと…

8:50




沢を下に見る谷間の細道になります




 トリカブトの若芽




谷間の細道には
無数のトリカブトが春色を添えています

まだ目覚めたばかりの様で眠たそう…


登山道の縁にびっしり葉を広げるトリカブト
ふと…思う事…

毒をもつ植物は 天敵が少ないためでしょうか…
ものすごく蔓延っているように思えます…

鹿も 小動物も 
毒のある植物は避けてしまいますものね…・・・




 谷間の岩場を乗り越えて… 
 鎖場の腐葉土の緩い急斜面を登って…
 
8:56 トラバース




右岸の斜面をトラバース
崩れやすそうな 道だけど

しっかり踏み跡は ついていて… 
古いロープで注意喚起

下の沢を眺めて歩きます


程無くすると…




 谷間の斜面に…

8:58 井戸谷避難小屋




トタン張りの小さな避難小屋が見えてきます

ここは覗くことなく 通過…

道はまだ先に続きます




9:00



所々階段を作ってくれています
ここから次第に な斜面が多くなってきます

ホッチラ!ボッチラ!
少しペースダウンしながら歩きます…が





 ハコベ  ネコノメソウ  ヤマルリソウ



励ますかのように
お花たちが姿を見せてくれます



 井戸谷ポイント4

9:04




ポイント4を過ぎると 
ジグザグの急な登りとなり
に、に向きを変えて登ります



 マルバコンロンソウ  ミヤマカタバミ  ニリンソウ

9:09 ニリンソウとネコノメソウ




立て続けにお花たちに出会えて

足が止まる 止まる
 
前に進めませ~ん 





9:12


涸沢を登っていくと…


 井戸谷ポイント5  さらに登ると… 




5合目あたりまで来たのでしょうか?

ふと見上げると 小さな黄色い花がついている木々が

背高のっぽさんの木では
なんのお花かよくわかりにくかったけれど
木肌を見ていると…もしや もしやの


春らしい姿で枝の先に付いた雪洞…




アブラチャン



少し低いところに咲いている花をよく見ると
やはりアブラチャンのよう~♪


おぉ~


あたり一面アブラチャンの木々で埋まっています♪




 アセビ  シキミ  フクジュソウの果実



他にもあたたかな日差しに誘われて
目覚めていくお花たちに出会えます

そしてその足元で
早春の過ぎし姿 福寿草が
果実の付けて次の世代への準備中…


所々 まだ頑張っているお花があるようですが
お花は終わりを告げています…


また 来年…会う日まで♪




 井戸谷ポイント6

9:32 なおも続く急な坂道




再び無言となって 
地面とにらめっこしながら歩きます

すると
小さな岩の陰に…




ミノコバイモ



漸く 今年のご対面ができました

質素な感じだけど かわいらしい姿
春の趣を十分に表し 
温かな日差しに寄り添って咲いていました



さて…
ミホコバイモを見つけた喜びの余韻を
引き摺りながら進むと

あらぁ~









急に視野が開けて
あたり一面笹原となります







ここからの少しの間 急斜面の直登となり

数歩登って…また休み…
休む度に周りを見ては される…

そんな感じで登っていきます



 




笹原の落ちていく先の市街地の様子
はるか向こうに 伊勢湾が見えるはず…でしたが
空と地上は春霞という繋ぎ手で結ばれています…


振り向き 歓声
上向き 溜息
もうすぐもうすぐと 自分を励まし
笹原の斜面が緩みだすころ…








稜線の分岐に出ました♪

北の頭
入道ヶ岳山頂





アセビの向こうに頭が見えます
はよう~コイコイ ここまで来い



入道の頭が呼んでいるよう~



今までの疲れが吹っ飛びます♪



北の頭は 以前通ったイワクラ尾根からの道
今回は 迷わず に向かって進みます







アセビのトンネル 通りゃんせ♪



 9:57  



青い空と白い雲が 
何かを語りかけてきそう~

解放感たっぷりの広い稜線…
目印の鳥居を求めて
歩が速くなっていきます




鎌ヶ岳と御在所岳



はるか向こうから
御在所が声援するように覗いています

ほれほれ急げ もうすぐぞ!
入道が ない首伸ばして待ってるぞ!




解放感に包まれる広い展望
笹原の続く先に えてきます



もうすぐ♪
もうすぐ♪



風がそよぎ 山々が笑います


そして…








入道ヶ岳が 見えてきました♪



つづく





『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天空の入り口のお山は 椿神... | トップ | 天空の入り口のお山は 春霞... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (錫杖)
2017-04-20 17:30:54
ようこそ
鈴鹿入道へ

家から近いのにもう20年は歩いてないコースです。
入道の良さは展望も然ることながら山頂部の植生の良さです。 もう減退してきてるかもしれませんが

トリカブトの大群生地が昔はあったんですよ

 今日は、宇陀の桜旅でした。 お勧めいただいた温泉に入らず、併設のレストランだけの利用でした。
 宇陀の春は日本屈指の桜の里山になりますね
錫杖様 (nanekobi5963)
2017-04-21 08:02:12
おはようございます

ヒル休みに鈴鹿のお山にと思いつつも
急に暖かくなってきて
ヒルの目覚めも早そうですね

お花の多い鈴鹿のお山に行ける期間限定…
今度はどこに行けるでしょう(笑)

トリカブトの大群生地・・・ですかΣ(・□・;)
では…それも少なくなっているという事でしょうか…
自然の形が変わってきているのかしら・・・?


宇陀の桜旅ですか
素敵ですね  宇陀には千年桜をはじめとして
本当に屈指の桜里ですね
奈良にはまだまだ 無名の桜の名所が沢山あります
どこを見ても 素敵な桜の里山で 私も毎年足を運んで楽しんでいます♪
錫杖様のところでまた、桜の魅力を堪能させていただきますね♪

コメントをありがとうございます♪
Unknown (山ばか夫婦の山歩)
2017-04-21 19:29:05
ネコノメソウに会えましたか。
我々も本当はネコノメソウを期待してたのですが、
まだ、早かったみたいです。
変化に富んでいて面白そうな山ですね。
「かやと」の開けた処は気持ちよさそうですね。
山ばか夫婦の山歩様 (nanekobi5963)
2017-04-22 07:57:38
はい♪ ネコノメソウも沢山咲いていて
見事なものでした
私はハナネコノメソウも見たかったのですが
それは探せませんでした・・・

そちらとこちらではやはり気候にずれがあるのでしょうか
やはり日本は細長い・・・?(笑)

だんだん北の方にも春爛漫と
野山を飾って賑やかになるのでしょうね

これからの山歩きが楽しみになります♪

カヤトの頂は本当に気持ちがいいですね♪
とても面白いお山でした♪

コメントをありがとうございます♪

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL