「人生は『今から、ここから』はじめられる!」

2016年10月01日 | 悟る技術について

さて、前回ご紹介した男性の方から、

セミナーの翌日、メールをいただきました!!

 

その感動的な内容に、読みながら涙が流れました。

 

セミナーにご参加いただいたみなさん!

そして、ブログを読んでいただいたみなさん!


人生は、いつだって、


『今から、ここから、はじめられるんだ!』


ということを、わたしはお伝えしたい!!

 

それでは、いただいたメールをご紹介します。

 

◆  ◆  ◆  ◆  ◆


みやがわ みちこ 様


昨日は本当にありがとうございました。


みんなの前で、目の前の人を少しでも前向きに、少しでも元気に、

少しでも幸せにと願い、終わったら精魂尽き果てる(電池が切れる)程、

精一杯お話しをされている姿は本当に素晴らしかったです。



ここ何年か家を出て生活をする事も考えたりしていましたが、

毎朝ブログも拝見して、みやがわさんの研修に参加すれば

全てが好転すると確信の様なものが有りました。

実際その通りになりました。


帰りにピンクの布を買い、講習で教えて頂いた事を再現して、家に帰りました。



家の空気感が変わってました。



すぐには会話が始まったわけでは無いんですが、時が解決する、

しかも期間を短縮して仲良くなる事が確信として観えてきましたので、

不安が無くなりました。




目の前が明るくなり、今日の出勤時も電車に乗っている人が

いい人ばはりに見えて、周りの人の幸せを祈っていました。



我が家は、普通の家庭の反抗期よりもキツく、

私自信が家族の一人一人への尊重する事が全く足りず、

娘からは「お父さんの子供で無かった方が良かった」と言われてから、

10年近くまともな会話も無い状態が続いており、

息子からは「宝くじが当たったら、今まで掛けたお金を払って縁を切りたい」

とまで言われた事も有りました。



家族は3人共、人としてもまともで、人間的にも素晴らしい人だと思います。


全ては私が原因だとわかります。



今は人間関係を学ぶ為に生を受けて、仕事も営業を選んで

人との交わり方を学んでいるんだなと思います。



もう一度結婚からスタートしたら家族が大の仲良しになる自信が有ります。

一回失敗しないとわからないもんなんですね。



でもこれから挽回したら良いですし、

色々あった結果昨日寄せてもらえたんだと思います。



発表させて頂いた私のささやかな夢ですが、

将来孫が産まれたら、奥さんと娘又は息子と結婚相手と孫で集まって、

レストランで一緒に食事をしたい事です。



一般的には普通の事だと思いますが、昨日までの私にとっては凄い事でした。

今は普通にそうなると思っていますのでもう大丈夫です(o^^o)



昨日帰りがけに一人の奥さんが、私の発表を聞いて、

思いあたる事が有ったみたいで、

主人に優しくすると言っておられました。



私の体験談も誰かのお役に立つ事も有るんだなと思い、

もし宜しければブログ、講演会等でご紹介頂いても、

匿名でしたら全く構いませんので宜しくお願いします。


益々お出会いされる方の燈明になられます事をお祈りしています。

今後ともどうぞ宜しくお願いします。


◆  ◆  ◆  ◆  ◆


いかがですか~


もう、言葉では表現しきれないくらいの感動が押し寄せてきて、

わたしはメールを読みながら、自然に涙が流れました。


 

最初ご質問いただいた時、

 

「家に帰ると、妻と子供たちから、なんとなく疎外されてるように感じる」

 

という内容しか伺っていません。

 

 

娘さんや息子さんから言われていたショッキングな言葉を

なにも知らないまま、わたしはデモンストレーションをしました。

 

 

レストランの夢も、わたしは

「家族みんなでレストランを開業したい」

という夢だと勘違いしていました。

 

 

ところが、

「家族みんなでレストランで食事をすること」

が、夢だったのです。

 

 

この言葉から、この方がどのくらいご家族のことで

悩んでこられたのかが分かります。

 

それはそれは切実な悩みだったのです。

 

 

最初から全部お話を伺っていたら、

 

 

「チャラララララ~

マジックショーみたいでしょ~

 

 

なんてセリフは出なかったと思います。(たぶん・・・笑)

 

 

でもね、聞かなかったのがよかったんですよ。

余計な先入観が入らないから。

 

 

わたしが、

 

「あぁ、それは大変だぁ・・。

そっか、それは難しいだろうなぁ・・・」

 

 

と思ってデモンストレーションをしていたら、

結果はまた違っていたと思います。

 

 

「問題を問題だと認識していない」

 

 

これが、スコーンと突き抜けるのに、

とっても大事なキーワードなんです。

 

 

これを天才的にやってのけるのが、

「悟る技術」の著者、橋本陽輔さんなんです。

 

 

興味のある方は、また橋本さんのセミナーで、

直接体験していただきたいと思います。

 

 

そして、わたしがとても感動したのは、男性の方が、

 

帰りにピンクの布を買い、

講習で教えて頂いた事を再現して、

家に帰られたこと。


正直なところ、家に入る前に、ピンクの布をかけて、

しかもじゅもんを言っていただくのは、ハードルが高かったかな~。

 

ってわたしは思っていました。

 

ところが、されたんです!!

 

 

もうこの時点で、なにかが変わってますでしょ!! 

 

 

 

 今日、2回に分けてお伝えした内容は、今、みなさんに、

どーーーーーーーーーーしてもお伝えしたいメッセージが、

てんこ盛りでした。

 

 

自分で言うのもなんですが、何回も読んでいただいて、

スコーーーーーーーーンと突き抜けるきっかけにしていただけたら、嬉しいです。

 

 

『さぁ! 

今から、ここから

はじめよう!』

    

   by  なんでも仙人



 

 なんでも仙人セミナー情報 

 

 

 

 ★10月24日(月) 東京

 


 

『福来たる! 福飛ばす! cao&みやがわみちこ ワクワクコラボセミナー』

 

 

 


 

詳しい内容は こちら。

 


お申込みは こくちーず  (※ 満員御礼になりました)

 

 

 

 

 

 

 



★10月29日(土) 11月19日(土) 滋賀県長浜市


「ポーセラーツ&なんでも仙人セッションでエレガントに楽しもう♪2回連続講座」


詳しくは こちら。


お申込みは こちら。

 

 

 

 

 

11月13日(日)名古屋

 

 

 

「第2回 個性心理學&なんでも仙人スペシャルコラボセミナー 

 

    ~ 欠点を楽しもう♪ ~ 」

 

  

 

詳しい内容は こちら。 

 

お申込みは こくちーず 

または、

個性心理學研究所 名古屋支所 chara3mr@leaf.ocn.ne.jp まで。

 

 

 

 

 

 


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ご質問②「家に帰ると、妻と子... | トップ | 微笑ましいひとコマ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
わあっ⤴ (ゆるりんりん)
2016-10-01 21:46:19
この男性の方、
心からおめでとうございます!
気がつかないまま、
そのままずうっと生きていく人だっているのに、
ピンクの布まで手に入れられて!
そういうお父さんも存在すること、
わたしにとっては救いです。
ありがとうございます^^
(^-^) (みやがわみちこ)
2016-10-02 00:32:53
ゆるりんりん様

嬉しいコメントをいただき、ありがとうございます(^-^)

ホントですね~。

ご質問いただいた方の体験を通して、
たくさんの方が「可能性の扉」を開くことが
できたと思います。

嬉しくて涙が出ます。

まさかのビックリ! (さやか)
2016-10-02 01:08:43
あの穏やかで優しい雰囲気の男性がまさか家族とレストランに行けなくて悩まれているなんて私も読んでビックリでした!
(いろいろ勉強されて家庭や職場でも幸せにお過ごしだからこんな雰囲気をお持ちなんだろうなーと思ったくらいでした)

仙人なら「この者の寂しさ、それは辛かったことじゃろうな〜」(深い沈黙)って言われるんじゃないかしら。

ほんとよかったですねっ(≧∇≦)
電車の中の人たちまで幸せに見えちゃった心の変化を一緒に喜べてうれしいです。
シェア、ありがとうございました!
(^-^) (みやがわみちこ)
2016-10-02 07:26:16
さやか様

先日はセミナーにご参加いただきありがとうございました。

そして、男性の方の変化を一緒に喜んでいただいて、
心から嬉しく思います。

みんなの心がひとつにつながる感覚を感じました。

ご質問いただいた男性にも、見守っていただいた
参加者のみなさまにも、感謝の気持ちでいっぱいです。

コメントを投稿

悟る技術について」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。