なんでも仙人のメッセージ「変化するこわさを手放すには」

2017年03月21日 | メッセージ

 

「なんでも仙人サイト」の今週の言葉は、


「変化するこわさを手放すには」

 

です。

 

必要な方、ぜひご覧くださいませ~。

 

 

わたしは先週の言葉、


「うらやましいと思う自分がいても いいんじゃよ~」

 

が大好きです。

 

こちらもよかったらご覧くださいませ~。

 

 

心をゆるめてあげると、視野が広がりますよ~。

 

 

 

 なんでも仙人セミナー情報 

  

★2017年3月25日(土)  九州 

 

「福来る!福飛ばす! cao&みやがわみちこワクワクセミナーin福岡」

 

   お申込みは終了しました

  

 

 ★3月24日(金) 九州 博多駅付近のお店

 

「cao&みやがわみちこ夕食座談会」18時~20時30分

  

   お申込みは終了しました。



 ★2017年5月28日「きれい・ねっと感謝祭2017」 京都

 

詳しい内容は  こちら。

 

お申込みは  こちら。

  

   

 カナヘイうさぎ はじめてお読みいただいた方へ カナヘイうさぎ

 

日々の生活の中で、

 

●悩んだ時 ●迷った時 ●元気がない時 ●背中を押してほしい時

●慈愛のエネルギーを感じたい時 ●自分にOKを出したい時
●ほっこりしたい時 ●ゆるみたい時 ●前に進みたい時

●新たな扉を開きたカナヘイうさぎい時 


などにご覧いただけましたら嬉しく思います。

  

なんでも仙人のメッセージが詰まった「なんでも仙人サイト」 

 

 なんでも仙人の公認サイト

 

よろしければお楽しみくださいませ

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミラクルはまだまだ続く!「は... | トップ | セミナーのご報告メールが届... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
早速実践してみました (よつば)
2017-03-21 21:22:15
はじめまして。
いろんなことで悩んで、いつも悩んで、自分の存在自体に意味がないように思えて、さらには存在が罪なんだとまで思うようになって、そんなにっちもさっちもいかないとき、巡り合ったのがこのブログであり、なんでも仙人さまでありました。
息子が前期大学受験に不合格、今まで明るくて甘えん坊の息子に、突然の拒否の壁、なんの言葉をかけても、拒否の壁。どうしたらいいか、涙が出るほどの日々を過ごしていました。

そんなとき、このブログに出会い、みやがわさんの本を読ませていただきました。涙が出ました。私はこのままで一生懸命やっていたということを認めていただいてうれしかった。

そして、息子については、「放っておく」と「信頼する」を実践しました、パンの生地を寝かせるように、きっと、その時が来るからと、信じました。
そしたら、奇跡が起きたのです。後期の発表の前日、「合格していたとしても、浪人してもいいですか」と、息子からの言葉、そうか、息子も一生懸命考えていたんだ。どれだけ、この答えを出すまで苦しかったことだろう。何も言わず、放っておいて、そして、自分の生き方を一生懸命考えて答えを出した息子を信じて待っていてよかったと。

その告白後、また息子は、明るくなりました。ちょっと親離れしたような気もします。

「信頼して放っておく」こと「私の行動は最善の愛である」こと。

これからも、悩んでいる自分をいとおしいと思いながら一生懸命考えながら、のほほんと過ごしていきたいです

これからも、仙人さまのお言葉楽しみにしています

また、奇跡メールいたします
嬉しくて涙が出ました。 (みやがわみちこ)
2017-03-22 21:57:49
よつば様

外出が続いていて、お返事遅くなりました。

コメント読ませていただき心がふるえました。

わたしも昨年、息子が大学受験で精神的に
追い詰められ、人格が変わってしまったような
状態になりました。

よつば様のお苦しいお気持ちが、
わたしには痛いほど分かります。

息子さんが決められたこと、その決断を
お母さんに伝えることができて、
本当によかったですね。(涙)


よつば様が息子さんを信頼し、
見守ってこられた姿が、


>自分の生き方を一生懸命考えて答えを出した息子を信じて待っていてよかったと。


この言葉に集約されていると感じました。(涙)

よつば様と息子さんを陰ながら応援しています。
大丈夫 (タケ)
2017-03-23 14:26:25
私の知り合いで大丈夫という言葉はしっくりこないという人がいます。母子家庭で育った彼女はいつもおばあちゃんに預けられて、学校に行けば虐めにあい、いつも大丈夫だから、という言葉をかけられてきたそうです。寂しくても、悔しくても、何が大丈夫なんだか、連日続く虐めや母親のいない時間に辛い思いをしてきた彼女の気持ちを知ると、大丈夫という言葉に救われない人もいるんだと気づきました。今でも幼少期の事がトラウマになっている所がある彼女にどんな癒しの、励ましの言葉がいいのか考えてしまいます。どうしたらよいのでしょうか?
それは・・・ (みやがわみちこ)
2017-03-23 23:01:11
タケ様

今すぐ具体的な対策が必要な方に、
「大丈夫」とだけ伝えても、そりゃ、
響かないでしょね。

自分がその人の立場だったら、
どんな言葉をかけてほしいですか?





変化することへの怖さとは (まゆママ)
2017-03-24 23:00:00
この変化することへの怖さというメッセージが
とても心に響いて、何度も読みましたが、
とても深ーくて、そうか!とピンとこないのです…
シンプルに捉えたらいいのでしょうけど、
難しいです。
変化することへの怖れを手放したいと思っても、それが難しくて悩んでいる自分。
でもその難しくて出来ないでいることを解消したいと思っている。
でも、周りから責められるのが怖い、
変わろうとしても現実難しいことが多い、
現実ばかり、目先のことばかり見ていないと責められる気がしてしまい、
せっかく変わろうとしてる自分(心の声を聴こうとしてる自分)を
また蔑ろにしてしまいそうな自分がいて、
彷徨い、戦ってる状態です。
自分と相手にとって、魂の成長になるのか?とは、全体に影響するというような、大きな視点から捉えた方が良い答えなのでしょうか?
すごく身近に、現実にがんじがらめに縛られ苦しんでる人がいて、影響を受けてしまうことが多く、
自分が心のままに生きたくても、
自分ばかりが自由になっていいものか、と、つまづく事が多くあります。
相手に責められても、私が自分らしく自由に生きることを貫くことが、
自分も相手も全てにおいて成長するという答えなのでしょうか?

質問が抽象的ですみません…
お返事遅くなりました (みやがわみちこ)
2017-03-27 11:00:38
まゆママさま

3日間留守にしていまして、お返事遅くなりました。

>自分と相手にとって、魂の成長になるのか?
>とは、全体に影響するというような、
>大きな視点から捉えた方が良い答えなのでしょうか?

そうですね
もう少し詳しくブログに書きたいと思います。

普段はコメント欄のご質問は受け付けていないのですが、
必要とされておられる方が他にもおられそう
なので、改めてブログにアップしますね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。