ブログ de なんで屋 @東京

みんなで「これからの社会」を考えるために、『場』と『認識』を提供する社会事業です。

お待たせしました!GT11販売開始です!

2011-06-25 15:05:19 | テレビの共認支配を暴く!

皆様、お待たせしました!

GT11『原発問題から次代のエネルギーを考える』《上巻》がついに出来上がり、6月18日から販売を開始しました 

 

 「私たち自身が当事者として社会を作っていく時代」

~GT11巻頭言より抜粋

現在は、福島原発の現状もはっきりしない中、事故を収束させる道筋も見えず、放射能被曝による危険性だけが日々蓄積されていっているという状態です。

 

 過去からの原発推進の流れ、また福島原発事故後の対応からも分かるように、政府、官僚、マスコミから答えが出てくることはないでしょう。ですから、私たち自身が社会を作っていく当事者となり、私たち自身の手で社会を動かす必要があります。そのためには、マスコミの報道に流され続けるのではなく、また単に政府や電力会社への批判だけで終わるのではなく、事実を追求し、どうするのかを考えなければなりません。

 

 みんなが当事者として原発問題やエネルギー問題を考えるために、GRAND THEORY「原発問題から次代のエネルギーを考える」を発刊します。今回のGRAND THEORYでは、環境問題やエネルギー問題を扱うブログ「自然の摂理から環境を考える」の追求結果を基礎として、原子力発電所の原理と構造を押さえなおし、その上で原発の限界と危険性を踏まえ、次代のエネルギーシステムがどうあるべきかを考えます。

 

  それでは、販売開始したGT11《上巻》と、近日販売予定の《下巻》の内容(目次)を紹介します

 

 

 《上巻》

第1章 原子力発電所の仕組み

1.原発はどのようにして電気を作り出しているのか?

2.核分裂反応とは?

・    原子核の構造

・    原子力発電の燃料

・    核分裂の連鎖反応

3.原子炉の構造

・    原子炉の種類

・    原子炉内の主要機器とその役割

・    核燃料集合体とペレット

・    核分裂連鎖反応のコントロール

4.発電に伴うゴミ=“放射性”生成物

・     核燃料の濃縮段階で発生する廃棄物

・     核分裂後に残る放射性廃棄物

・     ヨウ素やセシウム、プルトニウムなどの生成過程

・     “水”も放射性物質に変わってしまう

5.原子力は人類が扱える技術なのか?

 

第2章 放射能と被曝

1.放射能とはなにか?

・    放射線はどのようにして飛び出してくるのか?

・    放射線と放射性物質は分けて考える必要がある

2.膨大な原子の集まりが、空気中に拡散し、放射線を発していく現象

・    原子炉の中には、膨大な放射性物質(核分裂生成物)が溜められている

・    無数の原子が放射線を出して別物質に変化していくスピード

・    無数の原子からなる塵状の時限爆弾が、風に乗って運ばれていく

3.運ばれてきた放射性物質は2つの作用を及ぼす

・    人体の外からやってくる放射線(外部被曝)

・     人体に入ってから放出される放射線(内部被曝)

4.放射線種別と人体への影響

・    放射線の種類と影響度

・    人工放射線の危険性

・    なぜウランやプルトニウムは猛毒だと言われるのか?

・    ミクロな世界で起こる放射線被曝 

  

第3章 廃棄物は処理できるのか?

1.原発から発生する廃棄物は、そもそもどうしているのか?

・    発電後の廃棄物は増え続け、数万年の間放射線を出し続ける

・    放射性廃棄物の「埋設処分」は、決して安全な処分方法ではない

2.再処理では、廃棄物問題は解決されない

・    再処理しても、放射性廃棄物は残り続ける

・    高速増殖炉燃料サイクルは、全く実現していない

・    苦し紛れの再処理計画がプルサーマル計画

・    放射性廃棄物が増え続けているという根本問題が、全く解決していない

3.原発が閉塞空間を増やし続け、社会活力を衰弱させる

・    原子力発電によって、隔離された閉塞空間が地球上に増え続ける

・    原子力発電によるエネルギー供給の背後で、社会活力の衰弱が進行する

・    今後のエネルギーを考えるために

 

 

《下巻》 近日中に発売予定

 

第4章 福島原発の現状とこれから

1.福島原発は爆発してもしなくても危険

2.放射性物質はどう飛散するのか

3.放射線からどう身を守るか

 

第5章 原発は必要なのか

1.世界の原発建設

2.原子力を推進してきた日本の「原子力ムラ」

3.原発がなくても電力はまかなえる 

 

第6章 次代のエネルギーシステムに向けて

1.誰もが当事者として社会を動かす

2.次代の新資源・新エネルギー

3.地域分散型エネルギーシステム

4.社会活力の再生

 

GT(グランド・セオリー)は、現在各なんでや露店にて好評販売中です

ネット(コチラ)でもお買い求めできますが、 このGT11については、《下巻》が出てから合作版として販売を開始する予定としています。

なので、皆様是非なんでや露店に足を運んでいただいて、GT11をお買い求めください。そして、店主に聞きたい内容をぶつけて、スッキリしちゃってください! 

 

 認識の土台=るいネット、ネットサロン

 

原発問題についても、関心を持って本やネットで調べたり、それを基に考えたりしている人が増えています。でも、一人では限界があって、調べれば調べるほど混乱したり、行き詰まっている人がほとんどです。みんなで集まって勉強する場があれば、もっと深く追求できるし、答えにも近づけて、楽しいのは間違いありません。

僕たちは、その場として、『るいネット』、『ネットサロン』という場を用意しています

『るいネット』リンク  新しい認識の必要性に気付き、それを広める活動に賛同した人々によって形成されるサイトです。 

『ネットサロン』リンク   『るいネット』の優秀な投稿者を導き役として、新認識に親しみ、理解を深めていただく学習の場を用意しています。認識仲間と共に考えながら、本格的な社会統合のために必要とされる統合サイト『るいネット』への投稿も行っていきます。

当事者になって答えを探してみませんか? 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 売れてますグランドセオリー11「... | トップ | 【6/21~6/27】放射線ウィークリー »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kuromusi)
2011-06-25 22:39:19
原発グラセオついに出ましたね~(^▽^;)
原発についてしっかりと事実を知り、自分たちではっきり「NO!」と言える国民になりましょう(^o^)o
Unknown (mosimobox)
2011-06-25 22:49:44
原発GTついに出たんですね
未だに収束しない状況と、そんな危機的状況においても事実を発信しないマスコミに、「もはやこの国は国民の生命すら守れない」と確信しました

GTを読んでしっかり課題を認識し、みんなで考える社会を実現していきたいです

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
6月22日JR大阪北露店 お題「話上手になるには」を深める (ルポルタージュなんで屋PROJECT.4 THE MOVIE)
 今週水曜日夜の、たけむらチーム露店は、「JR大阪駅ノースゲートビルディング横工事現場入り口前」で露店をやってみました。JR大阪駅周辺は今、建設ラッシュです。GWに大阪駅がバカでかくなり、さらに梅田貨物駅ヤード跡地にさらにまだ2~3棟建てるつもりで、今急ピッ...