だっぺ天国

茨城出身の為このタイトルに...。夕食レシピやガーデニング、日々あったことを書いてます。楽しめてくれたら幸いです。

なんちゃって日常の豆知識~新鮮なエビの選び方~

2007年02月09日 | 日常の豆知識
お魚を買うとき、新鮮なものを選ぶときは“魚の目”をみて、きれいに澄んでいるものを選ぶのは多くの方々が知っていることですよね。
では、頭の部分がない切り身の魚やエビ、イカ、タコって新鮮なものを選ぶのって難しい...。
選び方もハッキリ解らない人も少なくないと思います。
ちょっとしたマメ知識をお知らせします。

【新鮮なエビの選び方】
エビは全体が透明なものが新鮮です。
エビが古くなると、頭の部分しっぽの部分黒くなってきます。
また、エビの足の部分が黒くなってきているのは古くなってきている証拠です。
ブラックタイガーのエビの場合も、黒ずみが濃いのは古くなっている証拠です。(やけに水っぽいのも新鮮ではないですよ。)

エビは空気に触れたり、乾燥を嫌います。
冷凍する場合は
入れ物(タッパ類)に水を入れ、その中にエビを入れ、水と一緒に冷凍すればエビの味が落ちないで新鮮なエビをたべることが出来ます。これは冷凍庫で約1ヶ月ぐらいは保ちますよ。
解凍するときは、ぬるま湯などで解凍してみてください。

エビを冷凍、解凍を繰り返していると、だんだんと白くなってきてしまいます。これは味が落ちるだけではなく、水っぽくなってしまいます。

余談ですが...
【マグロのお刺身の新鮮な見分け方】
ドリップが出ていないものを選びます。
ツヤがあり、きれいな赤色なものが新鮮な証拠。マグロは時間が経つと黒ずんできてしまいます。

【イカの新鮮な見分け方】
イカは全体がなるべく白くなっていないものを選びます。
でもイカの目の下に黒い点々が多くあるものは古くなっている証拠です。これは見逃してしまう人が多いので、ちゃんとチェックした方がいいですよ。

【タコの新鮮な選び方】
タコも黒ずんでいるものは古い証拠です。
タコの吸盤がしっかりしているものを選ぶのも新鮮な証拠です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 好きな鍋は? | トップ | 温野菜のサラダ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日常の豆知識」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
お歳暮 海老【お歳暮商品のよくある質問】 (全国お取り寄せ通販サミット)
【質問!】お歳暮 海老 お歳暮 海老 【答え!】「」 www.jf-fukae.com/ www.ebiebi.com/ 奄美大島のエビ(養殖) www.yuuransen.com/ 天然伊勢海老 楽天で伊勢海老を探す detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1451643084 伊勢海老を贈られることに関する知...