にほん民族解放戦線^o^

米帝→官邸→マスコミの洗脳による植民地状態からの脱却を考えてみるブログ♪主権を取り戻し、日本の未来を考えよう。

「消費は美徳」の時代は終焉し「過剰消費はアホだ」という時代へ

2015年11月04日 | 雅無乱日記


消費による充足から生産による充足へ 内田樹と宮崎駿、かく語りき

ちょっとおもしろかった。

続きを読む前にクリックで応援おねがい!

 ブログランキング・人気ブログランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 政治ブログへ

http://twitter.com/cotecan

    

     ↑ ついったー


孫引き「内田樹の研究室」
http://blog.tatsuru.com/2008/12/06_0911.php

「人はその消費生活を通じて自己実現する」という80年代から私たちの社会を支配していたイデオロギーは少なくとも20歳の女性たちの間では急速に力を失いつつある。(中略)

メディアはあらゆる機会に(コンテンツを通じて、CMを通じて)視聴者に「もっともっと金を使え」というメッセージを送り届け、その一方で非正規労働者や失職者がどれほど絶望的な状況であるかをうるさくアナウンスして「消費行動が自由にできないと人間はこんなに不幸になるんですよ」と視聴者を脅しつけている。
(中略)

けれども、若い女性たちはそろそろこのイデオロギーの瀰漫に対しての「嫌厭感」を持ち始めている。

彼女たちは「自分より豊かな人たち」に向かって「あなたの持っているものを私に与えよ」と言うのを止めて、「私より貧しい人たち」に「私は何を与えることができるか」を問う方向にシフトしている。


ものすごい変化である。私が学生の頃なんて、過剰消費を謳歌していた女性たちはワンレンボディコンで街を闊歩していた(歳がバレる…^^;)。ところが、今の学生に聞いてみると、「合コンって何?そんなのやったことない…」。

スーツの上下で20万、靴は8万…なんて着てるもの自慢してた知人がいたが、今そんな事してたらみんなから「アホか?」と思われるだけである。酒呑んでバカ騒ぎして楽しかったのは、旧世代まで。今は、そんなヒマがあったら、もっと誰かの役に立つ事がしたい、or何かの役に立つような勉強がしたい!…って意識が主流を占めている。

アメリカ発の金融危機が日本を襲った。当時マスコミは、「内定取り消し」「解雇」「派遣斬り」などを連日大きく報道して人々の不安を煽っていた。

トヨタのお膝元の名古屋は、今回のアメリカの自動車消費の大幅な冷え込みの直撃を受け、急速に失業者が増えていっているようだが、いかにアメリカの過剰消費に依存していたか、というのが逆に浮き彫りになった。

私が学生の頃なんて、かっこいいスポーツカーがモテるための必須アイテムだったりしたこともあるのだが…。しかし、車以外も、もうそれほど欲しいと思えるモノは無くなった。

何よりも、金融危機の震源地であるアメリカの、稼げる以上にローンを組みまくって何かに取り付かれたかのように過剰消費しまくってるのは単なる「アホ」だ…環境破壊の元凶・世界の迷惑だ…あんなライフスタイルを日本人は真似する必要はない…ということに人々は既に気付いている。

人々の潜在意識の上では確実に市場は縮小に向って動き始めたのである。

これが意味するところは、「モノをつくって売る」という事で稼ぐ「仕事」がそろそろ終焉を迎えつつあり、これが大量の解雇・リストラとして近々日本を襲うという事である。

ところが、それでは困るモノ世界で儲けたいシステム(人々)は、市場の縮小など許してはくれない。マスコミで、CMで、無理矢理煽って「消費は美徳だ、もっと拡大しろ〜」の大合唱。

ところが時代の状況は一変した。

http://www.news.janjan.jp/world/0810/0810159463/1.phpより

アメリカが消費大国として君臨し続けた戦後の世界経済の中では、「消費は美徳」という言葉を信じることができた。だが、その経済構造は崩壊しようとしている。完全な崩壊までには、しばらく時間がかかるだろうが、榊原英資氏が指摘するように、「ドル支配の終焉の始まり」が起きているのだといえる。これは、「消費は美徳」という環境問題から考えれば、見当違いの信念で支えられてきた世界構造の終焉でもある。


「過剰消費」を煽るデンパに洗脳されてほんとに消費が拡大した時期もあったが、今やそれも限界。ついに、マスコミに踊らされた「消費」なるものに、まったく充足感を抱けない層が多数派を占めるようになったのである。それが、内田樹氏が指摘している人々だ。

そんな人々は逆に、エゲつないシステムの上に乗っかって自分だけ甘い汁を吸う、なんていう自分は許せなくなり、「世の中のために自分は何ができるのか」と問うようになる。


こういう人々の画期的な意識の変化は、残念ながらまだ直接には活力に結びついていない。「世の中のために自分は何ができる?」と探索する意識は確実に存在するが、既存の市場システム・働き方の中では、答えが簡単には見つからないのだ。

ここらへんに答えを出していく、つまり、モノに代わる新しい価値を創造する「新しい役割=仕事」を創出するというのが、次に期待されていることなんではないか、という気がしている。



ブログランキング ドット ネット人気ブログランキング - 路上日記@なんで屋

 

以下 http://blogos.com/article/142842/ 北野武氏より引用

今の人類が置かれた立場を考えれば、むしろ夢をかなえようなんてことより、清貧の方が大事なんじゃないの、と思う。

 人間がじゃんじゃんエネルギーを消費して、地球の平均気温がじわじわ上がって、近頃は異常気象が当たり前になってしまった。5月に台風が来たり、気温が30度を超えたりしても、今じゃ誰もたいして驚かない。

 東日本大震災のときは、節電しないと夏を越せないとかいって、東京の夜は暗くなった。自動販売機が電気の無駄遣いだと目の敵にされた。昔の夜が戻ってきたみたいで、こういうのもいいなあなんて思っていたけれど、しばらくしたらまた元通りのピカピカな夜が戻ってきた。節電なんて言葉もどこかへ行ってしまったみたいだ。

 だけど、地球上で起きている問題の大半は、人間があまりにもエネルギーだの資源だの食糧だのを無駄遣いしているから起きているという事実は変わらない。中国の14億人が、アメリカ人と同じくらいエネルギーを消費するようになったら、地球は保たないなんていわれている。

 このままではどう考えたって文明は破綻する。現代人は今すぐにもライフスタイルを改めなくてはいけないはずなのに、その話はいっこうに進まない。節電や節約くらいで、この問題が解決するとは思えないけれど、それでも解決に向けた最初の一歩にはなる。
それは誰もがわかっているはずなのに、そういうことにはあまり真剣にならない。節電だの節約だのは、結局のところ経済活動のマイナスになるからだ。

 

『イベント』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映像の情報過多は共感能力の発達... | トップ | 欧米発の世論操作に“有効に再利... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ななし)
2008-12-19 17:56:24
まあ企業も家計も政府も金を使わなくなればその国の経済は縮小→破綻に向かうんですけどねw
単に若年層が消費しなくなったのは不安定な雇用と増えない賃金のせいだと思いますけどね。
新自由主義者側の擁護とも取れるんですよね〜。
これまで日本は米国の過剰な個人消費に頼って持ちこたえて来ましたが、今度の危機でそうは行かなくなりましたね。
地下資源に限界があるように個人消費=浪費も青天井じゃあありませんから、どこかでライフスタイルの転換点を作る必要があるんですがね。
おもしろい (元田裕次)
2008-12-20 23:52:21
はじめてお邪魔しました。
いや、一気に読みとてもおもしろく考えさせられました。
食の話には農業者としてとても共感しました。
今後も楽しみに見させていただきます。
「時代の精神」の映画  (Unknown)
2008-12-26 20:01:00
9.11の真実のサイトを運営しています、服部です。
http://nvc.halsnet.com/jhattori/green-net/911terror/nyterror.htm

なんで屋露天、面白いですね。(^_^;)
 さてNGOや国連の良心をもつ人々も支援する、この「時代の精神」の映画もご覧ください。
 幅広く、世界の本当の真実を見せてくれています。
もうご存知かもしれませんが。(^_^;)
http://nvc.halsnet.com/jhattori/Zeitgeist/

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
消費による充足から生産による充足へ 内田樹と宮崎駿、かく語りき (路上で世直し なんで屋【関西】)
若い女性を中心に「(物的)消費によって充足する」生活に対する嫌悪感が生まれているそうだ。確かに、自身の周りを見渡してみても、消費の多寡を巡って充足度が決まる意識は急速に薄れつつある。 この「消費への意識」について、内田樹氏と宮崎駿氏が(たまたま)同時期...
金融破綻のその先の光 (超大学生の追究日誌)
昨日はネットサロンに参加して、ものすごく認識に長けた自営業の方(♂29歳)と、大人3人に「公定歩合」の意味を教えてくれた高校1年生(!・♂)と、この金融危機の時に株に手を出して(「底を着く今が買い」の煽り文句に騙された)大損をこいたという方(30代♀)を迎え...
沖縄を中国にプレゼントせよ! 一国二制度の導入を徹底支持! (自由進歩マガジン、『青旗』!   『Art&Blue-Liberalism』のBlog)
 クリスマス・シーズンといえばプレゼント(贈呈)。   今年の日本から中国へのプレゼント、つまり沖縄を中国と一緒に統括するという、沖縄への日本と中国の『一国二制度の導入』を促すのです。   今年は、中国経済が低迷気味です。 そこで、今まで経済好景気を謳...
責任回避の経済界と自公政権 (関係性)
 中小企業のオヤジ連中と顔を会わせると、皆ひまでイライラし、銀行員に勘ぐられまいと遠くを眺めている風情である。全く注文がなくなり、見えない将来を見ようとするが見えっこないことを承知の浮かなさである。  “手の打ちようがないよ”  “この不景気、相手が悪す...
大切なのは持続可能なエネルギー社会システムに気付くこと! (本当のことが知りたい! そして日本の未来を語りたい)
 このblogの大きなテーマの一つがエネルギー問題です。 日本は残念ながら化石燃料資源には恵まれていません。 そのために外国から石油・天然ガス・石炭等を輸入し続けなければ現在の生活水準を維持することが出来ないと考えられています。 僕自身の考え方は、過去記事...
『大波乱の経済を振り返る☆』vol.6 共認原理への転換 (ブログ de なんで屋 @東京)
『大波乱の経済を振り返る☆』シリーズも最終回となりました。 2008年は、異常なまでの原油高騰と下落、株価の大暴落など、世界経済が大きく変動し、1929年以来の世界大恐慌とも言われています。 しかし、その本質は「『大波乱の経済を振り返る☆』vol.5 本質に迫る...
消費の時代の終わりとこれから・・ (メンへラーによる現代社会考察)
「消費は美徳」の時代は終焉し「過剰消費はアホだ」という時代へ 過剰消費を煽るデンパに洗脳されてほんとに消費が拡大した時期もあったが、今やそれも限界。ついに、マスコミに踊らされた「消費」なるものに、まったく充足感を抱けない層が多数派を占めるようになったの...
ブログ再スタート!〜なんで屋@名古屋の近況報告〜 (★なんで屋@名古屋にゅ〜す★)
みなさんこんにちは。なんで屋@名古屋店主の松川です。 ブログを更新するのは1年数ヶ月ぶりですが、いちおうその間も地道に活動してきました。 なんで屋の活動は、社会を良くするための認識を生産しそれを広めること。 やはり発信しないのはもったいない! というこ...