にほん民族解放戦線^o^

米帝→官邸→マスコミの洗脳による植民地状態からの脱却を考えてみるブログ♪主権を取り戻し、日本の未来を考えよう。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【世界同時食糧危機(1) アメリカ頼みの“食”が破綻する】おすすめ!

2008年10月21日 | 雅無乱日記
今回は、今日(2008年10月21日。正確には10月22日)の深夜O時55分から放送される、NHKスペシャル【世界同時食糧危機(1) アメリカ頼みの“食”が破綻する】を紹介したい。

続きを読む前にクリックで応援おねがい!
    ↓         ↓         ↓
にほんブログ村 ニュースブログへ ブログランキング・人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

NHKドキュメンタリーHPより

今年、世界各地で同時多発的に食糧危機が起きている。危機は貧困層だけでなく中間層まで広がっている。日本でも食品の値上げが相次ぎ、えさ代の高騰で畜産業などには深刻な影響が出ている。なぜこんなことになったのか。その実態と原因を見ていくと、戦後世界に広がった「アメリカ中心の食糧供給システム」が破綻の危機にあることに行き当たる。

戦後アメリカ中西部の穀倉地帯の農家たちは余剰穀物の輸出を強力に推し進めてきた。そうしたアメリカの国益の先兵として、穀物メジャーは政府に貿易障壁の撤廃を働きかける一方、日本をはじめ世界各地の国々に対し、安価なアメリカ産穀物を大量に消費する食生活や農業の普及を働きかけた。

一方各国では食の「アメリカ依存」を進めた結果、食糧自給率が低下。そのつけが今、一気に押し寄せているのだ。

食糧自給率を40パーセントにまで下げた日本、肉食の進行などで穀物輸入国に転落しつつある中国、世界でも食糧危機が最も深刻な中米エルサルバドルなど、食糧危機に直面している各国の現状、そして穀物メジャーやアメリカの農家の側の思惑などを多角的に取材。危機の本質を明らかにしていく。


これまで、アメリカは戦略物資として食料を用い、日本をはじめ世界中を侵略している…、という話をたびたびこのブログにもアップしてきた。


☆アメリカにとっては、世界的な食糧高騰も飢餓も新たなビジネスチャンスでしかない
☆TBSもアメリカによる食糧支配に斬りこんだ?
☆穀物の価格が上がってるのはなんで?
☆狂牛丼復活考:日本人の食生活の破壊は、アメリカの国家戦略

★貧困と飢餓が起こる真の原因構造(世銀が貧困と飢餓を拡大させた)



この問題を、TVがここまで正面から扱うとは思っていなかった。

NHKえらい。実によく取材している。

世界的な金融システム崩壊が目前に迫る現在、次にすぐ問題になるのは食糧である。その意味で、この番組は絶対に見ておくべきやで、みなさん!


★追記10/22 AM2:見逃してしまった方に朗報!
さっそくYOUTUBEでアップされている!
http://jp.youtube.com/watch?v=-BdpayaTRII&feature=related(1/9)
ここにまとめサイトあり
(1)http://ameblo.jp/warm-heart/entry-10153152064.html
(2)http://ameblo.jp/warm-heart/entry-10153946609.html
ぜひ見るべし!

アメリカ発で金融破綻が始まり、それまで高圧的に他国に言うことを聞かせてきた力の源泉が今、完全に失われようとしている。既に、これまでのようなアメリカの「他の国の連中が飢えようがどうなろうが知ったことか。自国さえ儲かればええねん」というスタンスは、世界中からバッシングの嵐にさらされていくことになるだろう。

景気はどうなる?社会秩序はどうなる?と不安に怯えている人も多いかもしれないが、むしろ今までの方が時代は暗黒だった。帝国アメリカがコケることで、ちょっとはマシな時代になっていくのではないか…、と私は楽観的に捉えている。

NHKは、次は、世銀やIMFの欺瞞や暴虐を暴くドキュメンタリーをぜひ制作してほしい。


ブログランキング ドット ネット人気ブログランキング - 路上日記@なんで屋
『テレビ』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 食糧問題:リンク集(動画&... | トップ | 食糧バブルはなぜ起こりなぜ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

雅無乱日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

12 トラックバック

【食料問題】  なぜ、食料自給率が低いのか? キーワードは「1・8・15」 (本当のことが知りたい! そして日本の未来を語りたい)
 穀物の高騰で、自給率が低いことが問題とされていますが、僕がたまにお邪魔するM&Sに参考になる記事が載ったので転載させて頂きます。
NHKの「世界食糧危機」の感想など (代替案)
 先週の金曜日と日曜日の二回にわたって放送されたNHKスペシャルの「世界同時食糧危機」、すばらしい内容でした。何が良かったって、中米のエルサルバドルを事例に、自由貿易が飢餓の原因となったことを取材を通して論証していたことでした。その図式は以下の通りです。 ...
世紀のチャンスか?崩壊か? (歴史文化-宙水の視点)
中国の貿易黒字が過去最大 9月は293億ドルPART2  中国の経済成長が,金融危機の影響で減速している。今年,7~9月期の国内総生産GDPの実質伸び率は,前年同期比9.0%増と11四半期ぶりの1ケタ成長になった。おもちゃ工場の倒産や,自動車の売れ行き台数が減速...
NHKスペシャル10月17日,19日放送『世界同時食糧危機』 (論理的な独り言)
我々の食文化が、極めて複雑、かつ脆弱なシステムの上に成り立っていることが理解でき
台北散歩2日目 (歴史文化-宙水の視点)
宙水の台北散歩? 台北での二日目。朝,7時30分に目が覚めてまた寝坊したなと思ったが現地時間ではまだ6時半だった。シャワーを浴びて同室のTさんと下の食堂に降りた。よくあるバイキングであったが,土地柄やはり中華粥とフルーツの類が美味しかった。食後,で朝...
虚業に“俺のせいじゃない”と若者は言う (関係性)
 ついに、バブル後の株価最安値更新をしてしまった。そして、株価少し戻すも景気悪化がヒシヒシと生活を脅かしていることを感じない者はいない。  わが社のやる気十分の若い社員が次のようなことを言い出した。   社員:社長さ! この景気や販売不振は俺のせいじゃな...
アメリカが最も嫌うネットウヨ (歴史文化-宙水の視点)
  「中韓を知らなすぎた男」などのネットウヨの主張には、あきらかにアメリカをなめているふしがある。中国や韓国などを徹底的に罵倒し、「中国全土に倒産の嵐が吹いている。13億の国民は餓死しつつある。巨大な北朝鮮が一個余分に我が隣に出来つつあります。しか...
アメリカが最も嫌うネットウヨPART2 (歴史文化-宙水の視点)
  今日の日経によると,国際問題の研究を行うシカゴ・カウンシル(1922年に設立された地球規模問題に関する調査を行う無党派の組織)が,アメリカ人の日本に関する意識調査で,日本より中国を重視する人が多いという結果が出たと報じている。民主党のオバマ氏が大統...
アメリカの対日食糧戦略 (タカマサのきまぐれ時評)
■アメリカ政府による謀略説は、反米感情の投影による俗論である、といった、もっともらしい議論を きのう とりあげたが、謀略論・陰謀論の ひとことで、なでぎりにできないだろう具体例を紹介しよう。■食生活史研究家 鈴木猛夫さんの『「アメリカ小麦戦略」と日本人の食...
プレ近代の頭脳構造-ネットウヨ (歴史文化-宙水の視点)
   「中韓を知らなすぎた男」などのネットウヨは、中国の軍部の肥大化とアメリカの軍産複合体主導の国家戦略により、米中の衝突が必ず起こるとアジっている。日本は中国を敵性国家としてアメリカ側に付いて戦うべしと主張している。  しかし、終盤を迎え...
プレ近代の頭脳構造-ネットウヨ PART2 (歴史文化-宙水の視点)
アメリカは黒人を大統領に選ぶ   アメリカがタブーを破って初めての黒人大統領を選出しようとしている。  アメリカの方が西欧よりも保守的で,同姓婚や安楽死などを国全体として受け入れにくい傾向があったが,ケニア人を父に持つ黒人の移民1世か2世かを大統...
航空幕僚長の論文及びそれに対する反論 (歴史文化-宙水の視点)
今日は前航空幕僚長の田母神俊雄の論文に反論を試みます。ある審査員がテレビに出て私は0点を付けたと言っていましたが,そのとおり0点の論文ですね。 アメリカ合衆国軍隊は日米安全保障条約により日本国内に駐留している。これをアメリカによる日本侵略とは言わない...