にほん民族解放戦線^o^

米帝→官邸→マスコミの洗脳による植民地状態からの脱却を考えてみるブログ♪主権を取り戻し、日本の未来を考えよう。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アメリカ、銃規制に踏み切れる?…アメリカがなかなか銃規制に踏み切れない本当の理由

2016年01月07日 | 雅無乱日記

>アメリカ・ケンタッキー州で4月30日(2013年)、5歳の兄が2歳の妹を誤射し死亡させたのに続いて、フロリダ州では5月4日に13歳の兄が誤射して6歳の妹が重傷を負った。ケンタッキーの事故で使われたのは子供用ライフル銃だった。大手スーパーなどで当たり前に売られているというから、アメリカの銃社会はあまりにも異常だ。

>米国では4月、幼い子どもによる銃の誤射事件が相次いだ。テネシー州では4歳の男児が48歳の女性を死なせたほか、ニュージャージー州では6歳の男児が4歳の友人の頭を撃って死なせている。

これまでのアメリカでの悲惨な銃の事件の数々。(犠牲となられた方々のご冥福をお祈りいたします。)

誕生日のプレゼントでもらった本物の銃で妹を殺してしまうとは…

 

しかし、アメリカはさすがに、いよいよ本気で銃規制に踏み込む動きを見せている。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201601/CK2016010602000246.html

でも、圧力団体や多くのWASPの世論の抵抗はまだまだ大きいんだろうな…

一般市民のテロへの恐怖を煽る形で話は進んでいくのかもしれないが、

「購入時の身分証明書の提示」程度で、これまでのような悲惨な事件が防げるのかというのはギモンだなあ。

 

この件で、マイケルムーアーの『ボウリング・フォー・コロンバイン』をまた思い出してしまった。

 クリックで応援おねがい!
  ↓         ↓         ↓
 
ブログランキング・人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
にほんブログ村 政治ブログへ
  

マイケル・ムーアー監督の映画“ボウリング・フォー・コロンバン”http://www.gaga.ne.jp/bowling/top.html)。

これは現代アメリカ社会の病理の一端が見えてくる、実に考えさせられる映画だ。もう古い映画になってしまったが。

アメリカでは毎年10,000人以上が銃によって殺されている。それは「なんでだろう?」、がこの映画のテーマ。

(↑クリック。このニコニコ動画を見れば、アメリカの歴史の本質が分かる^^;)

そもそも、原住民のほとんどを虐殺して建国されたアメリカ。

虐殺して住み着いた連中は、復讐が怖くて銃で武装しないと恐怖から逃れられなかった。

そして、強制的にアフリカから黒人を連れてきて奴隷として使役する。

この黒人の怒りによる反逆も怖いから、当然武装する。

自分たちが歴史的に行ってきた数々の虐殺による復讐が怖くて、銃を手元に置いておかないと、おちおち眠ることもできない。だからアメリカでは銃規制ができないのだ…。

アメリカが、もともと住んでいた人々のほとんどを虐殺することによって建国された国家であること。黒人をアフリカから強制連行して奴隷として使役してその労働力を搾取して発展して行ったこと。そして、自分たちが虐げて甘い汁を吸ってきた連中が、自分たちにいつ復讐するかわからない、という恐怖が刻印されていること。

これを前提に考えると、その後の現在のアメリカの異常な価値観や行動の理由が少しは理解できる。

この映画に、第二次世界大戦後のアメリカの虐殺史を映像とともに振り返るシーンがある(バックにかかっているのはなぜかルイ・アームストロングの“この素晴らしき世界”。うーん、エエ曲や)。以下に引用してみたい。

1953年
米、イラン モサデク政権を転覆。国外に逃げていたパーレヴィ国王を傀儡として据えて独裁政権樹立を支援

1954年
グアテマラの民主政権を転覆。その混乱の中20万人を殺害

1963年
南ヴェトナムのディエム大統領の暗殺を支援

1963~1975
米軍は空爆などで東南アジア全域で民間人を含む計400万人を殺害(注①)。


注①:枯葉剤などの有毒除草剤が、何百万ヘクタールもの農地や森を破壊するために使用された。村々は徹底的に焼き尽くされ、住民は虐殺された。ヴェトナムだけで約200万人が死亡。そのほとんどが、米軍の北爆や銃撃での民間人の死亡者といわれている。

1973年
チリで軍事クーデターを支援。民主派のアジェンデ大統領を暗殺。
ビノチェト独裁政権を支援し、約5000人のチリ民間人を殺害

http://blog.goo.ne.jp/nanbanandeya/e/4dd328538683b42edecf92d30fea4552

1977年
エルサルバドルの軍指導者を支援し、7万人の民間人と4人の米国人尼僧を殺害

1980年
対ソ連政索でビン・ラディンなどムジャヒディンを教育・武器援助。CIAを通じて30億ドルの資金を提供。

1981年
コントラ支援(注②)


注②:1979年、米が支援していたニカラグアの独裁政権(ソモサ政権)が市民の革命によって倒され、共産主義のサンディニエスタ新政権が樹立された。その後、米政府はCIAを通じてソモサ残党を組織し資金と武器を供与、ニカラグアに送り返した。彼らソモサ残党は、“コントラ・レボルシオン”を名乗り、市民への掠奪・虐殺の限りを尽くした。米政府はそれを支援した(コントラへ援助した資金の出所は、レーガン政権がイランに対して武器を違法売却して得ていたことが後に明らかになった)。

1982年
対イラン政策のため、フセインに数十億ドルを供与。

1982~1983年
レバノン内戦に米軍が直接介入。イスラエルと右翼のファランジ軍を支援(彼らは約2000人のパレスチナ人を虐殺)。

1983年
対イラク政策のため、イランに武器を秘密供与。

1986年
ドイツで起こった米兵に対する爆弾攻撃事件の犯人はリビアのテロリストとして、リビアのトリポリを爆撃。無実の100人の市民が虐殺される。(後にアメリカは、その事件にリビアは責任がないということを認めた)

1989年
CIA兼パナマ大統領ノリエガが米政府に反発。彼の逮捕のため2万5000人の米兵をパナマに送り込む。その軍事介入によって約3000人が殺害(うち、パナマ兵50人、米兵26人、残り2千数百人は全て民間人。殺戮された民間人のほとんどは、ゴミ袋に詰められ秘密裏に集団墓地に埋められた。)

1990年
米国から援助された武器を使って、イラクがクウェートに侵攻。

1991年
米がイラクを攻撃。イラク人の死者15万人(注③)。クウェートの独裁者を復権させる。


注③:米軍はこの時、様々なハイテク兵器の実験を(実際の戦場で)行っている。バグダッド・バスラなどの爆撃で数千人の民間人が虐殺。戦後も、米軍が用いた劣化ウラン弾、米軍の徹底したインフラ破壊、さらには米政府主導の経済制裁により、イラクは荒廃。ユニセフの推計によると、食糧不足や医薬品の不足による死者が毎月7500人、10年間で計100万人を超えるイラク人が死に至った(うち子供は50万人以上←国連の推計)

1998年
スーダンの「武器工場」を爆撃するが、誤爆。実はそこは単なる「薬品工場(アスピリン工場)」だった。

2001年~
アフガニスタンに空爆開始(注④)。


注④:現在も時折空爆を行っており、先日も民間人の死傷者が多数出ている。『アメリカはアフガニスタンで何人の人々を殺したのか!?』ニューハンプシャー大学のマーク・ヘロルド教授によると、アフガン空爆による死者の数を世界のマスメディアの報告から推計、3,000人~3,400人が殺されたと結論づけている。が、実際はその2倍から3倍と考えられている。

なお、米軍が公式にアフガニスタンでの誤爆を確認した例は数件にすぎないが、米ロサンゼルス・タイムズ紙によると、空爆が継続して行われた2001年10月から2002年2月末までに、市民が死傷した誤爆事件は計194件起き、死者数は1067人から1201人に上る


2002年~
米英軍イラクを攻撃(注⑤)


注⑤:今回のイラク戦争で亡くなった民間人の数を、随時集計しているウェブサイトうちの一つ(http://www.iraqbodycount.net/)によると、2007年8月28日現在で最大77,272人が犠牲になっているようだ。

2000.9.11
ビンラディンが(注⑦)約3000人を殺害(注⑥)。


注⑥:>ニューヨークのテロ犠牲者は、テロ直後から、5,000人、6,000人という数が連日報道されこれがアメリカの「報復戦争」への熱を煽った。そして、すでに10月半ばにはこのような数はおよそ現実的ではなく、2千数百人という数が妥当であるという論調が相次いだにもかかわらず、ニューヨーク市は5,000人という数を公式発表として流し続け、「プライバシーの尊重」「正確さを期すため」と称し反論に耳を貸さなかった。(中略)そしてタリバン政権の崩壊がほぼ確定的になってはじめて、テロ犠牲者数は大幅に下方修正された(http://www.jca.apc.org/stopUSwar/Afghan/pamphlet_afghan_summary.htm)。

注⑦:なお、このテロ自体、米政府の自作自演であるという説も存在する(ルース・チェインジⅡ日本語字幕版(必見!)→http://www.asyura2.com/07/war95/msg/246.html)。

 


こうして見ると、実は世界最大のテロ国家はアメリカである、という事実が見えてくる。

アメリカは建国後235年のうち、何と214年の間戦争し続けている国。

国土そのものもインディアンから取り上げたものだし、その後も戦争を繰り返しては国土を拡張してきた。

復讐がコワくて銃を手放せない…

…しかし、子どもさえもなのか?こんな事件が起こってさえもなのか?

息子の5歳の誕生日に銃を買ってやり、その本人も枕元に銃を置いてしか安心して眠ることもできない…としたら、そんな人々は軽蔑をこえて哀れである。

人気ブログランキング - 路上日記@なんで屋るいネット

ジャンル:
海外
コメント (6)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北朝鮮が水爆実験?…どうして... | トップ | 「所有する」という概念(オ... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
アメリカの国家犯罪全書 (飯大蔵)
2007-08-31 02:09:52
お邪魔します。
アメリカの国家犯罪全書はすごい本ですね。
知っている話も多いですが、これだけ集まるとすごいですね。
アメリカの政策の本質が理解できた気がしました。

SICKOもボウリング・フォー・コロンバインも観たいですね。
Unknown (Unknown)
2012-07-28 13:32:33
Hey, Mr. Obama: Prescription drugs kill 6200% more Americans than homicidal shootings
http://www.naturalnews.com/036599_gun_control_prescription_drugs_deaths.html

アメリカは銃規制をする必要はありません。
むしろ日本のような国でこそ、銃は解禁すべきであり国民は銃武装するべきです。
売国政府が丸腰国民、武装解除された国民の言うことなど聞くはずがありませんからね。
やはりアメリカは… (tatoon)
2012-08-02 16:09:49
銃規制なんてする気はまるで無いようですね。

http://www.bllackz.com/2012/07/blog-post_31.html より

「2012年7月31日火曜日暴力社会アメリカでは銃規制を誰も望んでいないことが判明」

>アメリカではコロラド州オーロラの銃乱射事件で、アメリカ人は2つの意見を選択することができた。

>「銃が野放しになっているから、こんな事件が起きた。銃は規制すべきだ」という選択がひとつ。

>「映画館では誰も銃を持っていなかったから事件を阻止できなかった。銃を規制すべきではない」という選択がひとつ。

>アメリカ人はどちらを選んだのか。それは、「銃を規制すべきではない」という方向だった。

>アメリカは世界でも稀に見る「銃の所持を肯定する文化」を持っている。この事件のあとでアメリカ人は「防衛のために自分も銃を買っておこう」という動きを見せた

をわってる…
万人の万人に対する戦い (百合烏賊)
2012-12-22 21:07:32
万人の万人に対する戦いって・・・
疲れそうですよね。私はいやだな。
アメリカ人の身勝手な論理 (Unknown)
2013-05-08 14:14:14
インディアンの土地を略奪しておきながら西部劇のストーリーは、温かい白人家庭に突然、悪党のインディアンが弓矢で攻めてきたという勝手な論理。先祖代々の土地を白人に奪われたらインディアンも立ち上がってくるのは当然で白人の歪曲された歴史を映画で洗脳されるアホゥな日本人という構図。
Unknown (Unknown)
2014-04-05 13:52:12
自業自得というわけか

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
テロを防止する方法 (飯大蔵の言いたい事)
 今読み始めた本にテロを防止する方法が書いてある。アメリカの国家犯罪全書
世界の経済支配者たち (飯大蔵の言いたい事)
アメリカの経済支配者たち (集英社新書)はすごい本だ。その紹介では 出版社/著者からの内容紹介 日本の金融界を牛耳るアメリカ。だがそのアメリカを動かしているのは大統領でも二大政党でもない。「財閥の遺産相続人」「CIAの経済戦略」「ウォール街の国際投機人脈」な...
「Sicko」の世界はもう目の前 (権力に迎合したマスコミ人を忘れるな!)
 おんぼろビデオに録画した朝ドラを妻と二人で見つつ夕食を摂るのがここ数年の我が家
『シッコ』で描く医療の現実(上) (関係性)
[画像]  マイケル・ムーア監督の『シッコ』(SiCKO)(=“ビョウキ”)の全国上映が始まった。  ブッシュ政権はムーア監督に、取材でキューバへ不法入国容疑をかけ、上映中止のオドシをかけたので有名な作品である。  「医療保障の破滅によって崩壊し、粉々にされ、場...
泣きベソをかいていたムーア、そして私 (弱い文明)
…今度の『Sicko』は、後回しにせずなるべく早く観たいと思っていた。なぜならこれは、過去二作に比べて、(アメリカ人だけでなく)日本人が直面している課題にずっとストレートに結びつく作品だろうという、読みがあったからだ。実物を観て、その読みの正しかったことが...
SiCKO (観劇レビュー&旅行記)
マイケル・ムーア監督の「シッコ」(SiCKO)を、日本公開の初日に見た。  アメリカの医療制度が日本よりも悪いと言う噂は聞いていたが、これほどまでとは。 もちろん、ムーア監督なりの『編集』の力量にもよるの