にほん民族解放戦線^o^

米帝→官邸→マスコミの洗脳による植民地状態からの脱却を考えてみるブログ♪主権を取り戻し、日本の未来を考えよう。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

とんだ茶番…ノーベル平和賞にアル・ゴアとIPCC

2007年10月12日 | 雅無乱日記
やれやれ…

「環境ファシズム」に関するエントリーを書いた矢先にこれか…

ノーベル平和賞、ゴア前米副大統領らにhttp://www.yomiuri.co.jp/world/news/20071012it11.htm

これでCO2地球温暖化説を唱えるいかがわしい連中は、公には批判されない特権を手に入れたことになる。

一去年、IAEAとエルバラダイが受賞したときも、その欺瞞に大いに憤慨したが、またか…という感じである。

ノーベル平和賞というものが、ごく一部の人間にとって都合のよい対象に都合よく与えられるという、全く当てにならない賞であることが完全に証明されてしまった。

欺瞞のプロパガンダに箔をつけて、次に連中がどんな手段に出てくるか、注意しなくてはならない。

      クリックで応援おねがい!
    ↓         ↓         ↓
にほんブログ村 ニュースブログへ ブログランキング・人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ゴア氏の映画「不都合な真実」、英裁判所が是正措置要求
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20071011i312.htm

という具合で、映画「不都合な事実」の内容もたいがいいかがわしいが、
今回ノーベル平和賞に輝いたアル・ゴア氏本人も、実はこんなにいかがわしい人らしい…

大いなるプロパガンダ:グローバル・ウォーミオングより

アル・ゴアという人物が何者かを調べてみよう。親父のアルバート・ゴアは、アーマンド・ハマーがオーナーだったオキシデンタル石油の重役メンバー。息子のアル・ゴア・ジュニアは、1970年ころから環境問題に関心があったといわれる。しかし、本格的に温暖化問題を訴えたのは、ブッシュ政権が誕生してからだ。

ゴアは、検索サービス大手のグーグルの上級アドバイザーに就任している。そのほか、アップル社の重役会メンバーだ。それから、彼は投資会社を立ち上げている。Generation Investment Managementというこの会社は、モットーとして次のような方針を掲げている。

"地球温暖化のようなイシューを投資判断に盛り込んでいくことは至極当然だ―アル・ゴア、GIM会長"

つまり、アル・ゴアは、温暖化を必要以上にあおることでいっちょ儲けてやろうと考えたわけだ。この会社をゴアと一緒に立ち上げたのは、元ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントの、デヴィッド・ブラッドという男。そのほかに、この投資会社には、GS関係者が数人いる。クリントン選挙スタッフまでいる。

地球温暖化というイシューを大々的に取り上げることで自分達が、環境問題と投資活動を結びつける先駆者になる。ゴアの威光とよく分からない学者の批判コメントのどっちを民衆は信用するか。これはプロパガンダの基本中の基本である。ゴアに決まっている。

プロパガンダの基本は、無数にある選択肢の中からプロパガンディストがいくつかに絞って大衆に提示し、イエスかノーかを迫るところにある。ゴアは、温暖化をきわめて単純化して「不都合な真実」という映像作品にまとめた。その効果は絶大だ。温暖化問題に半信半疑だった人を説得することに成功したからである。これで温暖化は「前提」になった。

レオナルド・ディカプリオまでこれにあやかろうってんで環境映画を?

『11th Hour trailer』公式サイト

やれやれ…


人気ブログランキング - 路上日記@なんで屋
ブログランキング ドット ネット
ジャンル:
海外
コメント (4)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 環境問題がファシズム化して... | トップ | 日テレ『世界まる見え!テレ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2007-10-13 19:32:16
確かにやれやれだぜ
そうきましたか (アルルの男・ヒロシ)
2007-10-13 22:29:39
デカプリオまで動員ですか。
地球滅亡まであと一時間ですか。

今、壮大な地球規模を一つにまとめ上げる実験をしているんでしょうねえ。

地球がひとつにまとまるまでは宇宙進出できないから?
一斉に反論されるゴア (雅無乱)
2007-10-16 21:24:01
コメントありがとうございます。

http://amesei.exblog.jp/
アルルの男・ヒロシさんのブログ、超オススメなのでみなさんもぜひ見てください!

いつも参考にさせていただいてます^^;)

さて、問題のゴアですが、やはり一斉に反論されているようですね。

http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2297127/2235896

さもありなん
異論を述べます (shchan_3)
2007-10-24 19:23:32
「アル・ゴアは、温暖化を必要以上にあおることでいっちょ儲けてやろうと考えたわけだ」といわれる点について、一つの憶測としては成り立ちます。しかし、他者を批判する場合、「○○をたくらんでいる」という形で(憶測でしかない)意図を批判するというやり方は、説得力があるとはいえません。
 書籍『不都合な真実』の中でゴア氏は、「投資をしよう」と呼びかけています。また、投資をするにしても貯金をするにしても、そのお金がどのように使われるのかを考える必要がある、と訴えています。(自分が貯金をしたお金が「戦争」に使われることもあり得るわけです。)
 企業の活動を自分なりにしっかり判断して、「環境によい活動をしている企業に投資をしよう」と主張し、実践することは「いかがわしいことだ」と私は考えていません。
 なお、ゴア氏の受賞に先立って出された「イギリス高等裁判所の判決」についても私なりに考えをまとめてみましたのでよろしければ次のページをご覧ください。
 http://sky.geocities.jp/shchan_3/

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
アル・ゴア氏のノーベル賞受賞。「冷戦」に次ぐ世界支配の次の手が本格的に始動してるようですね。 (ふしぶじゑ日記)
 アル・ゴア氏がノーベル平和賞受賞だそうですね。  今から10年以上前に現代ヨガを主宰してらした山手國広氏が述べてたことがあるんですが… 創業夢宿 「第2章 フリーメーソンの考え方 ユダヤ系の地球戦略が、崩れようとしている」より(以前、「ポスト資...
不都合な真実が多すぎる (飯大蔵の言いたい事)
 今日聞いたニュースはどうも不都合なものが多すぎる気がする。しかしこれは紛れも無い真実なのだろう。
地球温暖化問題の裏を読む! (本当のことが知りたい! そして日本の未来を語りたい)
 僕自身は地球温暖化の問題は、恣意的な情報操作がりかなりあり懐疑的というか捏造ではないかと思いっている。 その思いがあって、以前「地球温暖化問題に対する疑問 !? 」の記事をネットで調べた情報を基に書かせて頂いた。 マイナーなこのblogにしてはかなりのアクセ...
地球温暖化問題に対する疑問 !? (本当のことが知りたい! そして日本の未来を語りたい)
CO2増加が原因とされる地球温暖化問題ですが、僕自身色々調べてみて疑念は深まるばかり、 そんな思い出でこの記事を書きました。
「緑の帝国」=世銀が発行する“グリーン世銀債”がついに日本上陸! (路上で世直し なんで屋【関西】)
どうも雅無乱です。 『緑の帝国』-世界銀行とグリーン・ネオリベラリズム=世界銀行が発行する、“グリーン世銀債”なるものが、日本に上陸するようだ。 ===================================================== 三井住友銀などが個人資産取り込み 社会に貢献 ...