にほん民族解放戦線^o^

米帝→官邸→マスコミの洗脳による植民地状態からの脱却を考えてみるブログ♪主権を取り戻し、日本の未来を考えよう。

未曾有の経済危機で、より本質的な教育のニーズが顕在化してきた

2009年05月24日 | 雅無乱日記

“子供たちを健全に育むには「社会に期待されていることをして評価される場」が必要” というエントリーで書いたことがあるが、私は類塾・類農園 自然体験学習教室という企画に関わらせていただいている。

      img-124001833-0002.jpg

『自然体験学習教室』は、1年を通じて自然や農作物にふれ、出荷や販売などの「仕事」を体験し、地域のさまざまな方々と関わる中で、小学生を健全に育むことを目的として開講している。

生徒数約1万3000名、41教室を大阪府に展開する『類塾』と、同グループが経営する奈良の『類農園』が共同で運営しているものだ。

コンセプトはここで紹介されている → ◆◆類塾・類農園 自然体験学習教室のご紹介◆◆2010

…となぜか宣伝から入ってしまったが^^;)

実は今年、『自然体験学習教室』は2000年に開講して以来最高の参加者数を記録した。

世界的な経済の退潮がますます深刻になり、各家庭の経済状況の先行きにも暗雲が垂れ込める現在、まっ先に予算を削られそうなのがこういった教育商品なのではないか?と短絡的に考えていたのだが、現実はまったく違っていた。

むしろ、ホンモノな思考力を培うような、特に仕事(農業・販売)などの社会過程を組み込んだ教育の場が、いよいよ本格的に世の中に求められ始めているようなのだ。

今回のエントリーでは、このことについて考えてみたいと思う。

続きを読む前にクリックで応援おねがい!
    ↓         ↓         ↓
にほんブログ村 ニュースブログへ ブログランキング・人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

考えてみると、ちょっと以前から本格的な思考力を育むような教育への注目は、様々な分野で高まってきていた。

理科の実験で科学的思考を高める塾の流行
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/renai/20051221us41.htm
http://sankei.jp.msn.com/life/education/071030/edc0710300819000-n1.htm

農林水産省、文部科学省、総務省が連携して、国を挙げて政策として推進する子ども農産漁村交流プロジェクトの本格始動。

子どものたちに職業体験をさせる商業施設『キッザニア』
東京のパビリオンが大盛況で、2009年3月27日には関西(甲子園)でもオープンした。


ではなぜ、今この時代に、本格的な教育のニーズ顕在化してきたのだろうか。

最近、世界的な経済秩序の崩壊を受けて、恐慌に関する書籍や、資本主義システムの限界に関する書籍が異例のベストセラーを続けている。経済状況は一部では「底を打った」などと報道されているが、現実には浮上の兆しは見えず、この先さらに悪化するのは確実。失業率の上昇など社会全体に与える影響もより深刻になっていく事が予想される。

この状況が意味するのは、これまでの常識の終焉である。

教育の現場では、これまでも、「子どもたちが自分の頭で考えることが大切」「机での勉強だけでは本当の思考力は育たない」などと表向きは繰り返し謳われてきた。

しかし、そうは言ってもホンネでは目先の「受験」であり、その受験で合格するための(狭い意味での)「学力」へと、親の意識も子どもの意識も収束していた。

この受験教育熱は、受験を突破したその先、「いい大学」→「いい企業」→「いい身分(生活)」がある…という幻想に支えられている。ゆえに、教育現場でも、「自分で考える力」とか「社会性」などが重要、などと表向きには言われつつも、ほとんど従来の「受験突破力=狭い意味での学力」の育成のみが焦点になってきたのだ。

しかし、現在のように経済状況が悪化し、内定取り消しが相次いだり、大手企業が次々と赤字決算を発表し、「エリート」と言われていた金融業界の人々が次々とリストラされる中では、人々の意識は大きく変わる。

単に学歴上の優位を獲得したからといって、次の時代に適応できるのかどうかまったく分からない…というのが現実となるのだ。

そんな現実に直面して、いよいよ「いわゆる“学力”を伸ばすだけで、我が子は将来本当にやっていけるのか?」という本質的な問いが、多くの親の頭に浮かぶようになってきたのではないだろうか。

時代が安定していて、これまでの常識が通用する時代であれば、「教科書通りまじめに」やってればよかったのかもしれない。

しかし、「この先どうなるか分からない」、という時代には、しっかりアンテナを立てて全方位で情報を捉え、自らの頭で仮説を組み立てて考え、世の中の様々な人々としっかりコミュニケーションをとり合意を形成して、状況に合わせて柔軟に適応していかなくてはならない。しかも、軟弱ではダメで、失敗しても活力を持って再チャレンジする耐力・精神力も求められる。

“狭い意味での「学力」だけでなく、そのような「人間としての総合力」を、新しい時代に対応して行かなくてはならない子どもに身に付けさせてやりたい…、というのが多くの親の潜在的な願望だろう。それが、いよいよ顕在化してきたのが現在の状況ではないだろうか。

そのような「総合的な人間力」のもっと基礎にあるのは、「同化能力」である。

自然外圧に同化する、仕事仲間や顧客や世の中の人々の気持ちに同化する。

意識に「自分」しか無い状態であれば、当然我が儘になり人ともコミュニケーションできず、周囲の状況に適応することもできない。「自分」という狭い枠を超えて、もっと多くの対象に同化していく能力を培うには、温室空間の「家庭」や、限られた勉強空間である「教室」だけでは到底不可能である。

それゆえ、子どもが新しい時代にしっかり外圧に適応できる能力(感受性・同化能力・耐力・精神力・コミュニケーション能力など)を育める場が求められている。

経済状況が悪化し、常識が通用しなくなってきた現在だからこそ、なおさら「社会がどんな状況になっても通用する ホンモノの能力」を育める場を、親たちは本気で探しはじめているのではないだろうか。

その結果がおそらく、上に述べた“理科実験塾の隆盛”、“「キッザニア」の興隆”、“農産漁村体験への社会的期待の高まり”、という形で表れているのだろう。

『自然体験学習教室』への申込みや問い合わせが急増したのも、その意識潮流の延長上にあるのかもしれない。

経済危機になると、世の中暗い話ばかりになる。しかし、こと教育の問題に関しては、「ぬるま湯」ではだめで、圧力が高まれば高まるほどより本質を問われていき、健全に育つ子供が増えていく…、という明るい要素の存在を感じる。

未曾有の経済危機…と騒がれているが、もし「目先的な受験教育・スパルタ教育」から、「本質的な人間教育」に教育の本質が移行していくなら、大いに結構なことではないか。

ブログランキング ドット ネット人気ブログランキング - 路上日記@なんで屋

ジャンル:
受験
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 超大学生に出会う | トップ | 時代の精神 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。