にほん民族解放戦線^o^

米帝→官邸→マスコミの洗脳による植民地状態からの脱却を考えてみるブログ♪主権を取り戻し、日本の未来を考えよう。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

原爆投下は必要なかった…

2014年08月01日 | 雅無乱日記

 
原爆投下必要なかった?=「使用せずとも終戦」と分析-米軍神話覆す機密資料 (時事通信) - goo ニュース

 

  • 時事通信

 

 広島、長崎への原爆投下が太平洋戦争を終結に導き、何百万人もの人命を救った-。米国が繰り返す原爆正当化の論理は、「(投下は)しょうがない」とした6月の久間章生前防衛相の容認発言と相まって、被爆者の怒りをかき立てている。だが、その正当化論は戦後につくられた「神話」にすぎないことが、終戦前後の米軍資料から浮かび上がってくる。

 ◇終戦の決定打はソ連参戦

 「原爆を使用せずとも、対日戦争は(1945年8月9日の)ソ連参戦でほぼ終わっており、遅くとも46年2月半ばまでには終戦を迎えていた」。戦後間もない46年4月、当時の米陸軍省情報部門の研究チームがまとめた極秘報告書がワシントン郊外の米国立公文書館に保管されている。2発の原爆投下が直接的に太平洋戦争を終結させたわけではないと、第一線の米軍情報担当官らが告白していたことは注目に値する。

 報告書は、米軍が原爆を使用しなかった場合の戦局の推移を研究したもので、昭和天皇は早ければ45年6月20日には終戦を決意していたと指摘。ソ連参戦に至るまで、日本指導部は原爆投下にほとんど言及していないとして、和平の仲介を依頼していたソ連の参戦が「日本にとって終戦の理由を完成させた」と結論付けている。

 ◇侵攻後の米軍死者、30日で1万人

 日本が降伏しなければ、米軍は45年11月1日を期して九州侵攻作戦(オリンピック作戦)を発動する計画だったが、報告書は、原爆を併用せずとも作戦開始後2カ月以内に九州占領に成功し、その間の米軍死傷者は7万5000~10万人と試算。46年春に計画していた関東侵攻作戦(コロネット作戦)の開始は不必要になっただろうと判断している。(続)

[時事通信社 2007年8月3日(金)14:30]


やっぱり…

「原爆投下のおかげで何百万もの人命が救われた」などというタワゴトは後から捏造されたものだったのだ。

本当の目的はこれ
   ↓

http://homepage.mac.com/ehara_gen/jealous_gay/atomic_bomb.html

続きを読む前にクリックで応援おねがい!

 ブログランキング・人気ブログランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 政治ブログへ



参照:「萬晩報『原爆100万人米兵救済神話の起源 2007年07月08日(日)東京大学教授 中澤英雄(ドイツ文学)』

 トルーマンは、自分の罪の意識を和らげ、非人道的な原爆投下を世界人類に対して正当化するために、無意識からの衝迫に突き動かされて、原爆によって救われた米兵の数を、戦死者とカジュアルティーズ(下記:※注)を混同することによって、次々と水増しせざるをえなかったのである。

 ところがその後、アメリカでは、トルーマン自身が直接は述べていないにもかかわらず、

(5)原爆によって100万人の米兵の命が救われた。

 という新たな神話が生まれた。これは(3)の「100万人のカジュアルティーズ」が「100万人の戦死者」にすり替えられて出てきた数字である。そこではいつでも、戦死者とカジュアルティーズ(下記:※注)の混同という同じインチキ計算式が使用されている。

 この神話を宣伝しているのは、軍事史研究家のエドワード・ドリアやD・M・ジャングレコなどである(仲氏著書)。これは、トルーマンではなく、アメリカ国民が、みずからの行為を正当化し、罪の意識を和らげるためにつくり出した神話である。この神話にさえも安住できず、アメリカ国民は、「原爆は何百万人もの日本人の命を救った」という新たな神話まで必要としているのであろう。

 だが、事実を直視しないで、虚構で罪の意識を隠蔽しているかぎり、アメリカ人の心に永遠に平安が訪れることはなく、次から次へと新たな神話を必要とするのである――ちょうど、次々と数字を膨らませていったトルーマンと同じように。

(※ 戦死者(lives)と戦闘犠牲者(casualties)の違いである。米軍が「カジュアルティーズ」と言うときには、それは戦死者、負傷者、行方不明者を合計したものをいう。)



人気ブログランキング - 路上日記@なんで屋
ブログランキング ドット ネット

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イラク戦争で自衛隊はこっそ... | トップ | “なぜアメリカは日本に二発の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
昭和天皇「原爆やむを得ない」 (モロダー部)
1975 昭和天皇初訪米&初公式記者会見「え~この、え~、原子爆弾が、え~、投下されたことに対しては、え~、遺憾には思ってますが、え~、こういう戦争中であることですから、どうも、え~、広島市民に対しては気の毒であるが、やむを得ないことと、私は思ってます。」....
勝谷誠彦、原爆投下について語る (勝谷誠彦の2番煎じ)
この日のメールは朝日新聞をけなすことで真実が見えてくる。 つまり、朝日新聞とはいかに売国奴たちの集まりであるのかが、わかる。 もちろん、そのことを教えてくれたのは勝谷誠彦、あなたでした。 まず、原爆により非戦闘員を大量虐殺した行為は国際法違反である。 ...
原爆 (しのの日記)
原爆原子爆弾(げんしばくだん)は、略して原爆ともいい、ウランやプルトニウムなどの原子が起こす核分裂反応を臨界状態にすることで爆発させる爆弾で核兵器の一つである。その威力は通常兵器と比べ極めて大きくすることが可能であり、戦略爆撃に使用し...
核と植民地支配 (手前ら、日本人なめるんじゃあねぇ)
核兵器の議論をすることすら禁句の日本・・・その理由が日本民族の自立を妨害したい勢力によるものであることに日本人は気が付くべきなのだ・・・・ 『安らかにお眠りください・・・過ちは繰り返しませんから』 広島の原爆の碑に刻まれた言葉なのだが、過ちは何の過ちな...
8月6日広島被爆 8月9日長崎被爆 (関係性)
 被爆から62年、戦後政府はこの重みをどれほど感じてきたのか。  そして、私たちの多くは「平和ボケ」と言われてきたが、基地を抱えた沖縄、米軍・自衛隊戦闘機が飛び交う地域、米海軍の寄港地そして今も戦争状態にあるイラクにさえ他人事として見てきた。  この二度...