にほん民族解放戦線^o^

米帝→官邸→マスコミの洗脳による植民地状態からの脱却を考えてみるブログ♪主権を取り戻し、日本の未来を考えよう。

漁夫の利でボロ儲けするロスチャイルド式商法

2014年11月11日 | 雅無乱日記

世界の資本や資源の根幹部を握ったロスチャイルド家だが、現在は「情報」まで握ってさらにその権力体制を磐石にしていっているように見える。

ユダヤ人、ユダヤ資本、シオニスト、イスラエル人、アシュケナジなど彼らを示す様々な言葉があるが、どうやら彼らが決して一枚岩ではなく、彼らの中で資本・権力を握っている超エリート層だけが、情報を操作して同胞達を利用している現状が浮かび上がってくる。彼らのエゲつなさは、ほんとにタダではないなぁ。

 クリックで応援おねがい!
  ↓         ↓         ↓
 
ブログランキング・人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
にほんブログ村 政治ブログへ
  

というわけで、今回は田中宇氏のメルマガより関連情報をまとめてみた。

========================================================
◆田中宇の国際ニュース解説(http://tanakanews.com/d1214neocon.htmほか)を参考にしてまとめた。

・11世紀に、バチカンのキリスト教会がユダヤ人をほとんどの職業から追放し、その一部が 異教徒に対する高利貸しを生業とする一群として流浪の民となりヨーロッパに広がった。それ以降、十字軍やイスラム帝国分裂の影響で弾圧された中東のユダヤ人が、ベネチアなどに移住し、15世紀には、スペインにおけるキリスト教王国によってイスラム王国に協力したユダヤ人への弾圧が強まり、彼らの多くが地中海沿岸の商業都市に移住した。こうして、ヨーロッパ全域に高利貸しのネットワークの基礎が築かれる。

・18世紀当時、イギリスはユダヤ人に寛容で政教分離や国家の近代化、産業革命が大陸諸国よりも早く、ユダヤ人を重用することの利益が明確だった。イギリスの国家運営に最も影響を及ぼしたユダヤ人がロスチャイルド。

・ロスチャイルドは、19世紀末に帝政ロシアが国内のユダヤ人に対する激しい弾圧を行った時、ユダヤ人たちをパレスチナに入植させ、資金を出して農業集団を作る慈善事業をしていた。これが、後のイスラエルの建国運動に繋がっていく。

・欧州のユダヤ人には、大別すると2種類の系統が存在する。一つは、16世紀のスペイン帝国の勃興に貢献し、オランダ、イギリスへと覇権が移動するとともに、これらの覇権国に移住し、欧州各国政府の金庫番や知恵袋として機能した「スファラディ(スペイン系)」と呼ばれる商人勢力。彼らは人口としては数万人から10数万人しかいない。これがロスチャイルドを中心とした黒幕系である。

・もう一方は、ユダヤ教を国教としていた「ハザール汗国」(8世紀、現在のウクライナのあたり)の末裔で「アシュケナジ(ドイツ系)」と呼ばれている1000万人以上の系統。ほとんどは貧しい農民で、ロシア革命前までロシアからウクライナにかけて住んでいた連中。

・後者のアシュケナジ系である。彼らが民族意識に目覚めて始まったのが、シオニズム(イスラエル建国運動)である。

・革命とは政権(商権)の交代なので、ビジネスチャンスでもある。戦いがあれば敵同士の両方に賭けておくロスチャイルド式の商法からいうと、「シオニズムの革命家も投資の対象」ということになる。ロスチャイルドは、イスラエルの建国を支持する一方で、対立するアラブ諸国や、石油利権を狙う旧宗主国にも裏で投資。ビジネス的にイスラエルが強くなりすぎることを憂慮したロスチャイルドは、イスラエルをなるべく小さな国として建国させ、そのころちょうど中東で採掘されるようになった石油の油田からも遠い場所のみを与えるように画策した。これを実現するために彼らがイギリス政府と謀って行ったのが「サイクス・ピコ協定」と「フセイン・マクマホン書簡」による、有名なイギリスの「三枚舌外交」だったのである。

・大英帝国は、第一次大戦を機に衰退していくが、イギリスが衰退してもロスチャイルドやその系列の資本家たちが世界で儲けることができるようにするために、英米が中心となる国際社会や国連が作られた。またイギリスは、自国に近いアメリカを次の覇権国にすべく、アメリカの資本家を国際社会で儲けられるように誘った。

・ロスチャイルドの世界支配は、覇権がイギリスからアメリカに委譲された時点で、ロスチャイルド家という一族支配から、ロスチャイルド家によって作られた英米中心の世界体制で儲ける人々のネットワーク(「国際エスタブリッシュメント」あるいは「国際協調派」)へと進化したのである。

・「国際社会」も、その実態は彼らロスチャイルドであり、実際の世界の人々の民意とは、本質的に関係がない。米英の政府やマスコミも、このネットワークの中の組織であり、世界の民衆の世論は、米英中心の国際的なマスコミによって扇動されている部分がかなりある。

・ロスチャイルドらによって、小さなイスラエルに押し込められていたシオニストの反撃が、アメリカのネオコン(現在だと、ウォルフォウィッツ、パールらはユダヤ人)を利用して開始されることになる(少し前まで、シオニストによってネオコンが、ひいてはブッシュ政権がコントロールされていた)。

・アメリカの中枢では、イスラエル系の勢力が冷戦を推進していた「軍産複合体」と連携して「タカ派」を形成することで力を持ち、それまでアメリカの中枢で力を持っていたロスチャイルド系の「国際協調派」(中道派)を押しのけていった。ネオコン(ウォルフォウィッツ、パールらはユダヤ人)が、「イラクに大量破壊兵器がある」という情報を捏造し、世論操作してイラク侵略に持ち込んだのは、ロスチャイルド系の中道派にとっては計算外だった。

・国際協調派(中道派)は、国連を使ってイスラエルを何度も非難したが、イスラエルは国連を全く無視している。また、ネオコンやタカ派の影響力が強いブッシュ政権も、国連や国際社会を無視して動いている。これらのことからも、ロスチャイルド対シオニストの戦いが、アメリカ中枢を舞台に、今も続いていることが推測される。
========================================================


同じ民族が建国したイスラエルでさえ、超エリートのロスチャイルド家にとっては、単なる駒の一つに過ぎないってこった。

しかも、これに加えてロックフェラーなどという黒幕もいたりするので、話はますますややこしくなってくる。

これを参考にすると、今回の中間選挙の共和党の大勝、民主党の大敗北は、彼らによって演出されている可能性が高い。どちらが勝っても得をする(orコントロールできる手玉は失わない)、同じ民族や協力者さえ簡単に売る彼らの戦略は実にエゲつないが効果的だ。彼らみたいな連中をを相手に、日本人はどのようにして本当の主権を確立していったらいいのだろうか。


ブログランキング ドット ネット人気ブログランキング - 路上日記@なんで屋るいネット

ジャンル:
海外
コメント (2)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本の政治が、与野党含めてCI... | トップ | 『ずるい!なぜ欧米人は平気でル... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ロックフェラーは、ロスチャイルドのアメリカでの代理人であると ()
2006-11-29 11:39:17
ヴィクター・ソーン曰く。
ロックフェラーは、ロスチャイルドのアメリカでの代理人であると。


更新 平成18年11月28日23時28分

平成十八年(二〇〇六年)十一月二十八日(火)
(第一千八百七十八回)

○ヴィクター・ソーンは、
 ロスチャイルドとロックフェラーの関係について、どう見るか。

○彼は「9・11の悪魔―二〇〇一年九月十一日のテロリスト攻撃
 に於けるイスラエルの中心的役割」の中で、

○「アメリカに於けるロスチャイルドの主席代理人(プライマリー・
 エージェント)としてのロックフェラー家」(前出、七十四頁)

○言う。

○ヴィクター・ソーンのこの見方は全く正しい。

○このことは、既に
 ユースタス・マリンズ著「世界権力構造の秘密」(日本文芸社、絶版)

○の中で明記されて居る。

○米国の有志が、この認識に到達したのは、比較的新しい。

○ヘンリー・フォードの「国際ユダヤ人」(全四巻)は、
 一九二〇年代初頭、フォードが出資して刊行した新聞、
 「ディアボーン」に連載された論説を集大成したものである。

○この時点の米国では、未だ、ロスチャイルド家についての全面的
 研究調査は進んで居ない。

○ユダヤ人ないし、国際ユダヤ人、国際ユダヤ金融資本、
 が問題とされた。

○この頃、フォードその他によって普及された「シオン長老の議定書」
 の本当の著者が、ロスチャイルド家の中心人物の一人、と言う風に
 は看破されて居ない。

○一九一三年十二月に成立した米国FRB(連邦準備銀行)の株式の
 過半数が、ロスチャイルド財閥の手中にある、と言うことは、まだ
 米国一般市民に広く知られて居ない。

○FRBを通じてのロスチャイルドのアメリカ支配に最初に光を
 あてたのは、

○詩人、エズラ・パウンドである。

○ユースタス・マリンズは、一九五〇年前後から米国政府によって
 精神病院に幽閉されて居たエズラ・パウンドを師として学び、

○パウンドの指示によって、米FRBの隠蔽された真相を調査して、

○「FRBの秘密」の最初の版を出版した。

○これは、事実上は、パウンドの著作であったが、彼は精神病院に
 監禁されて居るので、自分の名前を出すことが出来ない。

○そのために、ユースタス・マリンズの名前で出たのである。

○この「パウンド=マリンズ」の業績を出発点として研究をすすめれば、

○必然的に、

○二十世紀、米国の主人はロスチャイルドである。

○ことが見えて来る。

○それ以前、米国の有志は、ロックフェラーを米国の悪の元凶、
 として弾劾した。

○ゲーリー・アレンの「ロックフェラー帝国の陰謀」(自由国民社、
 高橋良典訳、全二巻、絶版)は、この水準である。

○ヴィクター・ソーンは、ロスチャイルドとロックフェラーの関係を
 正確に、明確に、定義する。

○いはゆる(9・11)についても
 NWO新世界権力完成への一歩をすすめるべく、このアジェンダを
 設定したのは、イルミナティのピラミッドの頂点に立つ、ロスチャ
 イルドであると、V・ソーンは言う。


○しかし、米国内で、そのアジェンダ具体化のために仕切ったのは、
 ロックフェラーである、とV・ソーンは述べる。

○それでは、イスラエルはどうなるのか。

○「イスラエル国家」の創設は、まさしく、ロスチャイルド家の事業
 の一つである。

○ヴィクター・ソーンは、今のところ順調に正しい方向へと成長して
 いるようだ。

 (了)



太田龍の時事寸評
http://www.pavc.ne.jp/~ryu/cgi-bin/jiji.cgi

 ロスチャイルドが、ロックフェラーを対立として見せかけているだけである。つまり、いつでもロスチャイルドが正義の使者として、世界の人々に思い込ませようとしているだけである。ロスチャイルドは中道ではなく、革命と戦争の仕掛けの張本人の中枢の家系である。ロスチャイルドが、共産主義革命の本部イルミナティ機関を作ったのである。


『闇の世界史ー教科書が絶対に教えない』ウィリアム・G・カー著、太田龍訳
P98〜P114
 その前後は、英国の清教徒革命、名誉革命、フランスのフランス革命との関連性も言及されている。

フランクフルトにおけるロスチャイルドの革命綱領 ()
2006-11-29 12:02:03
フランクフルト会議で披露された25箇条の「世界革命綱領」
 (1)、人間は暴力とテロリズムによってのみ統轄され得る。
 (2)、自由主義を流布させて、権力を我等の手中に修める準備とする。
 (3)、自由の思想を階級間の戦争に発展させる。
 (4)、目的の為に如何なる手段を使うことも正当化される。
 (5)、我々にとって正義(Right)は力である。
 (6)、目的達成のその瞬間まで、我々の力は不可視のものでなければならない。
 (7)、大衆を統御する為に、群集心理を利用すべし。
 (8)、アルコール飲料、麻薬、道徳的退廃、その他全ての型の悪を大衆の中に注入せよ。
 (9)、あらゆる手段で(他人の、他民族の)財産を収奪せよ。
 (10)、自由、平等、博愛のスローガンで大衆を欺瞞せよ。
 (11)、諸民族を互いに再現のない戦争に引きずり込め。
 (12)、各国政府の主要な地位に、我々に従順な人間を着けよ。
 (13)、プロパガンダ(宣伝)が重要である。
 (14)、必要とあれば我々の工作員(Agentur)を処刑して、我々が秩序回復の救い主と
      して登場する。
 (15)、経済的好況と恐慌を演出し、暴民をして我々の邪魔者を一掃させる。
 (16)、大陸(ヨッローパ)内フリーメーソンに浸透せよ。
 (17)、組織的な偽瞞の技術を発展させよ。
 (18)、革命戦争の為の詳細な計画。
 (19)、偽瞞の外交技術の必要。
 (20)、究極の世界政府が目標である。この目標に到達する為には、莫大な独占が必要とされる。
 (21)、非ユダヤ人の財産を収奪する為の経済戦争の計画。
 (22)、非ユダヤ人を互いに破壊させる為の準備を構築せよ。
 (23)、新秩序。単一世界政府の要員は、独裁者によって指名される。
 (24)、青年、若者をとりこにする事は重要である。
 (25)、各国法と国際法は、非ユダヤ人の文明を破壊する為に利用されねばならない。

*********************

ロスチャイルド曰く
「次にこの発言者は、政治的自由とは事実ではなく一つの思想であると主張し、政治権力を奪取するには「リベラリズム」を説くだけで十分であるとした。そうすれば有権者は一つの思想の為に自らの力、特権を手放す事になり、陰謀者は、その放棄された力、特権をかき集めて手中におさめればいいことになると論じた」
「次に、状況が悪化し、貧困と恐怖によって大衆が支配された時には、常に代理人を表舞台に立たせ、秩序を回復すべき時が来れば、犠牲者は犯罪者や責任能力のない人々の犠牲となったと解釈されるよう、事を進めなければならないと発言者は指摘した。つまり、「計算済みの『恐怖支配』が実現した時点で、犯罪者や精神異常者を処刑すれば、我々自身を抑圧された人々の救世主、労働者の擁護者として見せかける事が出来る」と述べ、発言者は、「実際のところ、我々の関心は正反対で……減らす事、即ちゴイム(非ユダヤ人)を殺害する事にある」と続けたのだった」

 早く目を醒ますように。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
フィリピンから介護士、日本から毒性廃棄物?(2) (多文化・多民族・多国籍社会で「人として」)
2006.11.26.22:30ころ フィリピンから介護士、日本から毒性廃棄物?
蟻の兵隊 (関係性)
 横浜でドキュメンタリー映画「蟻の兵隊」を見て、軍隊組織とそこで蹂躙されてきたきた兵隊、そしてその兵隊の中国(山西省)での残虐行為を背負いながら、元日本兵の大戦後の残留命令で痛手を負う老人に日本国家は何も詫びようとしない現状を知った。  luxembu ...
★新東京タワー2011!!!★ (★ニュース・全般★)
★新東京タワー2011年開業!!!★  2011年の開業を目指して東京・墨田区に建設される新東京タワーのデザインが決まった。(●~▽~●)/ デザインは、足もとは三角形で、上に伸びるに従って緩やかに丸みを帯びるようになり、上部では完
日本一の男が教える10分で「売る天才」になる方法 (失業保険に頼らない!脱サラ男の資産形成ブログ!)
「たった1通メールを出すと、収入が100万円増える男がいます。彼の名前は・・・」
世界の経済支配者たち (飯大蔵の言いたい事)
アメリカの経済支配者たち (集英社新書)はすごい本だ。その紹介では 出版社/著者からの内容紹介 日本の金融界を牛耳るアメリカ。だがそのアメリカを動かしているのは大統領でも二大政党でもない。「財閥の遺産相続人」「CIAの経済戦略」「ウォール街の国際投機人脈」な...