にほん民族解放戦線^o^

米帝→官邸→マスコミの洗脳による植民地状態からの脱却を考えてみるブログ♪主権を取り戻し、日本の未来を考えよう。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

イラク…米軍による虐殺、次々と…(虐殺の事実を隠蔽する情報操作)

2007年02月11日 | 雅無乱日記
画像 REUTERS/Jamal Saidi . Common Dreams News Center より

「誰がなんと言おうと増派なんだ!」と絶叫する指導者のもと、米国世論と世界世論の反対を押し切って海兵隊を続々とイラクに送り込んでいるアメリカだが、非武装の市民600人が殺され、1000人以上が負傷した「ファルージャの大虐殺」に続き、またもやイラクで大量虐殺を開始した模様だ。

米軍の大規模な掃討作戦(実質は侵略・虐殺)が迫っているということで、イラク北部やヨルダンなど周辺諸国へ、難民が370万人も避難し始めているとの話(日経:2/8朝刊)。米軍は、ファルージャでやってきたように民間人も区別無く殺戮するだろうから、もう家を捨てて逃げるしかないと判断しているのだろう。無理もない。

というわけで、再び始まった彼らの虐殺攻勢を、まずは9日の朝日新聞の夕刊から追っていこう。

>「米誤爆 子ら45人死亡」
>内戦状態が続くイラクで駐留米軍は8日朝、西部アンバル州で外国人武装勢力の拠点となっていた建物2軒に精密誘導爆弾による空爆を加え、「テロリスト」13人を殺害したと発表した。

>しかしAP通信は(中略)、空爆で民家4軒が破壊され、女性や子ども、老人を含む45人が死亡したと伝えた。

>(中略)AP通信は、米軍の空爆で犠牲になったとされる死傷した子どもの映像を配信した。各地でテロも相次いでおり、内戦状態の治安が落ち着く兆しはない。AP通信は、計104人が死亡したと伝えた。


こんなことが、この先どんどん続いていくのだろう。「誤爆」は彼らの流行語?

         続きを読む前に応援を!
    ↓         ↓         ↓
 ブログランキング・人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】


もっとひどいのはこのニュース。

イラク軍、駐留米軍 交戦、武装勢力250人死亡 正体不明 シーア派カルト?
(1月29日16時18分配信 産経新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070129-00000031-san-int

この虐殺された250人が、実は民間人だったという可能性が濃厚である。

この件を扱ったブログを紹介する。

ナジャフのカルト集団への米軍の「大勝利」 実は巡礼者らの「大量殺戮」の可能性 カルト教団の隠蔽工作に利用か?(ブログ「机の上の空 大沼安史の個人新聞」)
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2007/01/post_b984.html

「カルト指導者に対する米国の大勝利」は、虐殺だった(Falluja,April 2004-the book)
http://teanotwar.seesaa.net/article/32530646.html
「ナジャフの戦闘」をめぐる当局の嘘が暴かれた(Falluja,April 2004-the book)
http://teanotwar.seesaa.net/article/32693448.html

要するに、巡礼に来ていたただの民間人を大量虐殺しておいて、都合が悪いので「狂信集団」とか「終末論的カルトの一群」とレッテルを貼り、あたかも「掃討」が正統的なものであるかのように情報操作しているのである。

アメリカが使ういつもの手なのだが、今回のはホンマひどい。人間のやることではない。「テロリスト」や「カルト」というのは実に便利な言葉である。自分たちの行う非道の数々をすべて正当化してくれるわけだから(「テロリスト」であり、「キリスト教原理主義のカルト集団」であるアメリカがそういう言葉を使うなよな…おまえらの事やろ…といつも思うのである)。

この件については、大手新聞では読売が2月9日の朝刊に「スンニ派“当局の捏造”-シーア派反発 両派に米軍利用の思惑-」という記事でちょろっと採り上げているのみ。ただし、奥歯にものが挟まったような表現でお茶を濁している(トーンとしては、「米軍を宗教の派閥対立で自分たちの側に有利なように利用しようとしている連中がいますわな…」という感じの記事)。

アメリカの精神的植民地である日本では、まともな報道はされないのだろうか?
「不都合な事実」を隠蔽するアメリカの、しかもアメリカ世論ではなく現政権の極一部の連中の大本営発表通りに報道するだけなのか?

久間と麻生のホンネ(失言?)を必死で言いつくろうアベシンゾーを見ていると、実に暗澹たる気分になってくる。そのうちNATOを通じてアメリカから「アフガニスタンにも自衛隊を出せ」という要請がくるだろうが、まさか引き受けるんじゃねーだろうな。

ぜったいにそんな要求を呑んではならない。

米軍に後ろから撃たれるだけだぞ。

==============================================
☆イラク開戦直後の英軍誤射ビデオ=悪態つく米操縦士(AFP通信→時事通信)
http://news.www.infoseek.co.jp/world/story/20070207afpAFP010899/

(中略)

《ユーチューブの当該動画》
☆The "friendly-fire" death of a British soldier in Iraq.(p1)
http://www.youtube.com/watch?v=AV_16PdWnBo

☆The "friendly-fire" death of a British soldier in Iraq.(p2)
http://www.youtube.com/watch?v=NFdJ4X_wWj0


☆このコックピット映像(動画)と米軍地上管制官との会話の
日本語訳はここにある
     ↓
http://www.afpbb.com/article/1307204
http://tinyurl.com/2ftuk8
================================================

以上は、ブログ「薔薇、または陽だまりの猫」より
http://blog.goo.ne.jp/harumi-s_2005/e/e049ee6a959a2703e22e2fe39b54ae30

増派によって、このイカレタ連中の虐殺がさらに大規模になっていくと思うと、実に暗澹たる気分になってくる。

日本のマスコミは、ちゃんと事実を報道しろ!
ジャンル:
海外
コメント (6)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「アメリカの幼稚なイラク戦... | トップ | 穀物の価格が上がってるのは... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (tatsujin)
2007-02-11 19:13:48
始めまして。記事に同感します。フランクフルト・アルゲマイヤーなんかもスーパーノートとCIAの関係をばらすなど日本のメディアの閉塞感だけが目立ちますね。
無関係なTB (mugi)
2007-02-11 20:45:35
私のブログへのTBは今回で2回目ですね。
イランとインドの歴史を書いた私の記事とはまるで無関係の内容ですよ。イラクの人々に同情と支援を訴えるのが目的ですか?
イラクの人々に同情しろというのなら、同じくウイグルやチェチェンの弾圧された人々にも関心を寄せるべきですね。
どうしたものかアメリカ、イスラエルの弾圧、人権蹂躙を糾弾する人は、中露のそれはスルーですから。
「にほん民族解放戦線」とは「プロ市民」のカムフラージュですか?

私からもロシアのムスリム同化政策を書いた記事をトラバしますので、よーくご覧になってください。そのうちに中国の回族迫害記事も送りましょうか。
コメントありがとうございます (雅無乱)
2007-02-13 01:24:36
tatsujinさん、コメントありがとうございます。

>フランクフルト・アルゲマイヤー

チェックしてみます^^)


mugiさん、コメントありがとうございます。

関係の薄い記事にTBを貼ってしまってすみません。お手数ですが削除してください。

イラクやパレスチナ以外にも書きたいことは山ほどあります。
コロンビアで枯葉剤を撒いてる連中のことや、インドでエセ近代農業の導入と自国の補助金政策を通じて地元の人々の自殺を促進している連中や、鉄鉱石の採掘のためにアボリジニの土地を奪って彼らの生活を破壊している連中などなど…(もちろんウイグルの件も)

チェチェン関連についても、過去のエントリーで採り上げたことがあります。

フツウのサラリーマンなので全てを勉強して網羅するのは難しいです。これからも少ない時間の中で私なりに優先順位をつけてやっていかせていただきます。

>「プロ市民」のカムフラージュですか?

この部分の意味がよく分かりませんでしたが、いったい何でしょうか?
Unknown (tatsujin)
2007-02-14 16:14:59
http://www.watchingamerica.com/frankfurterallgemeine000009.shtml

例のドイツの記事です。
紹介ありがとうございます! (雅無乱)
2007-03-16 21:55:11
tatsujinさん、記事の紹介ありがとうございます。

しかしドイツ語は…^^;)

この話ですね↓

http://real.zoom-in.to/blogn/index.php?eid=55

やっぱしな、といった感じです。

アメリカがあっさり北朝鮮に妥協してるのも、このあたりと関係があるとしか考えられませんね。

日本はただ一国おバカな国になっている。

どうにかしなくては!
悲しい事実 (のんちゃん)
2008-12-30 23:46:25
初めまして。私は.アメリカ軍の兵士が虐殺した.ベトナムの方の死骸をくわえタバコの姿で.片手で.指でつまんで持ち上げている写真を見た瞬間.胸が苦しくて悲しくてたまりませんでした。写真を直視し『この世から“戦争”をなくしたい。“戦争”を無くす為に行動する』決意しました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
【NHKスペシャル】 なぜ戦争は拡大したのか???  (わんばらんす)
いつも拙ブログにきて頂いてありがとうございます。 おかげさまで「50000アクセス」を超えました♪^^ そして、お忙しいのにポチッと応援もありがとうございます。 毎日、ランキングをみる度にアリガタイと思
ロシアの同化政策 その① (トーキング・マイノリティ)
 インディアンことネイティブ・アメリカンが白人政府の同化政策により、民族の伝統文化を根こそぎ破壊され、保留地に隔離された悲劇はアメリカ史に詳しく ない方でも知っているし、ネットでも容易に検索できる。だが、ロシアでも似たような同化政策があったことは案外知...
学びほぐす(unlearn)・教え返す(unteach) (関係性)
 長々と「マグロ消費と環境」について書いてきた。この中で最も大きな収穫はコメント交流であった。また、コメントによる実体験をわが物として次の記事への導入とさせて頂いた。このことが結局、長い連載となり読み難い内容となったかもしれないが、少なくても私の中の“...
チョムスキーとメディア~マニュファクチャリング・コンセント (弱い文明)
 2月17日より、渋谷のユーロスペースにて、『チョムスキーとメディア~マニュファクチャリング・コンセント』が上映される。