七曜工房みかん島

瀬戸内海の
しまなみ海道の大三島で
自力建設の家に住み
無農薬みかんを作り
木工をして
自給自足を目指して

梅雨明け の カタツムリ

2008年07月11日 | 一人で建てる木組みの家のインテリア家具編
 このまま、夏本番に突入でしょうか。

 梅雨の湿りけやひんやり感が、懐かしく、


カタツムリハガキ立て と 楊枝立て(一輪挿し)  みかんの木クラフト 七曜工房作
はがき絵は、滋賀の友人Sさんにいただいたもの。


 例年より早い、梅雨明け宣言に、
  カタツムリも、「ありゃあ~」と、
  アジサイの葉っぱならぬ、ゴーヤの葉っぱの上で、
  慌てているかもしれません。 



カタツムリのブローチ   ケヤキ材 ウルシ塗り 七曜工房作



  もう少し続く梅雨を期待して、
    移植し残していた、トロ箱の挿し木苗を眺めつつ、
    妻・ひろも、カタツムリ同様、慌て気味です。

    
    去年の梅雨に挿し木した、ハーブ苗が大きく育っている。




「一人で建てる木組みの家」のロフトには、
  カタツムリが 6匹ひそんでいます。

 

西側外観から見る、ロフトの3つの窓




妻が、
 “簡単手抜きカーテン” を ぶら下げる竹棒を依頼した時、
夫が、作ったものです。




カーテンをぶら下げる竹棒を,
両端で、支えているのが、カタツムり




カタツムリの角を製作中の夫。
ハナも木工室へ様子を見にやってくる。




カタツムリのカーテンアクセサリーにエゴマオイルを塗る。


目ただないのですが、
それぞれ2匹ずつ、カタツムリが潜んでいます。


下へ行くカタツムリ・カーテンアクセサリー サクラ材 エゴマオイル塗り 七曜工房作


上へ行くカタツムリ・カーテンアクセサリー タモ材 エゴマオイル塗り 七曜工房作


調子に乗った妻は、

 「凄い、凄い、カーテンホルダーも木で作って欲しい」
 「こんなに、凝らなくても、簡単でいいから」

 買い物不便な大三島です。
 アレコレ苦労して探すより
 夫への発注が、
 早くて、何よりピッタリサイズですから。

 
カーテンホルダー製作中




木製シンプルカーテンホルダー出来上がり
 



カーテンホルダーって、要らないようでやっぱり要るんですよね。








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 四つ葉のクローバー ~妻か... | トップ | トコロテン作りは、理科実験 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。