七曜工房みかん島

瀬戸内海の
しまなみ海道の大三島で
無農薬みかんを作り
木工をして
家を建て

蟻駆除、,蟻共存 あるいは 蟻飼育なのか?

2008年08月17日 | 大三島での生活
夫が建てた木組み家に転居して、2か月余り
 ずぼらな妻であっても、掃除はしている。

そして、できることなら、新居では、
虫や小動物との同棲は避けたいと願っている。

しかし、最近、が、台所の流し台に定住し、
 リビングの床のあちらこちらに、散策をし始めた。

古家に転居当時の5年前には、
蟻が、大挙して進入するのに、びっくりして、
蟻の巣に熱湯をかけたり、床を酢で拭いたり、
トンガラシを撒いたり、巣をつぶしたり、
掃除機で吸い込んだりと、
いろいろ試したが、どれも、全く効果がなかった。



そこで、
アリの巣コロリ” なる駆除薬を購入したところ、
その効果に、夫と二人で驚愕した。

アリの巣コロリ というのは、
 蟻が持ち運びし易い大きさの毒顆粒のパック詰めで、
 蟻をおびき寄せる香りがあるらしく、
 蟻が、毒薬をエサと勘違いして、大喜びで、
 せっせっと列をなして、巣に持ち帰ることによって
 蟻の巣ごと、蟻一族を皆殺しするという、
 だまし討ちのような、アリ駆除剤であった。

しかし、やがて一つの巣を皆殺ししても、
蟻の巣は、あちらこちらに無数にあり、
また別の蟻一族が責めてくることが判明した。

蟻は、家の廻りに巣作りをするのが快適らしく、
古家の廻りは、蟻の巣だらけで、あったのである。


古家の犬走りには、ずーっと、アリの巣が一杯ある!


それに、家の中には、食べ物かすをこぼさなくても、
虫の屍骸など、蟻の大好物が一杯あるらしく、
家の中でエサを見つけては、せっせっと、戸外の巣に運んでいた。



死んだ蛾を見つけて運ぶ蟻軍団



死んだバッタを、2匹で頑張って運ぶ蟻




しかし、新居では、初めが肝心!
 なんとか、蟻との同棲を食い止めたい。

新居に散策するアリを、刑事のごとく追い詰めて、
ついに、夫は、蟻の巣の在処をつきとめた。



新居の蟻の巣1号 夫が、アリの巣を掘り起こしたので、へこんでいる。



さて、
新居に一番に侵入してきたアリ一族の抹殺方法であるが、

アリの巣コロリは、きっと一つでは足らなくて、結構高くつきそうだし、

また、毒薬をせっせっと巣に運ぶ、健気なアリの姿を見ていると
ユダヤ人を毒ガス室に収容するヒットラーになったようで、
ちょっぴり、後ろめたくなったりもする。



そこで、ケチで、動物愛護主義の夫は、
“平和的なアリ駆除方法&共存方法”を思い付いたのである。

蟻が、わざわざ新居にエサをあさりに来なくても、
すぐ巣の近くで、簡単にエサにありつけるようにと、
巣のま近に、毎日、パンクズを置き始めたのである。



夫が与えるパンクズに群がる蟻たち

その効果は絶大で、
蟻は、すぐ巣のま近で、簡単にエサにありつけるので、
家の中まで、やってくる必要がなくなった。


しかし、
これって、アリ駆除ではなく、アリ飼育ではないのか

居心地が良く、近辺の蟻が噂を聞きつけて集まり
巨大蟻王国を、新居の廻りに設立するのではないか。

果たして、
夫考案の
蟻との平和的共存?平和的蟻駆除は、
成功するでしょうか。









ジャンル:
ウェブログ
キーワード
ヒットラー
コメント (4) |  トラックバック (0) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« リビングの主役は、ダイニングテ... | トップ | イワシでイカを獲る »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして。 (杉丸)
2008-08-17 14:20:35
以前からこちらのブログ、
特に『一人で建てる木組みの家』を愛読させていただいておりました。
ご主人が本当に一人(奥様とふたり)で建ててしまうところが
何というか「尊敬。。」です。

私は現在那須の雑木林で国産杉のログハウスを建築中ですが、
きっと虫には悩まされることだろう、という思いがあります。
そこへ今回のご主人の蟻退治?方法を読んで
「目からうろこ」の気持ちとなり
思わずコメントさせていただきました。
そのうちわが家でも「平和的蟻駆除」を
ためすことになるかもしれません。。
杉丸様 (七曜工房)
2008-08-19 17:55:13
はぁ〜!
 特に「一人で建てる木組の家」を愛読という、
お言葉に、夫が、「それみろ!」とばかりに、
喜んでおります。
ありがとうございます。
いつも、妻に、コキおらされているもんで、
テンション下がり気味だったんですが、
上りそうです。

杉丸様も、ブログを拝見しますと、
那須、御用邸の近くに、
プチセルフビルドで、ログハウスを建築中なんですね。

我家の蟻退治のその後
蟻飼育は、
一つの蟻の巣撃退には、効果的ですが、
やはり、どこからともなく、
蟻はやってきて、床を散策中です。

まあ〜、アリの巣コロリと同じ程度の効果です。
が、平和的、経済的という点で。
こちらの方が断然すぐれてはいますが。
Unknown (ゆき)
2011-06-15 08:35:54
蟻は その後 どうでしょうか?
うちも 毎年 蟻に 悩まされています
家周りに 粉薬 撒くんですが、どっからか 入ってきて 発狂しそうです
ゆきさんへ (七曜工房)
2011-08-08 17:48:51
アリの大群って、すごいですものね。、
このところ、アリ道は住まいのほうには、ついていないようです。理由は不明です。
しかし、コバエと羽蟻の大群が、舞っていた時期がしばらくありました。
見て見ぬふりをするか、猛然と戦うか、その時の気分しだいです。実害がなければですが。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。