七曜工房みかん島

瀬戸内海の
しまなみ海道の大三島で
自力建設の家に住み
無農薬みかんを作り
木工をして
自給自足を目指して

しんぶん 赤旗 「ひと」

2008年07月06日 | 一人で建てる木組みの家のインテリア家具編


2008年6月27日 しんぶん赤旗 ひと欄の記事です。

七曜工房の「みかんの木クラフト」に着目して、
東京よりわざわざ取材に来てくださった、
大学時代より、環境保護や自然に興味があったという
赤旗新聞経済部のY記者さん。

夫から、丁寧にじっくりと取材してくださった結果、
記事の出だしが、なんと、トイレットペーパーホルダーになっていました。

夫の、いきなりのトイレへの案内や、
トイレットペーパーホルダーについての熱弁が、
よほど、印象的だったのでしょうか。

そう言えば、夫は
トイレットペーパーホルダーを作りつつ
なにやら、妻にも語っておりましたけ。




夫が案内したトイレです。



これが、トイレットペーパーホルダー
なぜか、カブラにタコが乗っている
今が旬のカブラを収穫していて、イメージが湧いたと言う。


トイレットペーパーをセットすると、こんな感じ
ペーパーを巻き取る時、タコがクルクルと廻ります


タコに飽きたら、クジラバージョンに、変えるらしい。


タオル掛けは、鳥をイメージしたとか。


ついでに、お風呂のバスタオルかけも


タコで、


洗面所の化粧台は、少しスマートなデザインを選び、




我家の前の海岸に来る、アオサギです。









しんぶん 赤旗 「ひと」欄 抜粋 

~基礎から建具まで、すべて手作りの自宅には、
愛媛・大三島の自然が、小物になってあふれます。~
 



あっ、我家の家紋は、タコ
破風飾りも、タコでした。 
こちら・「妻よりの家作り実況版」を、ごらんください。









コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加