霧島家日誌

もう何が何だかわからないよろず日誌だ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

連ザ紹介

2006年01月17日 16時41分54秒 | 連合vsZ.A.F.T.
今日はプレイ人口の増加を願って連合vsZ.A.F.T.(通称連ザ)の紹介をしよう。
…実は今日、ついに地元のゲームセンターの三階から連ザが無くなった。
地下に移動になったのだな。
更に過疎になるかもなo............................rz

ま、最近過疎気味なのもあるし、未だに固定相方が出来ないのもあるし、
連ザの話題はわからない人には全く判らないから、
この際紹介を含めて宣伝をしておこうという事だ。


さて、連ザは連邦vsジオン、エゥーゴvsティターンズに続く
vsシリーズ三作目であり、二対二で戦う特殊な対戦ゲームだ。

特殊と言うのは何が特殊かと言えば、
例えば、自分がやられても負けにはならない。
選んだ機体によっては、二回やられてもまだ戦闘続行になるのだ。

これは、このゲームの勝敗が体力によって決まるのではなく、
戦力ゲージによって決まる事に関係している。


vsシリーズはガンダムシリーズが原作である。
そして、ガンダムシリーズは機体の性能が一様とは限らない。
当たり前の話だが、主人公機は強いし、量産型は弱い。

これをゲーム化するとなると、難しい問題に直面する。
原作がある以上原作にある程度忠実に作らなければならない。
しかし、ゲームである以上機体性能に格差があるとまずいのだ。
強い機体しか使わなくなるからな。

つまりだ。
普通の対戦格闘ゲームみたいにすると、
ガンダムしかいなくなってしまうのだ。

これはまずい。
しかし、かと言って原作を無視して
全機体同程度の性能にする訳にもいかない。

ザクにばったばったとガンダムをなぎ倒されても困る。


そこでカプンコカプコンが採用したのが
『戦力ゲージ』そして『コスト』だ。

例えば連ザにおいて、後半主役機のジャスティス、フリーダム、
それとラスボス機のプロヴィデンスはコストが☆4だ。
序盤に活躍したストライクやイージスは☆3.5。
序盤から終盤まで活躍した量産機ジンは☆2だし、
後半活躍した量産機ゲイツやストライクダガーは☆2.5だ。
強い機体ほどコストが多くなるのが判るだろう。

機体が破壊された時、戦力ゲージの減る量が
このコストによって決定される。
戦力ゲージの総量は☆7.5だ(厳密には違うが)。

だから☆4は二回やられるとゲームオーバー。
☆3.5は二回やられてもギリギリセーフ。
こういう事態が起こる。

コスト制が無いのなら、強い機体同士組めばそれで万事解決だ。
例えばジャスティス+フリーダム。プロヴィデンスと組んでもいい。
とにかく☆4+☆4が文句なく最強だろう。
しかし、コスト制がある為両方一回やられただけで終わってしまう。

一方☆3.5の機体二機で組めば、両方一回やられてもまだ戦える。
☆4を使いたかったら強さに不安のある☆3以下でないと辛い…
☆3と☆2.5ならば☆3は一回、☆2.5は二回再出撃できる。
…という風になるのだ。

こうしてうまくバランスをとり、
弱い機体でも戦える様にしたのがこのゲームだ。
…尤も、突き詰めれば☆4+☆3が一番強いんだが。


もう一つの特徴が、二対二の団体戦だという事だ。
こちらはあまり語らずとも判るだろう。

味方と同じ敵を狙って十字砲火を食らわせたり、
味方が攻撃を受けていたら助けたり、逆に助けられたり。
連携戦は個人戦となる対戦格闘では楽しめない快感だ。

ま、味方がミスるのが嫌な自己厨はやるなって事だ。



これを読んでちょっとでも興味の湧いた人は、
家庭用を買ったりゲーセンに行って一回やってみたりしてみてほしい。

固定相方ほしいな……
ジャンル:
シューティング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 勝利 | トップ | 北海道へ見舞いに »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (iris)
2006-01-18 20:58:21
三国志大戦 覇王への道

http://g-master.org/3taisen/



↑初心者~中級者にお勧め。

情報量と見易さ、解説の分かりやすさは一番



Maximer's~覇者の求心~

http://www.maximers.net/



↑上級者用。

デッキ相性を示したデッキダイヤが特徴。





この二つを読んで分からないことがあったら

質問してくださいな。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。