ナナッテ先生のおせっかいブログ

自己実現のために……

宿題の意義

2017年09月01日 | コラム・雑感
なぜ宿題が出るのでしょうか――その主な理由として次の3つを挙げることができます。

まず、「学習を発展させる」です。人間は忘れるのが“得意”な動物。関心があれば別ですが、そうでない情報は自分の中に取り入れようとしませんし(心理学にいう「カクテルパーティー効果」がこれを示しています)、すぐに忘れてしまうことも。ですから、授業で習ったことに類する問題を解くことで理解を深めることができ、そして忘れることを防げるのです。

では、漢字や単語など日々の授業と関連が薄い宿題はどうでしょうか。それは“パターナリズム”です。簡単にいえば、大人の後悔から発するおせっかいです。十代は育ち盛り。体が大きく成長します。脳細胞も同様。いわば成長の「黄金期」なのです。
学校を卒業し大人になっても、資格試験などで勉強の必要が生じることがあります。ところが、大人になって新しいことを学ぶのは苦労します。脳が硬くなっているからです。だから「若い時にもっと勉強しておけば良かった」という後悔からおせっかいしたくなるのです。

最後は、“大人”になるための準備です。ここで大人とは、自分をコントロールできる人のことです。大人になるためには、年齢を重ねるだけではだめで、自制心、忍耐力…といった精神面の鍛練・訓練が必要となります。宿題は、遊びたい、眠たい…欲求との闘いでもあります。また、宿題をやるには何かをガマンしなければなりません。逆をいうと、宿題をすることで自制心、忍耐力を身につけることができるのです。

とにかく、宿題を放置したり、逃げ回っていると“困ったこと”になります。できるだけ早い時期に処理しておきましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 赤ちゃんの“営業スマイル” | トップ | 長男には“プレミアム感”を »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

コラム・雑感」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。