ナナッテ先生のおせっかいブログ

自己実現のために……

ノートの重要性・必要性

2017年09月28日 | 受験勉強
中学まではノートがなくても好成績を修めることは可能ですが、高校以上ではムリ。処理すべき情報量が膨大だからです。
後掲番組(1)は、学校の先生にアンケートを取ったところ、全員が成績を上げるカギとしてノートを挙げたと言います。
ノートに関しては、たくさん述べたいことがありますが、今回は「ノートの重要性・必要性」に絞ります。

関心を持つ★
人間の情報抽出能力の高さを示す音響心理学のカクテルパーティー効果を裏から捉えると、関心のない情報は取り入れないという結論を得られます。まじめに聞いていても興味のない話だと体の中に入ってこないのです。だから、書くという行為で関心のレベルを上げ、この情報は大切だから無視してはいけないと脳に働きかけるのです。
後掲番組(2)は、普通の大学生は授業中に板書を写すのみだが、東大生は先生の小話さえ書き取ると検証しています。ということは板書さえ書かないと普通の大学にさえ合格できないといえるかもしれません。

伝える★
ノートには情報を伝える役目もあります。
学級日誌のように、こういうことがありました、こういうことが決まりました……と伝えることです。また、実験の様子を先生に伝える実験ノートというのもあります。
さらに、伝える対象は他にもあります。テスト直前の自分です。授業でこういうことを学びました……と伝えるノートがあると効率的に復習することが可能ですね。

まとめる★
筆記テストには選択記号の問題だけではなく、キチンとした文で書くことを要求される記述式もありますね。対応策として、日頃から情報をまとめるトレーニングしておく必要があります。ノートはそのトレーニングにもなるのです。
特にセンター試験に替わる新試験ではまとまった記述を要求されますので、その必要性は高まっているといえます。
日頃からまめにノートを書いている人は作文、感想文、小論文……など長い文章もスラスラ書けるようになります。

参考
(1) テストの花道「成績を伸ばすカギ! ノート術」
(2) 『所さんの目がテン』東大に受かる(秘)勉強法
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 筆記用具の使い分け | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

受験勉強」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。