ナナッテ先生のおせっかいブログ

自己実現のために……

長男には“プレミアム感”を

2017年09月12日 | 子育て・人格形成
長男にありがちな問題として、斜に構えた態度をとる、すぐに不機嫌になる、価値観が歪んでいる……を挙げることができます。特に第一子長男に顕著です。それは「第二子ショック」を克服していないことが主な原因と考えます。

「ワンオペ育児」という言葉に象徴されるように現代社会では育児の密室化が進んでいます。そのため親子の関係は濃密になりがち。特に男の子だとお母さんとの関係はまるで恋人のよう……。

ところが、蜜月は長くは続かず、第二子の誕生で終焉を迎えます。突然母親を奪われて、お兄ちゃんという棚にあげられてしまいます。

これが年子であれば、母親を独占した記憶がないためダメージも小さいでしょう。逆に、大きく離れていれば、余裕があるので素直に弟・妹を歓迎するでしょう。危ない年齢差が2歳~4歳。ちょうど自我に目覚める時期です。早すぎる挫折は大きな心の傷となることも。これを機にコミュニケーション不全に陥りやすいといえます。

対処法として考えられるのは、“プレミアム感”を演出すること。「あなたは長男だから特別よ」と持ち上げて優越感に浸らせるのです。

例えば、デート。二人きりで出かけて美味しいアイスクリームを食べたり、ゲームセンターでプリクラを撮ったりしては如何でしょうか。さらに「これは内緒よ。二人だけのヒミツだからね。ほら、指切り」と秘密を共有すれば、いっそう効果的です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宿題の意義 | トップ | 筆記用具の使い分け »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

子育て・人格形成」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。