即席の足跡《CURIO DAYS》

毎日の不思議に思ったことを感じるままに。キーワードは、知的?好奇心、生活者発想。観る将棋ファン。線路内人立ち入り研究。

サムライサッカーが世界を制する日

2008年05月19日 00時30分53秒 | スポーツ
埼スタ無法地帯!サポーター大暴動(スポーツニッポン) - goo ニュース

昨日のガンバ大阪vs.浦和レッズ。
ちょこっと見てましたが、審判の判定が原因でかなりエキサイトしていました。

今日の朝日新聞。
タイトルは、
微妙な判定「僕らは何も言わない。それがサッカー。」
-------------------------------
判定や相手の激しいプレーに対するガ大阪と浦和の姿勢は、明確に違う。
ガ大阪の選手は、つかまれても引っ掛けられても無言でプレーを続けた。逆に浦和の選手は倒されると大げさなしぐさで審判に相手の反則を主張した。
それが勝敗を分けた。
------------------------------

ガンバの2点目の得点が象徴的です。

タッチを割ったボールを浦和は自分のボールと思い、
そうでない判定をした審判に抗議の姿勢を見せ、一瞬足が止まった。
集中力が途切れたその一瞬の得点。

チームの姿勢として、今季のガンバは無駄な警告を受けるような抗議をしないことに徹している。
一方、浦和は、試合後も審判に対し、不満をぶちまける結果になった。

そしてサポーターまでもが衝突。大阪のサポーターは3時間も封鎖されたとのこと。

そんな試合を見て、最近読んだこの本を思い出した。
サッカーを知的に愉しむ (光文社新書)
林 信吾,葛岡 智恭
光文社

このアイテムの詳細を見る


この本、スポーツのことというよりも、
世界文化論のような部分が多くてとても面白いです。

上記のような判定でもめた話に関連した内容では、

「フェアの概念に関するヨーロッパとアメリカの思考法の違い。」
ヨーロッパ
運・不運、さらには不公正や不平等は、日常生活においては、それこそいくらでも目にする。歴史の古い社会になればなるほど、社会の不条理や不公正は根が深い。
そのことを身にしみて分かっており、そのことにいちいち目くじらを立てるよりも、不運や不条理をやり過ごし、次に来るであろう幸運を掴む事が大切なのだと考える。

例えば、誤審で勝敗が決まるといった場合。
致し方ない。人間のやることだから時には間違いもある、という寛容さ。

アメリカ
何よりも曖昧さを嫌う。数多くの移民が複雑に入り込んだ社会を構成しているアメリカにあっては、事細かにルールを取り決め、それを厳格に守ってゆく事が求められる。
不公正・アンフェアは絶対悪であり、それにシニカルな態度で耐えている旧世界の人々の処世術は軽蔑すべきものであり、時に糾弾の対象である。

例えば、誤審で勝敗が決まるといった場合。
絶対に許せない。

と、歴史や文化の違いが大きくそこに存在する。

現在、21世紀の日本において。
終身雇用制が崩壊に向かい、安定志向とか横並びといった言葉が死語になりつつある。
ポジションを越えて突出する事を忌み嫌い、賞賛される事もないが、非難もされない仕事振りはもはや認められなくなった。自らスキルを磨き、より良い報酬や環境を求めて、職場を変わる事に対する自由度も高くなった反面、リスクは自分で背負わねばならない社会になってきたのである。今こそサッカー的発想が必要とされる時代になってきたといえる。

言い換えれば、日本がサッカー大国になる本当の条件とは、横並びを重んじて、リスクを背負う事はしたがらないという、従来の日本人の、いささか行き過ぎた集団主義が改められることではないだろうか。

どのようなサッカーを美しいと考えるかは、国によって違うものだし、文化に根ざした考え方は、いかに高度情報化社会となり、ボーダーレス社会となっても、容易に変わる事はない。

サッカーにおける「日本人らしい闘い方」とはどういうものか。

ここで著者は提案している。

タックルされた時、わざと倒れたり、フリーキックをもらおうとする行為はやめる。
ファウルを受けても痛みをこらえて黙って立ち上がる。
相手チームだけでなく、審判の目を欺くなど、駆け引きはしない。
審判の判定には、軽くアピールはするが、それ以上は何も言わず、プレーを続ける。
露骨な時間稼ぎはしない。リードしていても、守りに入らず攻撃的なサッカーを続ける。
相手チームに感謝の意をつくす。試合後は整列して相手チームの役員、サポーターにきちんと一礼する。

日本が目指す「サムライサッカー」。

こういう闘い方で、もしも日本が世界を制することができたら、夢のようです。

これ、サッカーだけの話でないですね。

ビジネスも外交も、これが本来の日本の進むべき方向ではないのか、
と、強く思う今日この頃です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 将棋世界6月号「千駄ヶ谷市場」 | トップ | 一流棋士とは »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
わざと倒れるサッカーは・・・・・ (こてくん)
2008-05-19 08:21:39
>タックルされた時、わざと倒れたり、フリーキックをもらおうとする行為はやめる。

なるほどねぇ~~~~~。

試合を止めない、よどみない流れを作る
サッカーですかぁ~~~~。
わたしの大好きなサッカーですよねぇ~~~~。
(笑)

「わざと倒れて、試合を止めるサッカー」に
興ざめしている、こてくんとしても、
日本にはもっともっと、たくましく
育って欲しいと・・・・・・・・。

でも、暑い最中のワールドカップ予選なら、
『結果が全てや!!』と、将棋の順位戦みたいな
泥沼なサッカーでも、容認して
しまいそうな所が、自分自身でも嫌になって
しまいます(笑)

試合前と試合後には、相手に敬意を
はらえる余裕があるくらいの『立派なサッカー』を
これからも見たいものですが、
今回の予選は・・・・・そこまでの
余裕があるかなぁ~~~~~。

わたしも知的に応援しようかなぁ~~~~(笑)

ではではっ。
誤認 (スタジアムにいた者)
2008-05-19 15:28:09
ちょこっと見たくらいで、そこまで見てきたように書きますか?審判問題は、例えミスジャッジだとしても、集中力を切らした浦和の選手が悪いのはおっしゃる通り。しかし、サポーターの衝突は、それとは別問題で、試合前から、ガンバ側から意味もなく(挑発と言う意味はあったのでしょうが)大量の水風船やらペットボトルが投げ込まれていて、そもそもの発端はそこにあります。ガンバ大阪の公式サイトに謝罪文も出ていますからご覧下さい。
選手としてするべき事 (他サポですが)
2008-05-19 15:58:21
審判へのアピール。。。Jを観ていて確かに大げさですよね。
今回のサポの件と選手の件を切り離して考えると、
審判が居ないと試合が成立しないし、レッズ選手が今回行ったセルフジャッジってのは、子供の広場でのサッカーに過ぎません。
レッズに多い、転けた事でアピールしたり、また鹿さんチームの相手選手を潰しにくるガツガツサッカーなど…レフリーは難しい判断を毎回していると思います。
なので、岡野選手のブログや、都築選手の試合後の相手選手への文句や、握手拒否など…ちょっとねぇ…
思い上がってるんじゃねぇよ!って思います。
サポの挑発ってのはレッズサポがアウェーで行ってるのと同じ事じゃないですか?緩衝エリアをもっと取るべきだと思うし、レッズサポの思い上がりへの積もり積もった報復が今回爆発したと言う思いがします。
Unknown (振られ飛車)
2008-05-19 18:18:29
J各チームはよくわかりませんが、多少のずるさ(マリーシア)がないと、馬鹿正直サッカーと言われて、対戦相手にいいようにあしらわれてしまうのではないでしょうか。
コメント、ありがとうございました。 (nanapon)
2008-05-19 22:44:23
☆こてくんさん、こんばんは。

>試合を止めない、よどみない流れを作るサッカーですかぁ~~~~。わたしの大好きなサッカーですよねぇ~~~~。(笑)「わざと倒れて、試合を止めるサッカー」に興ざめしている、こてくんとしても、日本にはもっともっと、たくましく育って欲しいと・・・・・・・・。

そうですよね。僕らの理想とするサッカー目指して進化していってほしいです。

>でも、暑い最中のワールドカップ予選なら、『結果が全てや!!』と、将棋の順位戦みたいな泥沼なサッカーでも、容認してしまいそうな所が、自分自身でも嫌になってしまいます(笑)

何でもそうだけど、結果だけでなく、どのように臨もうとするのか、その姿勢に共感していきたいです。

>試合前と試合後には、相手に敬意をはらえる余裕があるくらいの『立派なサッカー』をこれからも見たいものですが、今回の予選は・・・・・そこまでの
余裕があるかなぁ~~~~~。

もし負けたとしても、それだけの気概を感じさせてくれるようなサッカーを体現してくれたら、応援のし甲斐もあると思います。

☆スタジアムにいた者さん、初めまして。コメントありがとうございました。

>ちょこっと見たくらいで、そこまで見てきたように書きますか?

すみません。Jリーグの試合を全部見てもいないですし、そういう意味では素人がつべこべ言う状況ではないのでしょうけど、この記事は、こういう朝日の記事と、この本の共感できた内容を紹介したいと思って書きました。

>審判問題は、例えミスジャッジだとしても、集中力を切らした浦和の選手が悪いのはおっしゃる通り。しかし、サポーターの衝突は、それとは別問題で、試合前から、ガンバ側から意味もなく(挑発と言う意味はあったのでしょうが)大量の水風船やらペットボトルが投げ込まれていて、そもそもの発端はそこにあります。ガンバ大阪の公式サイトに謝罪文も出ていますからご覧下さい。

はい、見てます。
A代表とか、オリンピック代表の試合は、仕事抜け出しても、リアルタイムでTV観戦しているサッカーファンとしては、熱いサポの方に比べたらまるでわかってない奴かもしれないですけど、どういうメンバーでどういう戦略で戦って欲しいというのはあります。今後とも、日本のサッカーに対しては結構思い入れもあり、期待する部分も大きいのでしっかり応援しつつ、見守って行きたいです。

☆他サポですがさん、初めまして。コメント、ありがとうございました。

>審判へのアピール。。。Jを観ていて確かに大げさですよね。今回のサポの件と選手の件を切り離して考えると、審判が居ないと試合が成立しないし、レッズ選手が今回行ったセルフジャッジってのは、子供の広場でのサッカーに過ぎません。
レッズに多い、転けた事でアピールしたり、また鹿さんチームの相手選手を潰しにくるガツガツサッカーなど…レフリーは難しい判断を毎回していると思います。

そうですね。やはり勝つことの前に、自分の拘りとか信念を示せるようなサッカーを期待しますし、日本の姿勢としてはガツガツしないで、それでも共感してもらえるようなサッカーを世界に示してもらえたら最高だなと、思っているわけです。

>なので、岡野選手のブログや、都築選手の試合後の相手選手への文句や、握手拒否など…ちょっとねぇ…思い上がってるんじゃねぇよ!って思います。
サポの挑発ってのはレッズサポがアウェーで行ってるのと同じ事じゃないですか?緩衝エリアをもっと取るべきだと思うし、レッズサポの思い上がりへの積もり積もった報復が今回爆発したと言う思いがします。

Jサポの方々の熱い思いはよくわかりますし、僕なんかのような素人サッカーファンの戯言は関係ないのでしょうけど、缶ビール片手のTV観戦をこよなく愛するものとしては、勝つには越したことないけど、いいサッカーを見せてもらえたら、と願う次第です。

☆振られ飛車さん、こんばんは。

>J各チームはよくわかりませんが、多少のずるさ(マリーシア)がないと、馬鹿正直サッカーと言われて、対戦相手にいいようにあしらわれてしまうのではないでしょうか。

相手にとって馬鹿正直すぎて甘く見られるようなサッカーになったら駄目だと思いますが、馬鹿正直だけど、そこが怖いというサッカーはできないのかなと無いものねだりかもしれないけど思っているわけです。
全く無知な意見かもしれませんが、敢えて真からのサッカーブログにもいくつかTBさせていただきました。
これで勝つためには (振られ飛車)
2008-05-22 13:44:40
ブラジル以上の肉体とテクニックを持った選手を揃えないと無理でしょうね。

中田の現役復帰を要請したほうがいいのですが。派遣労働者から搾取した金で暮らす高等遊民には、本気でフットボールする気なんてないのでしょうね。
応援したくなる戦い方。 (nanapon)
2008-05-26 19:31:53
振られ飛車さん、こんばんは。

>ブラジル以上の肉体とテクニックを持った選手を揃えないと無理でしょうね。

まあそうかもしれません。でも気持ちのいい戦い方をしてほしいです。昨日の千秋楽の横綱対決みたいな、喧嘩相撲は見たくないです。

>中田の現役復帰を要請したほうがいいのですが。派遣労働者から搾取した金で暮らす高等遊民には、本気でフットボールする気なんてないのでしょうね。

まだかなりのパフォーマンスができそうです。
まあでも復帰は難しいのでしょうね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
浦和負けて試合後騒動に (りゅうちゃんミストラル)
Jリーグ浦和とG大阪の試合が17日、埼玉スタジアムで行われた。3-2でG大阪が勝ったが、試合後騒動が起きた。埼スタ無法地帯!サポーター大暴動(スポニチ)   この試合、アウェーのG大阪が作戦で勝ったといえる。前半を2-0でリード。後半、梅崎のFKで2-...
埼玉スタジアム騒乱事件について (しっとう?岩田亜矢那)
まず、騒動のきっかけとなった ガンバサポの物の投げ込み行為については 100%ガンバサポが間違っていると思う。 いや、彼らについてはガンバ「サポーター」ですらない。 ガンバ側に否がある事は、ガンバサポーター代表を認め謝罪しているし ガンバチーム自身もオフィ...