即席の足跡《CURIO DAYS》

毎日の不思議に思ったことを感じるままに。キーワードは、知的?好奇心、生活者発想。観る将棋ファン。線路内人立ち入り研究。

A級順位戦8回戦

2011年02月04日 20時16分32秒 | 将棋
先月、7回戦終了時にA級順位戦の行方という記事を書きましたが、さらに一歩進んで、A級順位戦の8回戦@ラス前が終わりました。

おとといの解説会は結局行けず終い。
久々にオジサンとも会いたかったのに残念でした。

いつものように深夜までの熱戦の結果、

● 三浦弘行 高橋道雄 ○
○ 郷田真隆 森内俊之 ●
○ 藤井 猛 丸山忠久 ●
● 久保利明 木村一基 ○
○ 渡辺 明 谷川浩司 ●

最終局を待たずに結果が出てしまう可能性もあったのだけど、すべては来月の最終局に持ち越しになりました。
さあ、お楽しみはこれからだ

より混戦状況になり、我々将棋ファンとしては、一番ワクワクする展開になりました。

まず、挑戦者争いは、1敗でトップを走っていた森内九段が負けて、4コーナーを回ったところでついに二番手追走の渡辺竜王に並ばれてしまいました。
降級争いの方は、2勝だった、木村八段、藤井九段が踏ん張って、なんと3勝で4人が並ぶという混戦。

6勝2敗 森内九段・渡辺竜王
4勝4敗 高橋九段・谷川九段・郷田九段・久保二冠
3勝5敗 三浦八段・丸山九段・木村八段・藤井九段

4勝4敗の高橋九段・谷川九段・郷田九段の3人は残留決定。
しかし同星の久保二冠だけは、順位が最下位のために、まだ予断を許さない。
過去何度かあった4勝5敗で降級という可能性も含め、5人が降級の可能性を残すという熾烈極まりない状況です。

さあ、3月2日、一番長い日@最終局は、どうなることやら。

挑戦争いは、この2局。
森内九段が3年ぶりに名人挑戦の舞台に立つか、はたまた、竜王戦7連覇の勢いそのままに、渡辺竜王が一気に名人位獲得に名乗りを上げるのか。

森内・久保戦
渡辺・丸山戦

久保二冠は、順位が最下位だけに気が抜けない。
もちろん勝てば残留。
しかし、負けた時は、丸山・藤井とも勝ちの場合のみ、4勝5敗で降級の憂き目に会う。

丸山九段は、勝てば残留。
負けた時は、下位の木村・藤井がどちらかでも勝つと降級。

郷田・谷川戦
両者4勝4敗。ここだけが、挑戦、降級にからまない対局。

高橋・藤井戦
藤井九段、まずは勝たないと何も始まらない。
負ければ即降級。そして、勝ったからといっても安心できない辛い立場。
丸山、久保、ともに○だと降級。

木村・三浦戦
3勝5敗同士の残留争い直接対決。
木村八段はとてもシンプル。周囲に関係なく、勝てば残留、負けたら降級。
一方順位最上位の三浦八段は、勝てば残留。負けて藤井、丸山のどちらかでも勝つと降級。

結構複雑極まりない可能性のぶつかりあいです。(↑合ってるかな?)

去年の最終局関連の記事。
いよいよ将棋界で一番長い日
一番長い日の大盤解説会
一番長い日の解説 淀川長治バージョン

読み返すと、本当に興奮し熱中してましたね。
今年もまたこの白熱の戦いを目の当たりにできるのかと思うと、将棋って面白いなあ、将棋と巡り合えて幸せだなあ、という思いが募ってきます。
3月2日は、仕事を入れず、堪能するスケジュールに今からしていきましょう。
そして一流棋士たちの熱い戦いぶりをしっかりと具に味わいましょう。

寒さに負けず、インフルエンザにも花粉にも負けず、しっかり体調を整え、一年で一番長い日に向けて体力を養いましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 発見への道 | トップ | 《相撲》の本質的なあり方 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ども (オジサン)
2011-02-05 12:22:12
いや~、面白かったですよ、うん。
たいがーさんも来てたんですが終電で帰っちゃっいました。
終了は2時前、飲む友達もいずにネット喫茶・・・(涙)
大ラスで会いましょう!
大ラスで。 (nanapon)
2011-02-22 15:43:14
オジサン、こんにちは。

>いや~、面白かったですよ、うん。
たいがーさんも来てたんですが終電で帰っちゃっいました。終了は2時前、飲む友達もいずにネット喫茶・・・(涙)

お疲れ様でした。
ネット喫茶定跡でしたか。
朝日杯も行けなかったので、本当にご無沙汰ですよね。

>大ラスで会いましょう!

はい、これは万難を排して。
でも終電見送るのはなあ・・・。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
A級順位戦8回戦 (英の放電日記)
 A級順位戦8回戦が一斉に行われた(渡辺-谷川、久保-木村戦は関西将棋会館)。 結果は 三浦 弘行八段(3勝5敗)●-○高橋 道雄九段(4勝4敗) 郷田 真隆九段(4勝4敗)○-●森内 俊之九段(6勝2敗) 渡辺 明 竜王(6勝2敗)○-●谷川 浩司九段(4勝4...
A級8回戦一斉対局 渡辺明 vs 谷川浩司戦、世代を超えた熱戦を追った (Return to Forever)
今日、もちろん全ての対戦が将棋ファン注目の戦いですが、当方にとって渡辺-谷川戦が
郷田 GJ! (口は災いのもとになる日記)
2日行われた順位戦8回戦で6勝1敗と首位独走状態の森内九段が郷田九段に敗れた。一方、渡辺竜王は谷川九段に勝利して6勝2敗で並んだ。 すでに森内と渡辺は戦っている(渡辺の勝利)ので、ここで逆の目...