「野のなななのか」製作委員会日誌

北海道芦別(あしべつ)市を舞台に製作された,映画『野のなななのか』(大林宣彦監督)。市民による製作委員会のブログです。

極東映画祭(イタリア)で大林監督が「生涯功労賞」を受賞! 

2016-04-27 12:30:00 | 日記
 ウディネ(イタリア)で開催中の第18回極東映画祭で4月25日、「野のなななのか」の大林宣彦監督がマルベリー賞(生涯功労賞)を受賞しました。
 大林監督は「この映画祭で僕の40年近く前の映画が上映され、素晴らしいご褒美をいただいた。この賞を励みに、これからの40年を頑張りたいと思います」と感謝の言葉を述べ、来場者から大きな拍手が沸きおこりました。
 同映画祭は4月30日まで行われ、大林監督の「HOUSE ハウス」(1977)、「ねらわれた学園」(1981)、「転校生(1982)、「時をかける少女」(1983)の4本が上映されています。

 「大林宣彦監督に生涯功労賞 イタリアの極東映画祭」(スポニチアネックス)の記事はこちら
 「大林宣彦監督、生涯功労賞をイタリアの極東映画祭で受賞!」(シネマトゥデイ)の記事はこちら
  ※いずれもリンク切れの可能性があります。

(事務局・S)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長岡古里映画学校のゲスト発表!「野のなななのか」の村田雄浩さん!

2016-02-18 12:30:00 | 日記
 2月20日(土)・21日(日)の2日間、新潟県長岡市で開催される「長岡古里映画学校」に、「野のなななのか」出演の村田雄浩さんがゲスト出演することが発表されました。村田さんは「野のなななのか」の姉妹篇「この空の花 −長岡花火物語」にも長岡市長役で出演するなど、長岡市とも縁が深い俳優さんです。

 詳細は長岡ロケなびのウェブサイトでご確認ください。

(事務局・S)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月20・21日に長岡古里映画学校を開催!「野のなななのか」も上映!

2016-02-02 08:20:00 | 日記
 「野のなななのか」の姉妹篇「この空の花 −長岡花火物語」の舞台・新潟県長岡市で2月20日(土)・21日(日)の2日間、「長岡古里映画学校」が開催されます。この「古里映画学校」は昨年2月の大分県臼杵市に続く開催となり、期間中は映画上映のほか、「古里映画フォーラム」などが開催されます。
 上映予定作品は「野のなななのか」のほか、大林宣彦監督が長岡で撮影したAKB48のミュージックビデオ「So long!」(2013)、「HOUSE」(1977)など。入場は無料で、申し込みは不要です。

【主な内容】

2月20日(土) 
●ハイブ長岡
11:45〜映画「掘るまいか」(2003)上映
山古志地域小松倉集落と魚沼市を結ぶ手掘りトンネル「中山隧道」完成までの道のりを描いたドキュメンタリー映画(83分)

13:30〜オープニング
大林監督あいさつ、古里映画学校の内容紹介

13:45〜「長岡造形大学生の作品紹介」と「大林監督による講評」

14:45〜講義
大林監督の映画「HOUSE」(1977)を上映し、映画の役割や映画に込めたメッセージを話します。

11:00〜17:00
古里交流広場(古里映画撮影地のPRコーナー)


2月21日(日)
●リリックホール コンサートホール
10:00〜AKB48ミュージックビデオ「So long!」(2013)上映
大林監督が市内各地で撮影。山古志で暮らす高校生と福島県南相馬市から来た高校生の友情と物語。長岡花火や米百俵の精神など、長岡の誇りが全面に盛り込まれた作品(64分)

11:10〜
「古里映画フォーラム〜古里リジュベネーション〜」
映画によるまちの若返りや全国の事例などを語ります。

12:30〜
映画「野のなななのか」上映
「この空の花」の姉妹映画。主演は越後長岡応援団で女優の常盤貴子さん。大林監督と常盤さんが長岡で出会ったことから生まれた作品(171分)

●ハイブ長岡
10:00〜16:00
古里交流広場(古里映画撮影地のPRコーナー・古里映画ロードショー)


 詳細は長岡ロケなびのウェブサイトでご確認ください。

(事務局・S)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【1/27追記】2月の「さぬき映画祭」で「野のなななのか」を上映!大林監督も出演!

2016-01-27 08:20:00 | 日記
 来年2月11日(木曜日)〜21日(日曜日)にイオンシネマ高松東(香川県高松市)などで開催される「第10回さぬき映画祭」の「上映作品速報」が発表され、「野のなななのか」の上映と大林宣彦監督のゲスト出演が行われることが明らかになりました。
 「野のなななのか」は13日(土曜日)13時30分からイオンシネマ高松東で上映されます。
 詳しいプログラムやチケット情報などは、今後随時公表されます。

 詳しくは、同映画祭のウェブサイトでご確認ください。

(事務局・S)


※同映画祭の「上映作品速報」では12日上映予定となっていましたが、その後公表されたタイムスケジュールで13日上映となっていたため、修正しました。(1月27日追記)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世田谷区の広報誌上で大林監督と保坂区長が新春対談!

2016-01-04 12:30:00 | メディア情報
 東京都世田谷区の広報誌「せたがや」平成28年1月1日号に、「野のなななのか」の大林宣彦監督と保坂展人・世田谷区長の新春対談が掲載されました。
 大林監督は世田谷区に住んで55年目。昨年7月に行われた平和都市宣言30周年記念事業「平和映画祭」で「野のなななのか」の姉妹篇・「この空の花 −長岡花火物語」が上映されるなど、世田谷区は縁の深い場所です。
 対談では、マーシャル諸島で行われた「野のなななのか」上映会のエピソードも紹介されています。

 記事は世田谷区のウェブサイトで読むことができます。
 また、対談の動画も同区のウェブサイト「せたがや動画」で公開されています。

(事務局・S)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加