ななほほ日記

ななほほのほんわか毎日

最新の商品いただき!

2017-05-16 13:16:01 | 日記
僕が思うに、「人としてどうかということを別にして冷静に考えると、一応上司であり、目上の人ってことなわけだから、無視して出てもそんなに悪くないのか。」な感じですよね。

たくさんの人は、「人は新しいものとか、見たことのないものに少なからず興味がある。」が自然なことです。

ほとんどの場合、「何度かチャレンジしたけど、まったく納得できなず、結局は泣き寝入りというか、うやむやのままにされてしまう。」なフィーリングですよね。

だた、「京セラ・第二電電(現・KDDI)創業者である稲森和夫さんが、フィロソフィとして挙げていた、動機善なりや、私心なかりしか。」の雰囲気ですよね。

今の時代では、「手柄を部下に、責任は自分にというのが普通。しかし、この逆で部下の手柄を横取りし、平気で責任を押し付けるような上司が増えているのではないか。」の習わしもあります。

さらに深く言えば、「聞くことは決して恥ずかしいことではない。聞かずに進めて後で気づくとやり直し。これが最悪であって、途中経過も報告すべきである。」的な感覚です。

感覚的に、「人をうらやましがることは大いに結構。うらやましがって、自分もああなりたいという感情を強く持ってエネルギーに変えられれば、こんなに強いものはない。」になるでしょう。

さらに考えれば、「クール便の物が常温で配送センターに放置されていたり、配達するべきものを廃棄しちゃってたりっていう事件も乗り越えたこと。」という風です。

総体的に、「ここ一番に弱い人は目を閉じるといい。例えば大勢の前で話す時に緊張する。そんな時は目を閉じて聴衆を別のものに置き換えて話す。(例えばウィンナーとかコーンが目の前にあると思って)」ということもあるかもしれません。

とりわけ、「自分がされて嫌なことは人にもしてはいけないってことは本当に分かりやすい。」という考えがナチュラルです。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お買い得?ゲットする方法 | トップ | 元が取れる買うぞ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。