みみずのしゃっくり

みみずのしゃっくりのように役に立たないことを不定期に書き込むブログ。
専属スターはいませんが、猫っぽい内容です。

ぷりこぞう

2017-06-15 | おきにいり

前回の自然史博物館を出ると、入るときは急いでいて気付かなかった小象さんが


プリケツが非常にチャーミング



前から



ちょっと近づいて



このプリケツ小象さんは、オーストリアの画家・彫刻家ゴットフリート・クンプフ(1930~)の作品です

人柄なんでしょうね。作品は絵画も彫刻も愛らしいものばかり

ウィキはドイツ語だけですが、本人のHPで沢山の作品が見られます







ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« NHMの創設者 | トップ | あるドイツ的運命 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
象さん (kitcat)
2017-06-16 11:29:49
これは、かなりかわいぃ
 きっと、小さい子なんかは、背中に乗ったりしているのかな… 
 他の作品も見たけど、眼がワンパターンなところが笑えます。
 何かユーモラス… 
↓ 自転車の後ろの籠で寝ている猫さん…
 超リアルです 
 ナデナデしたくなりますね 
               <ののちゃんより>
Kitcatののちゃんさん (ななみみず)
2017-06-17 02:35:28
そうですね、背中が光ってるから
上に乗って記念撮影してる人たちもいるのでしょう。
本当に、この人の作品皆、目が同じですね

猫獅子展の「呼び込み猫さん」
本当に生きてる猫さんのお昼寝って感じで
上にかぶせてあるカゴ状のものは
間違って本当にナデナデしたくなる人のための
「防御ネット」だと思います

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL