覚え書

都内在住アラフォー独女ナース。日々の仕事の振り返り。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

まさかの

2016-12-28 18:29:35 | 日記
深夜の呼び出し囧rz







手術室の勤務は経験値がものを言うところ。

実際に直接介助・間接介助をしたことがない術式でも、その科の手術についたことがあれば、ある程度は応用でできる事も多い。

殆ど入ったことのない科の手術でも、経験値が高ければできなくはないと思う(フォローは必須だが)。

でもこれはあくまでも私の考えだから、そうは思えない人がいることも理解してる。




うちの職場の勤務体制は、夜勤者は2名。

夜勤に入るまでには、急患で来そうな術式には何とか入れるよう、経験を積ませている。



それがなかなか出来ないのが、心臓外科。

毎週火木で手術はあるが、(技術はともかく)薬剤・疾患・合併症に対する知識と、フィジカルアセスメント能力がないと、そもそも手術を担当させるわけにはいかない(患者をコロコロしかねないので……)。


なので、夜勤に入っていても、心臓外科は出来ません、というスタッフは一定数いる。


とはいえ、この季節、心臓外科の急患も増えてくるわけで……。


夜勤スタッフのみでは対応出来ない場合に限って、翌日の業務に支障がないよう考慮し、心臓外科ができるスタッフを呼び出すルールになっている。




今日の夜勤者は、一人は心臓外科OKだが、もう一人がNGだった。


私は今日は本来、遅番。

遅番も人数が限られているため、基本的には呼び出されることはない(どうしてもの場合は呼び出されるけど)。

なので完全に油断して、夜更かししていた。

流石に寝るかな、となって布団に入りスヤァ( ˘ω˘ )して1時間。



siriちゃんが


「○○病院から着信です、電話に出てください」


と宣うた。



ええぇ…マジでか……と思わないではなかったが、電話に出ないわけにはいかないので出てみると、これから心臓外科の急患が入るので、来られないか?とのこと。

遅番なんだが?と思ったが、夜勤師長からの電話だったため、その辺りも考慮しての呼び出しと判断、行きまーすと返事して、眉毛も描かずに出勤。

40秒では支度できなかったが、着信から職場到着まで20分だったので、早い方だと思う。


どうもどうも〜などと手術室に入ると、ステントグラフトの準備が進んでいる。



正直、夜勤者の一人は心臓外科NGだが、手術室の経験年数はそれなりなため、フォローすれば呼び出さなくても出来るのでは?と思ったが、万が一にも開胸になったらオワタ/(^o^)\になるため、これはもう致し方なし!

朝までしっかり働きましたわ……。



日勤者が出勤してきて、師長もきたので状況報告と帰宅してもいい?と確認。

You、遅番なのに何で呼ばれてんのよ、という話になり、かくかくしかじか、夜勤師長からの電話だったので〜と話したら、





何と夜勤者、呼び出しのルールを分かっていませんでした/(^o^)\





そうでしたっけ、知りませんでした〜とさ……。


幸いにして?仕事納めの日だったので、今日の手術室の業務には問題はなさそうだったけども!!

私よりも現職場での勤務歴長いんだからさぁ……。





囧rz




帰宅して、ホカペに張り付いて不貞寝したわ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日もお出かけ | トップ | 忘年会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。